コラム

女性政治家を阻む「ガラスの天井」は危機下にもろくなる

2016年07月19日(火)10時30分
女性政治家を阻む「ガラスの天井」は危機下にもろくなる

James Glossop-REUTERS

<企業や組織が危機に陥っている時には、女性トップの就任を妨げる「ガラスの天井」は消えるらしい。政治的混乱が続くイギリスでは今、首相からスコットランド指導部まで気が付けば女性だらけ>(写真は15日にスタージョン・スコットランド自治政府首相と会談するメイ新首相)

 トップに就くのを妨げる明らかな理由もないのに、女性たちがどういうわけかトップになれないことは、「ガラスの天井」という言葉でよく語られる。それでも女性がトップに上り詰めたら、「彼女はガラスの天井を打ち破った」と言われるものだ。

 僕はテレビで興味深いコメントを耳にした。あるコメンテーターが言っていたことだが、企業(あるいは国や政党)が危機に陥っているときには、どうやらガラスの天井は消え失せるというのだ。危機的な状況では、男性か女性かに関わらず最も適切な人をリーダーにしようとするからだという。

【参考記事】ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

 企業や国が混乱状態だから女性に目を向ける、という意味ではない。すべてがうまくいっているときは、彼らは概して男性を選ぼうとする。でも困難な状況下では、男性と女性の立ち位置は同等になる。ある女性がその職務に最適だったとしたら、彼女がトップに就くだろう。ところが平常時には、ほどほど信頼に足る男性がトップを引き継ぐ可能性が高い。

気付けば女性リーダーだらけ

 僕がこのコラムを書いている今、イギリスはちょうど、ブレグジット(イギリスのEU離脱)の任務を引き継ぐ新たな女性リーダー、テリーザ・メイを首相に選出したところだ。与党・保守党の党首選で最後まで彼女と争ったのも、やっぱり女性のアンドレア・リードサムだった。そして、メイの前任者でイギリス史上唯一の女性首相だったマーガレット・サッチャーも、経済的・社会的にイギリスが苦境にあった時代に党首に就任し、総選挙で勝利して首相になった。

 野党・労働党は大混乱状態で、こちらも女性のアンジェラ・イーグル下院議員が次期党首に選ばれるかもしれない。スコットランドでは、昨年のイギリスからの独立の是非を問う住民投票で、独立派の先頭に立って敗北したスコットランド民族党がその後、女性のニコラ・スタージョンを党首に選出した。保守党と労働党というイギリスの二大政党が、スコットランドで大きく支持を失っていたために、住民投票でスコットランドは独立まであと一歩、ということころまでいった。どちらの党も、今はスコットランドの党首に女性を起用している(成長株のスコットランド保守党ルース・デイビッドソン党首と、スコットランド労働党のケジア・ダグデール党首だ)。

 そんなわけでイギリス政界の現状をざっと見る限り、「危機下ではガラスの天井がもろくなる」の説には一理ありそうだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

ビジネス

ドル4週間ぶり高値、米指標軟調で安全通貨買い=NY

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 8

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!