コラム

ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーであるべき理由

2018年10月22日(月)18時15分

Wikipedia英語版には殺されたジャマールとドディーが従兄弟同士だと書いてあるが(2018年10月19日閲覧)、ジャマールの父の名はアフマドで、祖父の名はハムザのはずなので、アドナーンの甥、ドディーの従兄弟とは考えづらい。

もちろん、ジャマールの母親がアドナーンとサミーラの姉妹である可能性もあるが、こちらは確認できなかった。いずれにせよ、親族であることはまちがいないだろう(※)。


※なお、本コラム公開後、それを読んだリヤード駐在の丸紅社員で旧知の宮内良尚氏より、ジャマールとアドナーン、ドディー・ファーイドの親族関係についてハーショグジー家の証言にもとづく指摘があった。それによると、やはりジャマールとアドナーンは親族であるが、叔父・甥の関係ではなく、したがって、ジャマールとドディーもイトコ同士ではないとのこと。具体的にいうと、ジャマールの祖父とアドナーンの父ムハンマドが兄弟であるそうだ。したがって、ジャマールからみると、アドナーンは祖父の兄弟の子、つまり父のイトコ、ということになり、ドディーはその甥なので、ジャマールのハトコということになろう。

文字で起こすと余計わかりにくいので、サウード家とのハーショグジー家の相関図をつくってみたので、参考にしてください。(2018年10月30日)

hosaka181022-chart1030.PNG

図は筆者作成 REUTERS (LEFT), Simon Dawson-REUTERS (RIGHT)

ハーショグジー家はマディーナ(イスラーム第2の聖地で、日本のメディアでは通常「メディナ」と表記される)の名門で、多くの著名人を輩出しており、王族との結びつきも強い。実際ジャマールがサウード家の王子たちと密接な関係をもっていたことも知られており、その意味では彼自身、筋金入りの反体制とはいいがたい。

残念ながら現地音よりも英語の発音が優先される

閑話休題。最近の欧米の主要メディアは彼らの姓をおおむね「ハーショグジー」か「カーショグジー」と発音している。とくに英語の場合、Khashoggiと書いて、カショギと読もうが、ハーショグジーと読もうがそれほど違和感はないが、日本語表記だと、カショギと書いて、ハーショグジーと読ませるのは無理がある。

日本のメディアの場合、中東の固有名詞に関して残念ながら現地音よりも英語の発音が優先されることが少なくない。われわれのようにアラビア語を使用する人間にとっては、寂しいかぎりである。一言これ何て発音するのと聞いてくれればいいのにと思うのだが(日本でも主要メディアにはアラビア語のできる記者がいるはずである)。

かつて米国のレーガン大統領が、米国から文句が出て、一夜にしてリーガンからレーガンに変わった前例もある。こういう機会なので、カショギからハーショグジーに変えてもいいと思うのだがどうだろう(レガシーの重要性は重々承知しているが)。

こういうことをいうと、衒学的だと批判されるのだが、衒学的でもなんでもない。相手に対し敬意があれば、なるべく正しい発音に近づけるのは当然だと思う。何もサウジアラビアをスウーディーアラビアに代えろといっているわけではない。初動段階できちんとした対応をしてもらいたいだけのことだ。

それに、大半の人たちは忘れているかもしれないが、「ムハンマド」とか「イスラーム」とか高校の世界史の教科書は原則、現地音に近い表記になっていたはずだ。高校まではその方針が守られているのに、そっから先は現地音主義を無視するというのも解せない。今やアラビア語の現地音は、アラブ世界の放送局のウェブサイトやYouTubeでも簡単に確認できるようになっているのだから、ちょっとした手間でまちがいは防げるはずである。

よく音引きをつけると字数が増えるから長母音を外したほうがいいという人もいる。だが、たとえば、中東にカタールという国がある。実はカタールはアラビア語の表記ではカタルと短母音で発音される。つまり、音引きなしのほうが正しいのだ。それなのになぜか、日本語表記では本来、ないはずの文字を勝手につけて、長母音で発音し、わざわざ字数を増やしているのである。

中東研究者の多くは現地音に近い、なるべく正しい発音や表記を心がけているのだが、いざそうしたとしてもメディアからまちがった発音や表記に直されてしまうことが少なくない。悪貨が良貨を駆逐するということであろうか?あれ?ちがうかな?

ジャマール・ハーショグジーが生きていたなら、「カショギとはオレのことかとハーショグジー言い」とでもいっただろうか。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

中国の滴滴、株式非公開化検討と報道 会社側「うわさ

ビジネス

ABインベブ、予想下回る四半期利益 売上高はコロナ

ビジネス

ユーロ圏景況感指数、7月は119.0と過去最高 上

ビジネス

ノキア、通期予想を上方修正 第2四半期の業績が予想

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中