注目のキーワード

コラム

「コロナ後」ロンドンで(細かすぎる)再発見

2022年04月27日(水)17時50分
ビッグ・ベン

ロンドンに再びあふれ出した観光客は、ビッグ・ベンの撮影スポットでいかにもイギリス的な行列を作っている(4月11日) JOHN SIBLEY-REUTERS

<人々がまるでコロナは完全に終わったかのように振る舞っているロンドンを散策すると、見過ごしていた小さな変化がそこかしこに。CDやDVDはいつの間にか廃れ、あんなに盛り上がったエコ機運は勢いを失い、改修工事終了のビッグ・ベンよりイギリスらしい光景が......>

いつもの日課からちょっと外れてみることで、何かに気付かされることがある。先週過ごしたロンドンで、僕はいくつか興味深い事実に気付いた。どれも厳密には「ニュース価値」があるものではないが、統一感ナシの見解の数々を羅列するのをお許しいただきたい。

まずは、チャリティーショップ(慈善団体などが運営するリサイクル品などを扱う店)でDVDやCDがもはや売られていないことに気付いて驚いた(でもレコードや本は売っている)。だから、世に登場した当時は「未来的」に見えていた新テクノロジーよりも、「古いテクノロジー」のほうが長く生き延びたことになる。

思いがけない品々に出会えるから、僕はロンドンでチャリティーショップ巡りをするのが好きだ。ロンドンにはさまざまな国の出身者や中にはかなりの金持ちなど、あらゆるタイプの人々が住んでいる。だから僕の住むエセックス州ではお目にかかれないような、好奇心をそそられたり価値の高い品々が、ここロンドンのチャリティーショップには寄付されて置かれていることが多々ある。

でも、DVDやCDの中古品市場は崩壊してしまった。これらはあまりに多くの人が寄付してあまりに買う人が少ないから、1枚2ポンドで売られていたのがやがて1枚1ポンドになり、やがては「4枚で1ポンド」が普通になっていった。

1カ月前に僕は、DVDを3枚選んで、見たいと思う4枚目がないかと探すのに20分も費やしたことを思い出す。別に3枚で買っても良かったのだから、ばかげた話だ。僕が25ペンス分を無駄にするのを惜しんでいる、というわけではない......。僕はチャリティーショップでCDを買うのも楽しんでいた。あまりに安いので、面白そうと思って普段は手に取らないような物を選んだら、それが驚くような掘り出し物だったりすることがあったからだ。もしも気に入らないものだったら、再び店に寄付することだってできた。でも今や、これらDVDやCDは単に売り場のスペースを費やす価値さえなくなり、受け取ってもらうこともできない。1つの時代の終わり、あるいは以前の時代への回帰? 僕はまだ古いレコードプレーヤーを持っている......。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、値がさ株や半導体関連株が

ビジネス

米、ロシア産金の輸入禁止 防衛産業など100以上の

ビジネス

日銀は緩和的な金融政策維持へ、黒田総裁が26日のセ

ワールド

北欧2国、NATO加盟実現の見通し トルコが一転支

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中