コラム

世界がいま「文明逆回転」に舵を切りはじめた

2020年03月05日(木)16時40分
世界がいま「文明逆回転」に舵を切りはじめた

トランプの腰巾着グレネルはナチス台頭を彷彿させる AXEL SCHMIDT-REUTERS

<弾劾無罪を誇示するトランプ大統領率いるアメリカを筆頭に、各国で広がる格差ゆえの不満がポピュリズムや強権政治を生んでいる>

ローマ帝国滅亡の原因は諸説あるが、その1つに疫病説がある。イギリスの歴史学者イアン・モリスやアメリカの作家ウィリアム・ローゼンは、中国との交易で伝わった天然痘や麻疹(はしか)などでローマの人口が激減した可能性を指摘する。

そして今、人工知能(AI)や遺伝子改良など、「神の領域」に立ち入らんとした人類が罰を受けるかのように、産業革命以来「進歩」を続けてきた世界が逆回転を始めた。皮肉なことにローマ帝国と同様、中国製ウイルスがこれにダメを押している感がある。

歴史の逆転の第一は、言わずと知れたアメリカ。弾劾を退けて勝ち誇るトランプ大統領が、国家情報長官代行に腰巾着の素人リチャード・グレネル駐独大使を任命。今のところ、ロシア疑惑の情報を握りつぶさせる魂胆なのだろうが、政敵のアラを探させるようになれば恐怖政治の到来だ。

それは戦前のドイツを思わせる。1933年、ヒトラーは腹心ヘルマン・ゲーリングを最大州の内相に任命して警察を掌握し、その1カ月後、国会議事堂放火事件が起き(起こされ)、ヒトラーはこれを非常事態として市民権の多くを停止。野党政治家らを逮捕し、さらに政府が立法権をも掌握して独裁体制を樹立した。

「西側」の消滅

そして現代のドイツでも、歴史の逆転が生じている。2大政党が統治力を失い、極右政党が一時地方の政権を握った。ジョンソン英首相も強権手法に訴えるなか、最近のヨーロッパでは「『西側』の消滅(westlessness)」という言葉がもてはやされる。自由や民主主義など近代西側諸国の価値観がポピュリズムやファシズムに踏みにじられる一方、トランプは「西側」の同盟体制を文字どおり壊しつつある、というのだ。

文明が逆回転を始めたのはロシアも同じ。2月4日にはヤゾフ元国防相が勲章を受けた(同月25日に死去)。ヤゾフは失敗に終わった反ゴルバチョフ・クーデターの首謀者の1人として逮捕・収監された人物。この頃のロシアは、第2次大戦の勝者としてのソ連と自分を同一視し、当時の権益を回復せんとする勢いが強まっている。

インドは、世界最大の民主主義国であり、世界経済の希望の星と言われてきた。だが昨年の総選挙で大勝利したモディ首相率いる与党インド人民党は、経済改革どころか反イスラムのヒンドゥー教ナショナリズムと強権政治で国をまとめようとしている。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

ニュース速報

ビジネス

日本企業の設備投資額1─3月期は2期ぶり増、回答率

ワールド

タンクローリーがデモ隊に突っ込む、抗議活動広がる米

ワールド

ブラジル新型コロナ感染者が50万人突破、死者3万人

ワールド

トランプ政権、ブラジルに抗マラリア薬200万回分供

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!