コラム

世界がいま「文明逆回転」に舵を切りはじめた

2020年03月05日(木)16時40分
世界がいま「文明逆回転」に舵を切りはじめた

トランプの腰巾着グレネルはナチス台頭を彷彿させる AXEL SCHMIDT-REUTERS

<弾劾無罪を誇示するトランプ大統領率いるアメリカを筆頭に、各国で広がる格差ゆえの不満がポピュリズムや強権政治を生んでいる>

ローマ帝国滅亡の原因は諸説あるが、その1つに疫病説がある。イギリスの歴史学者イアン・モリスやアメリカの作家ウィリアム・ローゼンは、中国との交易で伝わった天然痘や麻疹(はしか)などでローマの人口が激減した可能性を指摘する。

そして今、人工知能(AI)や遺伝子改良など、「神の領域」に立ち入らんとした人類が罰を受けるかのように、産業革命以来「進歩」を続けてきた世界が逆回転を始めた。皮肉なことにローマ帝国と同様、中国製ウイルスがこれにダメを押している感がある。

歴史の逆転の第一は、言わずと知れたアメリカ。弾劾を退けて勝ち誇るトランプ大統領が、国家情報長官代行に腰巾着の素人リチャード・グレネル駐独大使を任命。今のところ、ロシア疑惑の情報を握りつぶさせる魂胆なのだろうが、政敵のアラを探させるようになれば恐怖政治の到来だ。

それは戦前のドイツを思わせる。1933年、ヒトラーは腹心ヘルマン・ゲーリングを最大州の内相に任命して警察を掌握し、その1カ月後、国会議事堂放火事件が起き(起こされ)、ヒトラーはこれを非常事態として市民権の多くを停止。野党政治家らを逮捕し、さらに政府が立法権をも掌握して独裁体制を樹立した。

「西側」の消滅

そして現代のドイツでも、歴史の逆転が生じている。2大政党が統治力を失い、極右政党が一時地方の政権を握った。ジョンソン英首相も強権手法に訴えるなか、最近のヨーロッパでは「『西側』の消滅(westlessness)」という言葉がもてはやされる。自由や民主主義など近代西側諸国の価値観がポピュリズムやファシズムに踏みにじられる一方、トランプは「西側」の同盟体制を文字どおり壊しつつある、というのだ。

文明が逆回転を始めたのはロシアも同じ。2月4日にはヤゾフ元国防相が勲章を受けた(同月25日に死去)。ヤゾフは失敗に終わった反ゴルバチョフ・クーデターの首謀者の1人として逮捕・収監された人物。この頃のロシアは、第2次大戦の勝者としてのソ連と自分を同一視し、当時の権益を回復せんとする勢いが強まっている。

インドは、世界最大の民主主義国であり、世界経済の希望の星と言われてきた。だが昨年の総選挙で大勝利したモディ首相率いる与党インド人民党は、経済改革どころか反イスラムのヒンドゥー教ナショナリズムと強権政治で国をまとめようとしている。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

ニュース速報

ビジネス

中国の7月小売売上高は予想外の減少、鉱工業生産も予

ワールド

第2四半期のマレーシア経常黒字、76億リンギに減少

ワールド

アングル:モーリシャスの生態系に重大な危機、重油流

ワールド

バイデン陣営、ハリス氏起用発表から48時間で480

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 3

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 6

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 6

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 7

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 8

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!