ニュース速報
ワールド

焦点:希望見えないウクライナ難民、ホームレス化する人も

2024年02月26日(月)18時13分

 2月23日、およそ2年前、ロシアとの激戦で廃墟と化したウクライナの都市マリウポリから逃れてきたミラ・パンチェンコさん(写真)は、英国に到着すると、これで数カ月にわたる避難行にようやく終止符を打ち、落ち着ける場所が見つかったと胸をなでおろした。英ハットフィールドで21日撮影(2024年 ロイター/Anna Gordon)

Elizabeth Piper

[ハットフィールド(英イングランド) 23日 ロイター] - およそ2年前、ロシアとの激戦で廃墟と化したウクライナの都市マリウポリから逃れてきたミラ・パンチェンコさん(55)は、英国に到着すると、これで数カ月にわたる避難行にようやく終止符を打ち、落ち着ける場所が見つかったと胸をなでおろした。

ところがその後4回も引っ越しを強いられた彼女はついにホームレスとなり、将来が見えなくなっている。彼女には帰る場所もない。住んでいたマリウポリの集合住宅はロシア軍の爆撃で崩壊してしまった。

ロンドンの北約29キロにあるハットフィールドで、YMCAが運営するシェアハウスに一時受け入れてもらっているパンチェンコさんは、自身が英政府の意のままになってしまう境遇に置かれた感じがすると漏らす。

「英政府は戦争が終わればいつでも私に『さようなら』と言える。その時私はどこに行けばいいのか」と問いかけた。

これはパンチェンコさんだけの話ではない。赤十字の調査では、英国で暮らすウクライナ人は他の世帯に比べてホームレスになるリスクが4倍も高いことが分かる。また20万人を超える在英ウクライナ人の一部は、果たして長期的な定住を許可してもらえるのかどうか心配している。

欧州と米国、カナダは、2022年2月24日のロシアによるウクライナ侵攻から2年が経過した今なお、合計で600万人超の避難民を国内に抱えており、彼らの支援にかかる負担と今後の対応をどうするのかは共通の問題と言える。

各種世論調査に基づくと、ウクライナ人には非常に深い同情が寄せられている。しかし戦争の終わりが見えない中で、短期的な支援措置を講じてきた各国はその費用が想定よりもずっと大きくなり、足元では支出が抑制されようとしている。

英国は新たに入国するウクライナ人の当初滞在可能期間を18カ月と従来の半分に短縮したほか、ウクライナ人が英国内の親族に身を寄せるのを認める制度を打ち切った。

自治体が難民支援に動く際に交付する補助金も削減。これは英国だけでなく複数の東欧諸国も実施しており、アイルランドも検討しているところだ。

ウクライナからの難民約100万人を受け入れているポーランドは今月、福祉手当ての適用を延長したものの、期限は6月までにとどめた。欧州連合(EU)の指針では加盟国は来年3月までこうした手当てを継続しなければならないと定められているが、ポーランドは6月以降、支給額を減らす可能性を示唆している。

<帰る家がない>

英内務省は先週、既に滞在中のウクライナ難民に対して18カ月のビザ(査証)延長を提示したものの、彼らが最終的に帰還してくれるというウクライナ政府の希望を後押しするとも説明した。

だがパンチェンコさんはマリウポリに戻っても住む家がない。彼女はここハットフィールドで生活し続けたいと考えている。

ウクライナの家を失ったり、出身地がロシアの占領下にあるウクライナ人は「英国で社会の役に立ちたい思いがある」という。

占領下のマリウポリから逃げ出したパンチェンコさんはごく短期間イタリアで過ごしてから英国に渡り、最初はウクライナ難民受け入れプログラムに応募した家庭が提供してくれた部屋に入った。すぐにもっと自由に動ける環境を求めて奔走したが、手頃な価格で入居できる家は見つからず、しばらく友人の家を転々とした後、結局ホームレスになった。

公式データによると、1月末時点ではウェルウィン・ハットフィールド地区でウクライナ人の19世帯と9人の単身者が支援対象のホームレスとして登録されている。

英国の自治体がウクライナ難民を3年間にわたって面倒を見るために政府から交付される補助金は23年1月以降、当初の1人当たり1万0500ポンドから5900ポンドに減額された。アフガニスタン難民支援の補助金は1人当たり2万ポンド超だ。

自治体政府の連合組織の広報担当者は、以前に想定していたよりも支援期間が長くなったことや、他の国・地域からの難民支援との重複や住宅不足といった事情が、ウクライナ難民のホームレス増加につながっていると指摘。自治体の難民支援のための資金手当てを緊急に考え直す必要があると訴えた。

英政府高官の1人は、ウクライナ人のホームレスを防ぐため今年追加で1億0900万ポンドの予算を計上したと説明。住宅・地域社会省は、自治体がウクライナ難民とアフガン難民などのために住宅を建設ないし買い取るのを支援する目的で、26年までに12億ポンドを供与する方針も示した。

また同省は、ウクライナ難民受け入れプログラムに応募してくれた家庭への毎月の支給額についても、生活費増大を踏まえて350ポンドから500ポンドに引き上げたとしている。

ただある政府高官の話では、当初の熱気が薄れた今、受け入れプログラムの応募件数は大幅に減ったという。

英国国家統計局が昨年10月に公表した調査では、ホストファミリーの3分の2は生活費が増えたことで支援能力が低下したと回答。18カ月かそれ以上の期間受け入れるつもりと答えたのは全体の半分強にとどまった。

ドイツでも難民受け入れ負担が大きくなっている。最近では地方政府の連合組織トップが、連邦政府からウクライナ難民により手厚い失業手当ての支給を求められていることを巡り、今後のウクライナ難民が受け取る手当ては他の難民並みにするよう要望した。

<進退窮まる>

英政府は今月17日、当初3年とされた有効期限が来年切れるウクライナ難民について、期限を18カ月延長できると表明した。

ウクライナで戒厳令が敷かれる前に逃げてきたボロジミル・ホロバチョフさん(31)は、歓迎すべき対応だが、延長の申請は期限終了の3カ月前からで、英国で定住する道も提供されていないと困惑する。

家主や雇用主は難民の法的地位が保証されるのを望んでいるので、今後どうなるか分からない状態になるのは問題だ、とホロバチョフさんは指摘。「われわれに必要な期間『働ける権利』や『家を借りられる権利』があるとどのように証明できるのかが目先はっきりしなくなっており、それがなければ家主や雇用主の言いなりになるしかない」と述べた。

パンチェンコさんにとっても、英国から追い出されるのではないかとの恐れを打ち消すための手立ては乏しい。

もし定住できる手段が提供され、年金積立金を支払うことができて、ずっと働き、勉強し、生活する権利が得られていれば、今とは違った人生になっただろうと考える彼女は「ずっと不安ばかりだ。私には故郷に戻っても何もない。スーツケースを持ち、豊かなイングランドを離れて、どこに向かうのだろうか」と口にした。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英利下げ視野も時期は明言できず=中銀次期副総裁

ワールド

プーチン氏がイラン大統領と電話会談、全ての当事者に

ビジネス

モルガンS、第1四半期利益が予想上回る 投資銀行業

ビジネス

米BofA、第1四半期は減益も予想上回る 投資銀行
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 6

    【地図】【戦況解説】ウクライナ防衛の背骨を成し、…

  • 7

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 10

    「アイアンドーム」では足りなかった。イスラエルの…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中