注目のキーワード

シーア派

ニューズウィーク日本版『シーア派』に関する記事一覧

        
最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

<米軍に殺害されたクッズ部隊司令官は、アラブ諸国で「虐殺者」と恐れられてきた> イラン革命防衛隊「...

2020.01.11
        
イラン司令官殺害が象徴する、イラク・シーア派への米政府の「手のひら返し」
中東徒然日記 酒井啓子

イラン司令官殺害が象徴する、イラク・シーア派への米政府の「手のひら返し」

<歴代の米政権が黙認してきたイラクの親イラン化に、トランプ政権がようやく目を向けた途端、自己正当化の...

2020.01.09
イラク、米軍のシーア派組織空爆を非難 「深刻な結果招く」
中東

イラク、米軍のシーア派組織空爆を非難 「深刻な結果招く」

米軍が29日、イラク北部の基地への攻撃で米国人が死傷したことへの報復措置として、イラクのイスラム教シ...

2019.12.31
「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へのロケット砲攻撃にトランプ激怒
イラン

「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へのロケット砲攻撃にトランプ激怒

<バグダッドの米大使館付近にロケット砲が撃ち込まれた事件で、トランプはイランに激昂した> イラクの...

2019.05.20
イエメン、サレハ前大統領の殺害はなぜニュースなのか
イエメン内戦

イエメン、サレハ前大統領の殺害はなぜニュースなのか

<内戦で800万人が飢餓状態にある「最悪」の失敗国家。サウジアラビアとイランが代理戦争を戦う国。サレ...

2017.12.07
モスル奪還に成功してもISISとの戦いは終わらない
イラク

モスル奪還に成功してもISISとの戦いは終わらない

<ISISの「終末」は近づいているが、領土を失っても地下に潜り、世界各地でのテロを活発化させるだろう...

2016.10.27
モスル奪還作戦、逃げるISISを待ち受けるのは残虐なシーア派民兵
イラク

モスル奪還作戦、逃げるISISを待ち受けるのは残虐なシーア派民兵

<イラク軍によるISIS最後の主要拠点モスルの奪還作戦が続くなか、シーア派民兵組織に「ISISがシリ...

2016.10.26
ISIS「人間の盾」より恐ろしい?イラク軍によるモスル住民への報復
宗教対立

ISIS「人間の盾」より恐ろしい?イラク軍によるモスル住民への報復

<イラクにおけるISISの最後の主要拠点モスルにイラク軍が攻撃をかけた。モスルに残るざっと100万人...

2016.10.20
        
イラク政府のファルージャ奪還「成功」で新たな火種
中東ニュースの現場から 川上泰徳

イラク政府のファルージャ奪還「成功」で新たな火種

<イラク政府がイスラム国(IS)から中部の要衝ファルージャを奪還したが、作戦に参加したシーア派民兵組...

2016.06.23
        
本当の危機は断交ではなく、ISを利する民衆感情の悪化【サウジ・イラン断交(後編)】
中東ニュースの現場から 川上泰徳

本当の危機は断交ではなく、ISを利する民衆感情の悪化【サウジ・イラン断交(後編)】

※【サウジ・イラン断交(前編)】シーア派指導者処刑はサウジの「国内対策」だった はこちら 「メッカ...

2016.01.09

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice