コラム

南国の自信「言うは易し、行うは難し」

2011年09月30日(金)07時00分

 中国の海南省で重化学工業発展計画が本格化し、議論を呼んでいる。海南省はもともと、中国がその領有権を主張する島の中で台湾に次ぐ面積を持つ海南島が中心の中国最南端に位置する省で、海底資源をめぐって周辺国と領有権紛争が起きている南沙諸島、西沙諸島、中沙諸島も同省に区画されている。

 ま、近海でそれだけ資源が取れるのだから同省が工業化を目指すのも不思議ではない。しかし、これまで10年間、海南省は「観光アイランド化」を進めてきた。その流れで中国に初めてのミスユニバース世界大会を、それも2年続けて誘致して世界に向けてその風光明媚さをアピールしたし、島の半分が熱帯、残りが亜熱帯に属するという地の利を利用して国の肝入りで「世界レベルのリゾート観光地」作りに力を入れた。そこに投入された資金と努力はまだ期待されたほどの国際的効果はあげていないが、それでも国内では「南国の楽園」をイメージにした別荘地やマンションが注目を集めており、実際に北京では「年老いた親を常夏の海南島のマンションで避寒させる」という話を何度も聞いたことがある。それなりに都会の富裕層には「避寒地」として定着しつつあるように感じていた。

 そこに今年8月2日、年間300万トンレベルの液化天然ガスを受け入れる中国海洋石油公司のプロジェクトが着工した。同プロジェクトの生産開始は2014年8月だが、同省では同プロジェクトが建設される洋浦経済開発区全体の工業生産高は2千億人民元以上に達すると期待する。同省の李国梁副省長も雑誌「財経国家週刊」の取材に対して、「(今年から始まった第12次経済5カ年計画が終了する)5年後には省全体の工業総生産高は3500億元を上回り、4千億元に達する」と自信をみなぎらせたとある。

......また、この自信か。正直なハナシ、このテの自信話は聞き飽きた。つまり、なにが「南国の楽園」だ、なにが「観光アイランド」だ。結局、観光では思ったほどスピードマネーが稼げないから、容れ物造って大量生産、そして取引額の高い工業生産リンクに頼ろうとしているにすぎない。それも重化学工業だときた。

 実のところ、今や海外旅行が解禁されて、文字通りの「南の国」に出かける中国人も少なくない。そしてタイやマレーシア、インドネシアなど長年の経験を積み、世界各国からの観光客を受け入れて磨かれてきた本当の楽園に比べ、「海南島はショボい」という話もあちこちで耳にする。観光のようなサービス業はホテル建ててビーチ作って車走らせて出来上がるというわけではないから、10年なんてまだ序の口だ。さらには従業者のコミュニケーションスキルやサービス精神がなければ成り立たず、そのためにはそれを取り巻く社会全体が長い経験を積んでいく必要があるはずだ。

 それを海南島はわずか10年で放り出し、過去中国の全土で建国以来何十年も展開されてきた中国の伝統的「経済発展」スタイルを、資源の産地に近いから有利だとそのまんま引き込むという。そうやって全国各地で先祖代々受け継がれてきた地形や自然が「経済発展」「生産増大」「富裕化」の名を借りて押しつぶされてきたのに、ここ南国の楽園でもスピードマネーを求めてそのお決まり通りのシナリオが始まった。

 もちろん、省側は「観光地化をやめる」とは言っていない。しかし、実際に今年の第1四半期におけるGDPの575億5300万元のうち、実質観光収入は16%の92億500万元。「タイやマカオに比べるとまだまだ支柱産業とは言えない」と言われる観光業が、5年後には3500億元の収入を期待される重化学工業の前に道を譲ることになるのは明らかだ。そして、大手を振って進められる重化学工業化が観光地資源に与える影響はいわずもがなだ。

 洋浦新工業団地について省関係者は、「海南島の陸地面積の千分の一の土地で、省全体の40%の工業生産高を誇る」と自慢する。しかし、その千分の一が垂れ流す汚水が、いかに南国の楽園の生態に影響するのかについて、同省の共産党委員会書記は「省では同時にクリーンエネルギーに向けての投資を増大させ、低炭素技術を推進し、グリーンな発展経験を分かち合い、国際観光アイランドの核心としたい」と語る。

 問題は、十年来の観光アイランド化にじっくりと取り組む忍耐や余裕すらなかった海南省が、今後どうやって中国のどこの地域でもまだ100%確率できているとはいえない「グリーンな発展」とやらを実現し、工業化と南国の楽園を並立できるのか、だ。言うは易し、行うは難し......なのは「南国の楽園」作りで十分わかっているはずだろうに。

プロフィール

ふるまい よしこ

フリーランスライター。北九州大学(現北九州市立大学)外国語学部中国学科卒。1987年から香港中文大学で広東語を学んだ後、雑誌編集者を経てライターに。現在は北京を中心に、主に文化、芸術、庶民生活、日常のニュース、インターネット事情などから、日本メディアが伝えない中国社会事情をリポート、解説している。著書に『香港玉手箱』(石風社)、『中国新声代』(集広舎)。
個人サイト:http://wanzee.seesaa.net
ツイッター:@furumai_yoshiko

ニュース速報

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

ビジネス

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国軍支援があぶり出した「平和国家」の血の匂い

  • 4

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 10

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中