コラム

都知事選は不出馬――堀江貴文に漂う「小池っぽさ」の末路

2020年07月07日(火)18時45分
都知事選は不出馬――堀江貴文に漂う「小池っぽさ」の末路

今回の「ダメ本」 Newsweek Japan

<堀江が本気で東京都を改造したいのならば、都知事選で小池の対抗馬としていち早く出馬すべきだった。『東京改造計画』は結局、理想を語っただけ?>

今回のダメ本

horiebookcover.jpg
『東京改造計画』
堀江貴文著
幻冬舎

堀江貴文はもはや政治家になる以外に道はない。少なくとも、本気で東京都を改造したいのならば、7月の都知事選挙で現職・小池百合子に挑むという道以外はない。

本書を読み終えての感想は実のところ、これしかなかった。提言については同意できる点はある。差し当たり、いくつか列挙してみよう。

堀江が主張するように、新型コロナウイルス問題は長期化するだろう。ゼロリスクはあり得ない。ならば科学的根拠に基づきハイリスクな層から対策を徹底し、経済を稼働させていく必要がある。なるほど、ごもっとも。

「科学的知見に基づいて、正しい政策を実行できるリーダーが必要だ」。ごもっとも。小池が採ったようなやり方ではなく、「過剰な自粛は今すぐやめて、経済を再開せよ」。ごもっとも。「政治家が責任をもってルールを変えなければ、人々の生活は何も変わらない」。ごもっとも。

さて、では誰がリーダーとなって、彼がぶち上げた改革案について責任を持って実行すべきなのだろうか。ここまで提言した以上、堀江本人以外はあり得ない。

噂話レベルで、堀江が都知事選に出るという記事がいくつか出たが、本人は立候補を見送り、秘書が出馬した。ここまで書いておいて出馬を見送るのならば、それだけで本気度に疑問符が付く。仮に直前に出馬したとしても、私には堀江が2000年代に入ってから日本政治に流れる「悪い潮流」に乗っているだけにしか見えなかった。

悪い潮流とは何か。何かにつけて改革を掲げ、インパクトと勢い任せで、短期間のうちに話題を振りまき、「風」を吹かせ、浮動票を狙うという例のやり方である。

少なくとも私たちは、小池が「風」を味方に付けて主導権を握った4年前の都知事選、「風」頼みが失敗に終わった3年前の「希望の党」騒動という、あまりにも醜悪な政治劇を見せつけられたばかりだ。

風頼みのやり方は、成功してもせいぜい1回止まりだ。2度も同じ方法は取れず、持続可能性も低い。

コロナ禍で小池に対する期待がそこそこにとどまり、一方で大阪府知事の吉村洋文に彼女をはるかにしのぐ注目が集まっているのは、良くも悪くも維新という政党が、大阪の中で一定の支持を集め続け、それに応えてきたという実績があるからだ。維新は既に風頼みの政党ではない。

堀江が本気で東京を改造したいと思っているのならば、彼はいち早く小池の対抗馬として名乗りを上げるべきだった。そして、幅広い都民に訴え、各政党や都議ら地方議員との対話にも乗り出し、自身の味方を見つけることが先だった。

ばかにはできない志があることは読んで分かったが、出馬をしないのならば、本書自体が理想を語るだけの中途半端なもので終わり、出馬しても風頼みのいつか見た選挙手法をまた見せつけられるということになる。

もっとも、志があったところで実現のために採用する手法が「悪い潮流」の権化である小池の二番煎じでは、その先はなかったとしか思えないのだが......。

<2020年6月30日号掲載>

プロフィール

石戸 諭

(いしど・さとる)
記者/ノンフィクションライター。1984年生まれ、東京都出身。立命館大学卒業後、毎日新聞などを経て2018 年に独立。著書『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)が読売新聞「2017年の3冊」に選出される。2019年より東京大学非常勤講師。本誌の特集「百田尚樹現象」で、2020年の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」を受賞。新著に『ルポ 百田尚樹現象――愛国ポピュリズムの現在地』(小学館、2020年6月)。

ニュース速報

ワールド

タイ、10月の外国人旅行者は1201人 受け入れ再

ビジネス

焦点:中国で相次ぐ社債デフォルト、政府が再び企業債

ワールド

中国、米政府に抗議 イラン関連の中国団体制裁受け

ワールド

スウェーデン中銀、資産買い入れ規模拡大 期間も延長

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 4

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 5

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 8

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 9

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 6

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 7

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 8

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!