コラム

フランスを怒らせてでも...AUKUSで見えたバイデン「対中強硬」姿勢の本気度

2021年10月06日(水)17時55分
豪モリソン首相と仏マクロン大統領

豪モリソン首相と仏マクロン大統領(21年6月) PASCAL ROSSIGNOL-REUTERS

<米英豪のAUKUSは、中国に対抗する米バイデン政権の一貫した戦略の一環であり、その目的のためにはフランスの怒りは大きな問題ではない>

9月15日、米英豪3カ国は新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)」を発表し、オーストラリアへの原子力潜水艦の配備と、サイバーセキュリティーや人工知能(AI)分野での連携強化を打ち出した。米バイデン政権はインド太平洋地域で高まり続ける中国の影響力と攻撃性に対抗するため、首尾一貫した戦略を取っており、今回の動きもその一環だ。

これに伴い、フランスがオーストラリアから受注していた通常動力型潜水艦12隻、計660億ドル相当の契約が破棄された。ルドリアン仏外相は「背信行為」と猛反発し、駐米と駐豪の仏大使を召還。一方、中国外務省もAUKUS加盟国の「時代遅れの冷戦思考」を批判した。

もっとも、インド太平洋地域の24カ国は既に新たな冷戦が始まっていることを知っている。インドと中国の国境地域では昨年来、両軍が衝突して双方に死者が出ている。南シナ海では国際社会が公海と見なす海域やブルネイ、ベトナム、台湾、フィリピン、インドネシアなどの経済水域の領有権を中国海軍が虎視眈々と狙っている。

米英豪は過去75年にわたって軍事的同盟関係を結んできた。一方、インド太平洋地域の各国は今後、「中国と組むか、アメリカと組むか」という究極の選択を迫られる。

現時点では、フランスが激怒するのも無理もない。不意打ちを食らったマクロン大統領は、大統領選を来年4月に控えたタイミングで大口雇用を生む巨額の契約を失った。仏海軍は太平洋一帯で「航行の自由」作戦を定期的に実施しており、AUKUSはフランスの対中戦略を損なうものだ。

アメリカ側のミスも

アメリカ側のミスもあった。フランスの国益に反する情報を事前に伝えなかった点、AIなどの分野での新たな枠組みにフランスを加えなかった点、新たな軍事協定や貿易協定を提示してフランスの機嫌を取ろうとすらしなかった点......。

ただし率直に言えば、バイデン政権の包括的なインド太平洋戦略においてはフランスの怒りは大した問題ではない。バイデン大統領は今年1月の就任以来、中国に対抗する戦略を相次いで繰り出しており、AUKUSもその1つに位置付けられる。

■3月 クアッド(日米豪印戦略対話)の首脳会議を開催し、この4カ国による海洋安全保障などでの連携強化を確認。

■4月 諸外国に先駆けて日本の菅義偉首相と会談。翌月には韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とも会談して、アジア重視路線をアピール。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米経済活動、横ばいから小幅拡大 企業の見通しより悲

ビジネス

情報BOX:パウエル米FRB議長の発言要旨

ビジネス

利上げ幅縮小「12月にも」、最終到達点はやや高く=

ビジネス

FRB、利上げを小刻みに行う時期近づいている=クッ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 7

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 8

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 9

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中