ニュース速報
ビジネス

午後3時のドルは158円前半、2カ月ぶり高値圏で底堅い

2024年06月20日(木)15時22分

 6月20日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の終盤とほぼ変わらずの158円前半で取引されている。写真は米ドル紙幣。2022年7月撮影(2024年 ロイター/Dado Ruvic)

Shinji Kitamura

[東京 20日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の終盤とほぼ変わらずの158円前半で取引されている。米国の休場明けで手掛かりに欠ける中、クロス円が底堅い動きを見せるなど円は全般弱含みで、ドル/円も下げ渋った。

この日のドルは157円後半から158円前半と、上下30銭強の狭いレンジ内で売買が交錯した。一時158.19円と14日につけた2カ月ぶり高値に迫る場面もあったが、2カ月ぶり高値圏では介入への警戒感もくすぶり、勢いが限られたという。

市場では、きょう米国で発表される新規失業保険申請件数に関心を寄せる声が聞かれた。前週に市場予想を上回り10カ月ぶり高水準に達していただけに「再び上振れれば労働市場の軟化傾向がより鮮明になる」(外銀アナリスト)という。

対ドル以外の円相場も総じて小動きだったが、歴史的な安値圏をうかがう地合いに変化はなかった。スイスフランは179円前半へ続伸して、史上最高値を再び更新。豪ドルも105円半ばまで上げ幅を広げて、2007年11月以来16年半ぶりの高値を付けた。

20日の海外市場ではスイスや英国で行われる中銀会合が、フランやポンドの動きを通じて円相場に影響を与える可能性があるとして注目されている。スイスは政策金利据え置きと利下げで見方が割れており、発表後は値が振れやすくなる見通し。英国は8月の利下げ開始を想定する声が大勢で、そのヒントを探ることになる。

ロイターがエコノミスト対象に実施した調査では、スイス中銀は33人中22人が利下げ、11人が据え置きを予想。英中銀は65人中63人が8月の利下げを見込んでいる。

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後3時現在 158.08/158.11 1.0737/1.0738 169.75/169.76

午前9時現在 157.95/157.96 1.0745/1.0749 169.74/169.78

NY午後5時 158.08/158.11 1.0743/1.0747 169.84/169.88

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

高級ブランドのリシュモン、4─6月売上高が予想下回

ビジネス

日経平均は小幅反発、大幅安の反動で 「トランプ・ト

ビジネス

午後3時のドルは円後半へ反発、押し目買いで 介入警

ビジネス

アングル:エヌビディア株のジレンマ、投資集中でリス
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然大きく揺れる機体を立て直す操縦士の映像が話題
  • 4
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 8
    トランプ氏銃撃事件を受け、ドル上昇・米国債下落...…
  • 9
    検事長の定年延長問題に見る、日本の民主主義が「カ…
  • 10
    これからの蚊対策は「殺さず吸わせず」 痒いところ…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 9
    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中