ニュース速報
ワールド

北朝鮮、韓国に向け数百個の汚物風船 金与正氏「誠意の贈り物」

2024年05月30日(木)00時48分

韓国は29日、北朝鮮が大量の風船でごみや汚物とみられるものを韓国側に飛ばしたと非難した。写真は北朝鮮からとみられる風船。韓国・鉄原郡で29日撮影。提供写真。(2024年 ロイター/Yonhap via REUTERS/File photo)

Jack Kim

[ソウル 29日 ロイター] - 北朝鮮は29日、韓国領内に向けてごみや汚物とみられるものを詰め込んだ風船数百個を飛ばした。韓国側は卑劣かつ危険な行為だと激しく反発している。

韓国軍合同参謀本部は29日午後までに260個以上の風船が確認され、大半が地面に落ちたと発表した。落下物を検査・回収するため軍の爆発物処理班と化学・生物兵器対応チームが出動したほか、住民には近づかないよう注意が呼びかけられた。

大統領府の当局者は記者団に「北朝鮮はごみや雑多な物を風船の中に詰め込むことで、韓国の国民がどう反応するか、政府が混乱するかを試したいようだ。直接的な挑発とは別に、心理戦や小規模で複雑な脅威がどのような結果になるか探ろうとしている」と語った。その上で冷静に対処する考えを示した。

韓国の脱北者団体は北朝鮮体制を批判するビラのほか、食料、医薬品、現金、Kポップのミュージックビデオやドラマが入ったUSBなどを風船で定期的に北朝鮮に飛ばしており、南北間の緊張につながっている。

北朝鮮は、今回の風船は韓国の脱北者や活動家による継続的なプロパガンダ活動に対する報復だと主張。

金正恩朝鮮労働党総書記の妹で党の有力幹部でもある金与正氏は、国営の朝鮮中央通信(KCNA)を通じて声明を発表し、国民の表現の自由を主張しながら風船を批判する韓国政府について「恥ずべき、厚かましい」行為と激しく非難した。

風船は「表現の自由を求めて叫ぶ韓国国民への誠意の贈り物」だとし、韓国が北朝鮮領内に送ったとされる数の数十倍もの風船を送ると明言した。

韓国大統領府の当局者は冷静に対応すると明言した。

韓国軍が29日に公開した写真にはビニール袋がくくりつけられた風船が写っている。割れた風船の周りにごみが散乱している様子もあり、袋に「排せつ物」と書かれているのが確認できる。

北朝鮮の国防次官は週末の談話で、「強力な自衛力」を行使すると表明。韓国の団体のビラ散布に対抗すると警告していた。

東亜日報が政府筋の話として報じたところによると、北朝鮮は29日早朝に韓国でGPS信号の妨害も試みた。被害は報告されていないという。

韓国のシンクタンク、世宗研究所のピーター・ワード氏は軍事行動を起こすことに比べて、風船を送ることははるかにリスクが低いと指摘。「こうしたグレーゾーン戦術は、民間人には不快だが対抗が難しく、軍事的にエスカレートして制御不能になるよりもリスクは小さい」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国女性は男性の3割強、老後に備えた貯蓄額 プルデ

ビジネス

午後3時のドルは小幅安の159円前半、介入警戒感か

ワールド

スリランカ、二国間債務再編協定を26日に署名の見通

ビジネス

日産社長、今年度の販売計画達成に意欲 株価低迷を株
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中