コラム

ラマダン大河ドラマが巻き起こす波紋

2012年07月26日(木)22時31分

 ラマダン(断食月)が始まった。ラマダンとは、日の出から日の入りまでの間、飲食を断つイスラーム暦の月で、貧富、貴賤、老若に係わりなく、空腹はすべからく辛いのだと、神の前に人間皆平等という教えを体現した慣習である。今年のラマダン開始は7月20日、暑いのと昼の時間が長いのとで、イスラーム教徒には殊の外、厳しい季節となっている(イスラーム暦は太陰暦なので、一年で10日ずつ早くなるのだ)。

 さぞ過酷な一か月かと思いきや、実はラマダンは多くの庶民が楽しみにする、娯楽の月でもある。日中の断食なので生活が昼夜逆転し、昼はグダグダ、夜は毎晩宴会続き。夜更かし月間なのが、実情だ。

 その娯楽ムードに拍車をかけるのが、毎年ラマダン期間限定で放映されるテレビの大河ドラマだ。どの国、どのチャンネルも、企画制作に投入する資金、人員は、某国日曜の大河ドラマの比ではない。番組ごとの競争も激しく、エンタメ業界先進国として覇を競うシリアが今年は内戦状態で混乱していることから、ライバルのエジプトのドラマ制作業界がほくそえんでいる、などという報道もある。

 そのラマダン大河ドラマで、今年の話題をさらっているのは、なんといっても「正統カリフ、ウマルの生涯」という連載ドラマだろう。サウジアラビア王族がメインの出資者であるMBC(中東衛星放送局)が、鳴り物入りで制作したドラマだが、預言者ムハンマドに続きイスラーム興隆の始祖ともいえる、正統カリフが初めてドラマの主人公になったことで話題となった。

 よく知られるように、イスラームでは偶像崇拝が禁止されている。神や預言者の姿をヴィジュアル化して崇めたり貶めたりすることは、固く禁じられる。本来の教えや意味をそれだけで考えるのではなく、その人のキャラやエピソードばかりに注目するのは本末転倒だ、という発想からなのだが(それはそれで、なるほど納得がいく)、同じ理由で正統カリフ、すなわちムハンマドの後継者たちの人となりも、これまで偶像化されたことはなかった。

 あの超がつく宗教的に保守派のサウジが出資する番組が、第二代カリフ、ウマルをドラマに取り上げるなんて! 主役にはエジプト人俳優、演出にはシリアの演出家が抜擢されたが、その脚本の描写指導を行った宗教学者たちのなかには、ユースフ・カラダーウィがいる。もともとエジプト出身の彼は、カタールに拠点を置き幅広くメディアに登場して説教や法学指導を行う、超人気の宗教指導者だ。9-11事件やイラク戦争の際には、彼の一言一言が中東諸国の人々の世論を左右した、と言われている。

 その衝撃は、エジプトにあるスンナ派イスラームの宗教権威、アズハル機構が、このドラマを禁止するファトワーを出したことからもわかる。そのエジプトでは、イスラーム主義者大統領の誕生を受けて、メディア全般を管轄する情報相にイスラーム主義者が任命されるかどうかと、テレビ業界が自主規制気味だ。ベリーダンサーを主人公にしたドラマでは、その露出度が少~し抑えられたとも言う。

 もっとも、MBCの判断には、政治的判断も透けて見える。第二代カリフのウマルは、スンナ派にとっては「正統」だが、シーア派が初代イマームと信じるアリーにとっては、預言者の後継者争いのライバルだった人物だ。サウジの反シーア派姿勢が表れたテーマと言う向きもある。

 加えて言えば、ウマルはシリアを征服し、イスラーム帝国版図に組み込んだ。混迷極まるシリアで反アサド陣営を支援するサウジの、本音がここに見える・・・とは穿ちすぎだろうが。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ワールド

米ホワイトハウスの「友人」を歓迎、新政権と協力へ=

ワールド

英、コロナ死者10万人に迫る 当局者「病院は戦場の

ワールド

米ファイザー、欧州で訴訟直面も ワクチン供給の遅れ

ワールド

バイデン氏就任式、異例の厳戒警備 首都中心部ほぼ無

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!