コラム

女性政治家を阻む「ガラスの天井」は危機下にもろくなる

2016年07月19日(火)10時30分
女性政治家を阻む「ガラスの天井」は危機下にもろくなる

James Glossop-REUTERS

<企業や組織が危機に陥っている時には、女性トップの就任を妨げる「ガラスの天井」は消えるらしい。政治的混乱が続くイギリスでは今、首相からスコットランド指導部まで気が付けば女性だらけ>(写真は15日にスタージョン・スコットランド自治政府首相と会談するメイ新首相)

 トップに就くのを妨げる明らかな理由もないのに、女性たちがどういうわけかトップになれないことは、「ガラスの天井」という言葉でよく語られる。それでも女性がトップに上り詰めたら、「彼女はガラスの天井を打ち破った」と言われるものだ。

 僕はテレビで興味深いコメントを耳にした。あるコメンテーターが言っていたことだが、企業(あるいは国や政党)が危機に陥っているときには、どうやらガラスの天井は消え失せるというのだ。危機的な状況では、男性か女性かに関わらず最も適切な人をリーダーにしようとするからだという。

【参考記事】ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

 企業や国が混乱状態だから女性に目を向ける、という意味ではない。すべてがうまくいっているときは、彼らは概して男性を選ぼうとする。でも困難な状況下では、男性と女性の立ち位置は同等になる。ある女性がその職務に最適だったとしたら、彼女がトップに就くだろう。ところが平常時には、ほどほど信頼に足る男性がトップを引き継ぐ可能性が高い。

気付けば女性リーダーだらけ

 僕がこのコラムを書いている今、イギリスはちょうど、ブレグジット(イギリスのEU離脱)の任務を引き継ぐ新たな女性リーダー、テリーザ・メイを首相に選出したところだ。与党・保守党の党首選で最後まで彼女と争ったのも、やっぱり女性のアンドレア・リードサムだった。そして、メイの前任者でイギリス史上唯一の女性首相だったマーガレット・サッチャーも、経済的・社会的にイギリスが苦境にあった時代に党首に就任し、総選挙で勝利して首相になった。

 野党・労働党は大混乱状態で、こちらも女性のアンジェラ・イーグル下院議員が次期党首に選ばれるかもしれない。スコットランドでは、昨年のイギリスからの独立の是非を問う住民投票で、独立派の先頭に立って敗北したスコットランド民族党がその後、女性のニコラ・スタージョンを党首に選出した。保守党と労働党というイギリスの二大政党が、スコットランドで大きく支持を失っていたために、住民投票でスコットランドは独立まであと一歩、ということころまでいった。どちらの党も、今はスコットランドの党首に女性を起用している(成長株のスコットランド保守党ルース・デイビッドソン党首と、スコットランド労働党のケジア・ダグデール党首だ)。

 そんなわけでイギリス政界の現状をざっと見る限り、「危機下ではガラスの天井がもろくなる」の説には一理ありそうだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!