コラム

「白人で男性」イギリス建築界で活躍する日本人女性、大杉薫里の作品にのぞく和の精神

2023年08月11日(金)09時00分
大杉薫里

建物より空間を重視したという大杉 ©JIM STEPHENSON

<環境を重視し、水の流れを考慮し、空間の意味を考える――英大手建築事務所でディレクターを務める大杉薫里は、手掛けたプロジェクトもその人柄も興味深い。本誌「世界が尊敬する日本人100人」特集に寄せて>

いつものとおり、僕は「世界が尊敬する日本人100人」の特集に楽しんで参加したが、いつものとおり、一人一人の興味深い個性にもっとスペースを割いて書けないことが残念だった。今回は、僕はロンドンの建築家、大杉薫里に会って取材する機会を得た。

僕はロックダウン中にBBCの番組で彼女を目にしていた(当時はテレビ漬けの毎日だった)。そのなかで彼女は、王立英国建築家協会のスターリング賞にノミネートされた、自身の建築を紹介していた。建築家の世界はイギリスでは「pale and male(白人で男性)」と言われる専門職分野の1つで、その業界でアジア人女性がこんなにも大手建築事務所(スタントン・ウィリアムズ社)でこんなにも要職(ディレクター)に就いていることに興味を抱いた。

さらに、彼女の英語がほぼネイティブ、という点も好奇心を引かれた。彼女は高校生の時にイングランドに渡ってきて、ボーディングスクールで学んだことも判明した。

テレビの前で、とても洗練されていて自信に満ちた態度だったのも印象的だったから、実はあのとき、どんなにドキドキしていたか、と僕に打ち明けてくれたのもまた面白かった。

テレビで紹介されていた、ノミネートされた建築プロジェクトは、ケンブリッジ大学の「主要職員」たちが暮らす街エディントンのものだった。それは単にアパートメントの建物群というより、学校やアートセンターを備えた新コミュニティーというしろものだ。大杉のチームは住居部分を担当していた。

単なるアパートでなく「共有住宅」

イギリスでは概して、ケンブリッジのような有望な場所では特に、手ごろな住宅が深刻なほど不足している。「主要職員」たち(教師、消防士、看護師など)はしばしば、彼らを必要としている地域では高すぎて住むことができない。そこでケンブリッジ大学は雇用主として、講師や研究者なども含む大学スタッフを住まわせるために、エディントンを建造した。

サステナビリティーや断熱性などで最先端の環境基準を追求した好例として、エディントンは注目を集めた。例えば建物は通常より金属の補強材の使用を減らしているし、断熱を強化している。「水減衰」というシステムの説明も興味深かった。雨水を単にタンクに貯めてトイレや庭の水やりに使うというだけではなく、(屋上緑化をスタート地点に)さまざまなシステムを通過することで、降水の勢いそのままに下水や排水路に水が流れ込まないように水流を緩やかにする仕組みだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

日中韓首脳会合、中国首相「新たな始まり」 貿易など

ビジネス

フランス、EU資本市場の統合推進 新興企業の資金調

ビジネス

3月改定景気動向指数、一致指数は前月比+2.1ポイ

ワールド

朝鮮半島問題の解決、努力することで一致=日中韓サミ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story