コラム

スカイツリーではなく縄文杉に見る日本の価値

2012年06月25日(月)09時00分

今週のコラムニスト:レジス・アルノー

〔6月20日号掲載〕

 日本には指導者はいないがアイドルはいる。東京スカイツリーだ。開業以来、国内のメディアは延々と褒めたたえ、あらゆる角度からツリーの横顔を伝えているが、高さが話題になるばかりで誰もあえて聞こうとしない──スカイツリーは本当に美しいのか?

 フランスの建築家がパリのルーブル美術館の後ろにあのようなものを建てたら、日本人はショックを受けてパリに行かなくなるだろう。しかし自分の国となると、大人も子供もあれを違和感なく受け止めているようだ。

 以前にこのコラムでスカイツリーの話をした際、建造物の「高さ」を競っているのは、最近では中国やドバイなどもっぱら新興国だと書いた。スカイツリーについて伝える欧米の記事(あまり多くはない)は民族学的な視点から、日本人はAKB48の次のアイドルを見つけた、と分析する。

 一方で、日本は文化的価値のある近代・現代建築にさえさっさと引退勧告をしがちだ。建造物の保存に関する法整備が不十分なため、取り壊しの危機にさらされる文化財が後を絶たない。吉田鉄郎が設計した旧東京中央郵便局舎や、吉村順三が手掛けた愛知県立芸術大学のキャンパスがその例だ。前者には当時の鳩山邦夫総務相が待ったをかけ、後者は国内外から抗議が相次ぎすんでのところで全面解体を免れた。

 一時は東京タワーの解体まで噂されたこの国では、かつて一世を風靡した「アイドル」たちでさえ昔の栄光に浸っている余裕はない。その間にも、再開発の名の下で新人が続々と投入されている。

■自然のあるべき大きさを実感

 日本人は、真の美しさをたたえる精神を失ってしまったのだろうか。そんなことはない。5月後半に私は、美の価値を知る多くの日本人に出会った。そこにいた彼らは皆、本物のツリーを見上げていた──屋久島の縄文杉だ。

 どちらのツリーも日本のシンボルだが、分類学的にはまるで別物だろう。スカイツリーの同世代は、レディー・ガガとAKB48。一時的にせよ熱狂的なファンを生み、開業初日だけで約20万人が訪れた。

 縄文杉は世界で最も古いツリーの1つで、屋久島はユネスコの世界自然遺産に登録されている。縄文時代も平成の時代も経験し、清少納言や西郷隆盛と同時代に生き、野田佳彦と同じ空気を吸っている。推定2000~7000歳。幹の周囲は16・2メートル、高さは25・3メートルだ。

 毎年約1万人が縄文杉を訪れる。私が現地で会った人々は、これまで会った中で最も礼儀正しい日本人だった。縄文杉の前にレディー・ガガが現れることはまずないだろう。「私が案内するのは看護師や教師など、本当の人間関係を持っている方が多いです」と、屋久島で私を案内したガイドは言った。地面にはごみ1つ落ちていない。猿や鹿に餌をあげてはいけないというルールを、99%の観光客がきちんと守る。ガイドによると、屋久島の無垢な純粋さに引かれ、ここで結婚式を挙げる人が増えているという。

 聞こえてくるのは鳥の声だけ。縄文杉は世界で高く評価されている。人間に、特に日本人に、自然のあるべき大きさを思い出させる。慎みと思慮深さを伝え、時間の価値を思い出させる(日本の文化でとても大切な価値だ)。私は自分の子供たちをスカイツリーではなく縄文杉に連れて行き、日本の本当の姿を教えたい。

 スカイツリーは日本の失われた自我の最新のシンボルだ。中年男性が若い女性を振り向かせようと大きな車を買うように、日本人は高さを自慢しながら、自分たちが無力になったことを宣言している。

 リーダーがいないこの国は、背が高いだけで頭は空っぽのアイドルに癒やしを求めているのかもしれない。東北の被災地復興が遅々として進まない現状から目を背け、スカイツリーは「復興のシンボルだ」と叫びながら。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国当局、足元の元高容認 急激

ワールド

米コロナ対策協議に勢い、超党派案がたたき台に=下院

ワールド

米コロナ死者、1日3000人突破も 当局者はマスク

ワールド

イラン、地下施設に新型ウラン濃縮機設置へ 核合意違

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!