コラム

中国への融和路線を捨てたバイデン、これからは日本が頼りに

2021年04月01日(木)17時31分
ジョー・バイデン米大統領

中国に対して融和的だと批判されていたバイデンだが KEVIN LAMARQUEーREUTERS

<バイデンはトランプ流と決別し、同盟国と協調して中国に対峙する>

マサチューセッツ州の私が住む地域でも、新型コロナウイルス・ワクチンの予防接種が始まった。それが東アジア情勢と何の関係があるのかと思うかもしれない。しかし、コロナ危機に対するバイデン政権の大規模で一貫した対応は、今後4年間に米政府がどのような政治を行うかを明確に映し出している。

バイデン政権は、一時的な衝動やかたくななイデオロギーではなく、専門家の助言と事実に基づいた実務的な政治を行うことが予想できる。状況の変化や新しい課題にもしっかり向き合おうとするだろう。その点については、私たち家族を含めワクチン接種を受けた米国民と同じように、アジアの国々も安心していい。

ジョー・バイデン大統領に対して最もよく聞かれる批判は、長い政治キャリアを通して中国への融和路線を推進してきたというものだろう。民主主義とルールに基づく国際秩序を受け入れるよう中国に促すよりも、中国の台頭を阻止することに力を注ぐべきだと、アメリカの新保守主義者(ネオコン)は主張している。

しかし、こうした見方は物事を単純化し過ぎている。80年も前に経済学者のジョン・メイナード・ケインズは、「状況が変われば私は意見を変える」と語っている。

中国を「アメリカが押し戻す」

ある時期まで、中国の外交政策は国際秩序に深刻な脅威を及ぼすものではなかった。このような状況では、欧米流の規範を採用するよう中国に促すことはアメリカの国益にかなっていた。だから、米政府とバイデンは対中政策でそれを目指してきた。実際、30年ほどの間、中国の社会と経済と政治はおおむね欧米流の規範を少しずつ取り入れ、国際システムを不安定化させることなく、むしろその一員になろうとしてきた。

ところが、この10年間で事情が変わった。習近平(シー・チンピン)国家主席は次第に、攻撃的なナショナリズムに傾斜し、毛沢東主義的・全体主義的支配を復活させてきた。

そこで、バイデンも方針を変更して中国への姿勢を硬化させた。バイデン政権のアントニー・ブリンケン国務長官は最初の外国訪問先として訪れた日本で、「中国が威圧と攻撃により自国の意思を通そうとするのなら、必要に応じてアメリカが押し戻す」とはっきり述べている。

バイデン政権の発足後、アメリカのアジア政策が変わったことは明白だ。それは、日本にとっても非常に好ましいものと言える。ブリンケンとロイド・オースティン国防長官のアジア訪問ではっきり見えてきたように、米政府は再びアジアの同盟関係を重んじるようになったのだ。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ビジネス

米経済は急速に回復、FRBの政策変更には不十分=N

ビジネス

米国株式市場=急反発、景気回復にらみエネルギー株な

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、買い一服 ビットコイン急落

ビジネス

FRB議長、米経済「持続的に改善」 物価「ここ数カ

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中