最新記事

イラク

イラクの政情が不安定化し、シーア派内戦の危険性が高まっているのはなぜか

Giving Iraq to Iran

2022年9月5日(月)18時05分
デービッド・シェンカー(元米国務次官補〔中近東担当〕)
ムクタダ・アル・サドルの支持者

親イラン政党の首相指名に反対する、シーア派宗教指導者ムクタダ・アル・サドルの支持者たち(バグダッドのグリーンゾーン近く、8月30日)

<昨年10月の選挙でイラク人は隣国イランの影響力拡大にノーを突き付けたが、あれから状況は大きく変わった。バイデン米政権がイラクを見捨てたのは明らかだ>

中東は、私が政権を引き継いだときよりもずっと安定して安全になっている──。ジョー・バイデン米大統領がワシントン・ポスト紙への寄稿でそう主張したのは7月9日のことだ。

その例として、バイデンはいくつかの国と共にイラクを挙げた。

そうだろうか。確かに、アメリカの軍や大使館の関係者を標的とする攻撃は減ったが、それだけでイラクという国が「安定して安全」だと言えるのか。

むしろ現在のイラクは、バイデン政権が発足した2021年1月よりもずっと不安定だし、そこでのアメリカの国益はもっと脅かされているようにみえる。

イラクの状況は、この1年足らずで大きく変わった。昨年10月の議会選(一院制、329議席)で、有権者は隣国イランの影響力拡大にノーを突き付けた。

ところが現在の政局は、再び親イラン派勢力が優位にあり、イラクの民主主義はこれまでになく脅かされている。国内の多数派(世界的には少数派)であるイスラム教シーア派の内部対立が、暴力的な衝突に発展する可能性さえ出てきた。

こんな状況は避けられたはずだ。

昨年の選挙で、親イラン(シーア派)武装組織である人民動員隊(PMF)を母体に持つ政党「ファタハ連合」は、改選前より31も議席を減らす一方で、アメリカにもイランにも指図されないイラクの実現を訴えたムクタダ・アル・サドルの政党連合が最大の議席を維持した。

サドルはシーア派の宗教指導者だが、大衆迎合的で、その政治姿勢は一貫性がない。2003年の米軍のイラク侵攻後は、シーア派民兵組織マハディ軍の指導者として米軍を攻撃し、米軍に殺されかけた。

だが最近は、愛国主義的主張を展開し、反腐敗活動家を自任するとともに、アメリカの外交官や軍人を攻撃するPMFの批判に力を入れていた。

裏で操るマリキ元首相

そんなサドルが権力を握れば、自らを最高指導者とするイラン型の神権政治を導入しないとも限らない。

だが、少なくとも昨年の選挙直後は、サドルは親イラン勢力を排除する一方で、シーア派とスンニ派とクルド人(主にスンニ派)による大連立を樹立するかにみえた。そうすればイラクの主権を強化し、腐敗の一掃に一定の道筋をつけられたかもしれない。

だが結局、そんな大連立政権は実現しなかった。親イラン勢力の妨害に遭ったためだ。

PMF系武装組織は政権を転覆すると繰り返し脅し、実際にムスタファ・カディミ首相の暗殺を図り(未遂に終わった)、クルド人自治区をロケット弾やドローンで攻撃し、モハメド・ハルブシ国会議長の自宅を爆撃したとされる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシア、長距離兵器の配備をパートナー国と協議=タス

ワールド

NZインフレ率、目標回帰へ前進=中銀チーフエコノミ

ワールド

中南米債券のポートフォリオ組み入れは「必須」=UB

ビジネス

反トラスト法違反巡るテスラ車オーナーの集団訴訟、米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中