注目のキーワード

コラム

「コロナ後」ロンドンで(細かすぎる)再発見

2022年04月27日(水)17時50分
ビッグ・ベン

ロンドンに再びあふれ出した観光客は、ビッグ・ベンの撮影スポットでいかにもイギリス的な行列を作っている(4月11日) JOHN SIBLEY-REUTERS

<人々がまるでコロナは完全に終わったかのように振る舞っているロンドンを散策すると、見過ごしていた小さな変化がそこかしこに。CDやDVDはいつの間にか廃れ、あんなに盛り上がったエコ機運は勢いを失い、改修工事終了のビッグ・ベンよりイギリスらしい光景が......>

いつもの日課からちょっと外れてみることで、何かに気付かされることがある。先週過ごしたロンドンで、僕はいくつか興味深い事実に気付いた。どれも厳密には「ニュース価値」があるものではないが、統一感ナシの見解の数々を羅列するのをお許しいただきたい。

まずは、チャリティーショップ(慈善団体などが運営するリサイクル品などを扱う店)でDVDやCDがもはや売られていないことに気付いて驚いた(でもレコードや本は売っている)。だから、世に登場した当時は「未来的」に見えていた新テクノロジーよりも、「古いテクノロジー」のほうが長く生き延びたことになる。

思いがけない品々に出会えるから、僕はロンドンでチャリティーショップ巡りをするのが好きだ。ロンドンにはさまざまな国の出身者や中にはかなりの金持ちなど、あらゆるタイプの人々が住んでいる。だから僕の住むエセックス州ではお目にかかれないような、好奇心をそそられたり価値の高い品々が、ここロンドンのチャリティーショップには寄付されて置かれていることが多々ある。

でも、DVDやCDの中古品市場は崩壊してしまった。これらはあまりに多くの人が寄付してあまりに買う人が少ないから、1枚2ポンドで売られていたのがやがて1枚1ポンドになり、やがては「4枚で1ポンド」が普通になっていった。

1カ月前に僕は、DVDを3枚選んで、見たいと思う4枚目がないかと探すのに20分も費やしたことを思い出す。別に3枚で買っても良かったのだから、ばかげた話だ。僕が25ペンス分を無駄にするのを惜しんでいる、というわけではない......。僕はチャリティーショップでCDを買うのも楽しんでいた。あまりに安いので、面白そうと思って普段は手に取らないような物を選んだら、それが驚くような掘り出し物だったりすることがあったからだ。もしも気に入らないものだったら、再び店に寄付することだってできた。でも今や、これらDVDやCDは単に売り場のスペースを費やす価値さえなくなり、受け取ってもらうこともできない。1つの時代の終わり、あるいは以前の時代への回帰? 僕はまだ古いレコードプレーヤーを持っている......。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

カナダCPI、7月は前年比7.6%上昇 やや緩和

ビジネス

独、LNG施設2基をフル稼働へ 主要電力会社と覚書

ワールド

国連事務総長、ウクライナ訪問 18日にゼレンスキー

ビジネス

アメリカン航空、超音速旅客機20機購入へ 新興企業

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中