コラム

共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

2019年12月13日(金)11時30分
共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

ILLUSTRATION BY AYAKOOCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<中国は目覚ましい発展を遂げているが、それを享受するには条件があるようで......。世界各地でジョークを収集してきたノンフィクション作家、早坂隆氏によるジョーク・コラム第2回>

【生活の改善】
習近平(シー・チンピン)が中国人民の生活の実態を知ろうと、変装して街の視察に出た。

習近平は公園のベンチに座っていた一人の老人に話しかけた。

「最近の暮らし向きはいかがですか?」

「ええ、とてもよくなっています」

習近平はうれしくなって、さらに聞いた。

「例えばどのように?」

老人は答えた。

「以前は小さくて汚い木造の小屋に住んでいたのですが、今ではキレイな高級マンションで暮らしています。食事も昔はトウモロコシばかりでしたが、今では肉や魚を好きなだけ食べることができます」

習近平は心の中で歓喜した。

(素晴らしい! 私の政策がうまくいっている証拠だ。人々の生活は間違いなく向上している。本当によかった!)

老人は笑いながら続けた。

「本当にうれしい限りですよ。娘が共産党の党員と結婚できるなんて」

◇ ◇ ◇

中国を訪れるたび、高層ビルが雨後の筍(たけのこ)のごとく増えているのがよく分かる。北京や上海の建物の高さは、とうに東京や大阪以上。近年の訪日中国人は、日本の建物が思ったよりも低いことに驚くのだとか。世の中とは、いつの間にか逆さまになっているものである。

確かに中国の経済発展は瞠目(どうもく)に値する。しかし、その一方で都市部の郊外などに広がるスラム街のような一角は、以前とあまり変わっていない様子。中には見違えるほど様変わりしたエリアもあるが、その理由を聞けば、人々の暮らしが豊かになったのではなく、当局からの立ち退き命令によって従来の住民が追い出された結果であるとのこと。まったくジョークにもならない。

日本を含め、世界のどの国でも格差の問題は叫ばれるものだが、大国・中国ではそのスケールも超弩(ど)級である。豊かな生活を送りたければ、やはり特権階級たる共産党員になるしかないか。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)など。最新刊は『昭和史の声』(飛鳥新社)。

ニュース速報

ワールド

来年はワクチンでコロナ制御が進歩、予防対策も必要=

ワールド

アストラゼネカ、新たなコロナワクチン治験か データ

ワールド

「法の支配」条件は言語道断、ハンガリーとポーランド

ワールド

米感謝祭、コロナ影響鮮明 トランプ・バイデン氏も静

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 2

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 3

    ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞台裏

  • 4

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 5

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 8

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 9

    スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

  • 10

    バイデンとの関係に苦慮する文在寅政権

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 6

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 7

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    それをあなたが言いますか? 菅首相の「ビジョン」…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!