コラム

コロナ禍で聖域化に拍車がかかる英医療制度NHSにもの申す

2020年11月07日(土)10時15分

コロナ以降、NHSは不可侵の存在に JASON CAIRNDUFF-REUTERS

<あらゆる国営企業の民営化を図ったサッチャー政権でさえ手を付けなかったNHS。その超越ぶりはコロナでさらに際立っている>

僕の住む町の周囲には点々と、ダブルスタンダードな記念碑が設置されている。木枠のフェンスが数カ所に設置され、コロナ禍で働く国民保健サービス(NHS)の医療従事者に感謝のメッセージをしたためたパドロック(南京錠)を掛けよう、というものだ。賛同者は地元の店で南京錠を購入し、売り上げは地元の病院に贈られることになっている。

4カ月にわたり、記念碑は見るも哀れな姿をさらしている。日々何千人もが行き交うショッピングセンターに置かれた1つは、10個ほどの錠が付いているだけ【写真1】。でも近くの公園の、2個しか付いていないものに比べればまだマシだ【写真2】。

magcom1106_NHS1.jpg

【写真1】 筆者撮影

magcom201106_NHS2.jpg

【写真2】 筆者撮影

イギリス中の誰もが、NHSスタッフは万全の支援を受けるに値するし、直ちに賃上げすべき英雄たちである、と口をそろえるだけに、この記念碑はダブルスタンダードだ。ロックダウン(都市封鎖)の最中には毎週木曜午後8時に、NHS従事者に感謝の拍手を送る運動が広がった。お祭り的な雰囲気があり、多くの歓声と拍手が響いた。でも、実際にカネを出せとなると話は違ってくる。

この南京錠キャンペーンは単にうまく流行に乗れなかっただけ、と見ることもできるし、99歳の退役大尉のキャプテン・トム・ムーアが歩行補助器につかまって自宅庭を往復しながらNHSへの支援を呼び掛けた運動は大きなうねりを呼んで巨額の資金を集めたじゃないか、と指摘する向きもあるだろう。個人的には、ムーアの運動に資金を提供した人々は、ムーアがテレビで取り上げられ王室やセレブが賛同し始めるなかで、自分も「キャプテン・トム現象」の波に乗りたかっただけなのだろうと思う。

各種調査では人々は、たとえ税金が上がることになっても政府はNHSにもっと資金を投入してほしいと常に答える。だがイギリス第3政党の自由民主党が2017年のマニフェストでNHS資金用に所得税のわずかながらの税率アップを提案しても、総選挙で大きな支持は得られなかった。人々のNHS支援はあくまで「理屈の上」か、あるいは誰かほかの人がカネを払うならいいけど、というものなのだ。つまり、NHSは医療需要が増大するなかでも資金不足のままであることを意味している。

いかなる政権も改革が許されない

NHSはイギリス社会で独特の位置を占めている。NHSは第2次大戦後の最初の労働党政権の産物で、その原点は際立って社会主義的だ。それでも今では各党がNHS支援を誓い、党派政治を超えた存在になっている(NHS保護に最も熱心なのはわが党だと、各党が競っている側面はあるが)。あらゆる国営企業の民営化を図ったサッチャー政権でさえ、国営医療制度の原則には手をつけなかった。

その理由は、欠点はあれどNHSが全体としてはうまくいっているからだ。全国民にあまねく良質な医療を適正な費用で提供できている。NHSは「受診時無料」であり、これは診察を受けたり救急医療を受けたり深刻な疾患を治療したりしても支払いはゼロで、薬もごく少額か無料なことを意味する。そして、(大ざっぱな一般論かもしれないが)医師や看護師は皆、熱心に患者を見てくれているように思う。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story