コラム

ナワリヌイより注目すべき重要人物とは?

2021年01月29日(金)11時32分

衆目を集めるミシュスチンはプーチンの禅譲を受ける? DMITRY ASTAKHOVーSPUTNIKーPOOLーREUTERS

<コロナ対応で評価を高めプーチンから禅譲を受ける可能性があるのは......>

1月17日ベルリン近郊の空港。黒のアウディはモスクワ行き便の下で止まると、「ロシアで毒殺未遂に遭い」ドイツで治療を受けた反政府運動家アレクセイ・ナワリヌイとその夫人が機内に押し込まれた。

そのさまは、1917年4月にドイツ公安が戦争相手のロシアに革命家のレーニンを「封印列車」で送り付けた情景を思わせる。ロシアの駅に降り立つや支持者の前で演説をぶち、その半年後の革命で権力を奪取したレーニンよろしくナワリヌイも支持者の待ち受けるブヌーコボ空港に降り立ち演説を始めるーーかと思いきや、滑走路がなぜか急遽「雪のために」閉鎖され、離れたシェレメチェボ空港に着陸。ここでナワリヌイはロシア官憲にあっさり拘束され、2月予定の審判を待つ身となった。

レーニンが帰還したのは、2月革命で皇帝ニコライ2世が退位し、権力真空状態のロシア。だがナワリヌイは、プーチン・ロシアに降り立ったのだ。

欧米側はナワリヌイ支持一色だ。彼のチームは「プーチンの横領・蓄財」を示す映像を公表し、街頭行動を呼び掛けた。しかしナワリヌイの支持率は「毒殺未遂」後も3%前後のまま。ロシアの大衆は1990年代の大乱の再来を望んでいないし、約2時間もの長さのプロはだしの映像など、ナワリヌイ側の手回しの良さもどこかうさんくさいものがある。

どのみち彼と彼の政党「未来のロシア」は、今年最大のイベントである9月の議会総選挙に出馬できない。昨年末に改正された法律により、外国からの資金を受け政治活動をしている団体・個人は公職に就けないからだ。ナワリヌイとそのチームは、ロシア政治の外縁にとどまるのではないか。

その総選挙について当局の心配は、ナワリヌイよりも、いま議席を持つ政党がいずれも賞味期限を迎えていることだ。特に与党「統一ロシア」(党首はメドベージェフ前首相)の扱いが難しい。国民の多くはその保守頑迷ぶりや腐敗体質を嫌っている。

その一方で、衆目が向き始めているのがミシュスチン首相だ。昨年1月に連邦税務庁長官から首相に抜擢された人物で、日本なら総スカンを食らうだろうが、インターネットを駆使して税制をガラス張り・合理化・迅速化し、徴税率も大きく上げた優れ者だ。筆者が現地で乗ったタクシーの運転手も納税手続きが簡単になったと喜んでいた。彼のイメージは明るい。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

ニュース速報

ワールド

G7、途上国向けインフラ支援構想で合意 「一帯一路

ワールド

香港の民主活動家、周庭氏が出所

ワールド

バイデン米政権、トランプ氏の壁建設資金を軍施設修繕

ワールド

イラン核合意巡る協議、12日ウィーンで再開へ=交渉

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 10

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中