コラム

コロナ禍で聖域化に拍車がかかる英医療制度NHSにもの申す

2020年11月07日(土)10時15分
コロナ禍で聖域化に拍車がかかる英医療制度NHSにもの申す

コロナ以降、NHSは不可侵の存在に JASON CAIRNDUFF-REUTERS

<あらゆる国営企業の民営化を図ったサッチャー政権でさえ手を付けなかったNHS。その超越ぶりはコロナでさらに際立っている>

僕の住む町の周囲には点々と、ダブルスタンダードな記念碑が設置されている。木枠のフェンスが数カ所に設置され、コロナ禍で働く国民保健サービス(NHS)の医療従事者に感謝のメッセージをしたためたパドロック(南京錠)を掛けよう、というものだ。賛同者は地元の店で南京錠を購入し、売り上げは地元の病院に贈られることになっている。

4カ月にわたり、記念碑は見るも哀れな姿をさらしている。日々何千人もが行き交うショッピングセンターに置かれた1つは、10個ほどの錠が付いているだけ【写真1】。でも近くの公園の、2個しか付いていないものに比べればまだマシだ【写真2】。

magcom1106_NHS1.jpg

【写真1】 筆者撮影

magcom201106_NHS2.jpg

【写真2】 筆者撮影

イギリス中の誰もが、NHSスタッフは万全の支援を受けるに値するし、直ちに賃上げすべき英雄たちである、と口をそろえるだけに、この記念碑はダブルスタンダードだ。ロックダウン(都市封鎖)の最中には毎週木曜午後8時に、NHS従事者に感謝の拍手を送る運動が広がった。お祭り的な雰囲気があり、多くの歓声と拍手が響いた。でも、実際にカネを出せとなると話は違ってくる。

この南京錠キャンペーンは単にうまく流行に乗れなかっただけ、と見ることもできるし、99歳の退役大尉のキャプテン・トム・ムーアが歩行補助器につかまって自宅庭を往復しながらNHSへの支援を呼び掛けた運動は大きなうねりを呼んで巨額の資金を集めたじゃないか、と指摘する向きもあるだろう。個人的には、ムーアの運動に資金を提供した人々は、ムーアがテレビで取り上げられ王室やセレブが賛同し始めるなかで、自分も「キャプテン・トム現象」の波に乗りたかっただけなのだろうと思う。

各種調査では人々は、たとえ税金が上がることになっても政府はNHSにもっと資金を投入してほしいと常に答える。だがイギリス第3政党の自由民主党が2017年のマニフェストでNHS資金用に所得税のわずかながらの税率アップを提案しても、総選挙で大きな支持は得られなかった。人々のNHS支援はあくまで「理屈の上」か、あるいは誰かほかの人がカネを払うならいいけど、というものなのだ。つまり、NHSは医療需要が増大するなかでも資金不足のままであることを意味している。

いかなる政権も改革が許されない

NHSはイギリス社会で独特の位置を占めている。NHSは第2次大戦後の最初の労働党政権の産物で、その原点は際立って社会主義的だ。それでも今では各党がNHS支援を誓い、党派政治を超えた存在になっている(NHS保護に最も熱心なのはわが党だと、各党が競っている側面はあるが)。あらゆる国営企業の民営化を図ったサッチャー政権でさえ、国営医療制度の原則には手をつけなかった。

その理由は、欠点はあれどNHSが全体としてはうまくいっているからだ。全国民にあまねく良質な医療を適正な費用で提供できている。NHSは「受診時無料」であり、これは診察を受けたり救急医療を受けたり深刻な疾患を治療したりしても支払いはゼロで、薬もごく少額か無料なことを意味する。そして、(大ざっぱな一般論かもしれないが)医師や看護師は皆、熱心に患者を見てくれているように思う。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

米モルガン・スタンレーCEO、昨年の報酬は22%増

ワールド

米国のコロナ感染者数、2500万人突破=ロイター集

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者987

ビジネス

インドのタタ、米モデルナ製ワクチンの投入で協議=地

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 5

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 6

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 7

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 8

    日本食を芸術へと高める「ワサビ」の里 山と海をつ…

  • 9

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 10

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 8

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!