コラム

世界で変異し始めた「カネ」の行方

2021年02月10日(水)15時00分

ユーロ共同債でユーロの価値は上がる?(EU首脳ら)

<オイル・ダラーの収縮・中国の原油輸入の拡大・EU共通債──金融の流れを変え得る動きを読み解くと......>

1976年、カンボジアのポル・ポト革命政権は通貨を廃止した。カネは格差を生む資本主義経済の権化と見なされたのだ。

ポル・ポト政権は79年に侵入したベトナム軍に倒されたが、今世界ではカネの地位がまた揺れている。ドルの信用が問われているだけではない。有史以来存在してきたカネというものが、スマホの中の「何とか単位」に化けてしまうかもしれない。

世界では、リーマン危機後の金融・財政緩和、そしてコロナ救済措置で膨らんだカネがいたずらをし始めた。アメリカでは1月末、SNSで示し合わせた多数の個人投資家が特定の株や商品に資金を集中。金持ちのカネを投機に回して暴利を貪るヘッジファンドなどに、「天誅」を加えようとして相場を乱高下させた。

これはむら気で長期の動きにはならないが、もっと大きな変化もある。まず、戦後世界でのドル供給を担ってきたオイル・ダラーがこれから収縮していく。アメリカの原油輸入額は2008年の3259億ドルから19年には1163億ドルに収縮している。これに反比例して、中国の原油輸入額は10年の1330億ドルから18年には2408億ドルにまで増えている。その多くは今はドル決済だが、産油諸国が今後、人民元での支払いをのまされるようになると、オイル・ダラーはますます縮小するだろう。

そして今年から、EUが各国ベースではなくEUとして統合した「EU共通債」を3年間で最大7500億ユーロを売り出すことも大きい。これはドイツの経済力を裏打ちにしているので価値が安定しており、世界の諸国が外貨準備に繰り入れるのに適している。

それにEUは19年には2447億ドル分の原油を域外から輸入しており、これの大部分がユーロ決済に変わると、世界の金融の流れを随分変える。中ロ経済は統制強化に向かう以上が示すのは、「基軸通貨」としてのユーロの地位が少し上がる可能性だ。19年の世界全体の外貨準備は総額約12兆ドル。うち約7兆ドルは米国債で運用されているので7500億ユーロというEU共通債の発行額ではまだ発端にすぎないが(米国債の市場規模は17兆ドル)。

ブロックチェーンの普及で、例えばIMF(国際通貨基金)のSDR(特別引出権)を世界の単一通貨として採用できるという声も聞こえる。しかし、ブロックチェーンは単なる記帳システム。アメリカもEUもブロックチェーンは使っても、ドルとユーロは手放すまい。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

ニュース速報

ビジネス

5月豪就業者数は11.52万人増、失業率は5.1%

ビジネス

原油価格、今後数年は不安定な動き=米キャッスルトン

ワールド

米ロ首脳が初会談、核軍縮・サイバー問題で対話枠組み

ビジネス

FRBの利上げ予想、低金利見通しに影響せず=ホワイ

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中