コラム

「ベートーベン鉛中毒説」がより精密に根拠付けられる 「梅毒にかかっていた」疑惑についても進展あり?

2024年06月13日(木)22時20分
ベートーベン

生前から偉人だったベートーベンの毛髪を記念品や形見として欲しがる人は多く、その毛髪が後に分析試料となっている Public Domain

<遺髪から通常の64~95倍という高濃度の鉛を検出。ハーバード大チームが最新の研究で解き明かした新事実とは?>

「楽聖」と呼ばれるベートーベン(1770~1827)が56歳で亡くなってから約200年が経ちますが、今もなお、死因や生前の疾患の研究が進められています。

ハーバード大の病理学者ネーダー・リファイ博士が率いる研究グループは、「遺伝子解析でベートーベンのものとされている遺髪を分析したら、通常の64~95倍という高濃度の鉛が検出された」と発表しました。研究成果は臨床医学誌「クリニカル・ケミストリー」に5月6日付で掲載されました。

実は、ベートーベンが鉛中毒だったことは以前からよく知られています。本研究で解き明かされた新事実は何でしょうか。鉛中毒は、ベートーベンの体調や性格にどのように影響したと考えられているのでしょうか。概観してみましょう。

形見として切り取られた毛髪が分析試料に

ベートーベンの家族は音楽一家で、宮廷歌手の父にスパルタとも言える英才教育を受けました。7歳の時にケルンの演奏会でデビューすると「第2のモーツァルト」ともてはやされたと言います。実はこのとき、父は神童として売り出すためにベートーベンのことを「6歳」と偽っており、本人も長らく自分は1772年生まれだと思っていたそうです。

その後、16歳で初めてウィーンを訪れ、モーツァルトとも対面します。最初にピアニストとして、後に作曲家として時代の寵児となり、ルイス・ロックウッド『ベートーヴェン 音楽と生涯』(春秋社)によると、1796年には同世代の中で最も評価される音楽家になりました。

しかし20代後半から徐々に聴覚を失い、30歳頃にはほぼ聞こえなかったと考えられています。ベートーベンは1802年、今日「ハイリゲンシュタットの遺書」として知られる手紙を弟のカールとヨハンに宛てて書き、「人々は自分を頑固で人間嫌いだと噂しているが、そう見えるのには秘密がある」「ここ6年ほど治る見込みのない病(難聴)に侵され、悪化するばかりである」と苦悩を告白しています。さらに、「死後は診断書を書いてもらい、この手紙に添えて周囲の人に見てもらって、多くの人と仲直りできるように」と願っています。

ベートーベンが亡くなったのは、ハイリゲンシュタットの遺書を執筆してから約25年後ですが、その頃は全聾で、胃腸炎や頭痛に悩まされ、重度のうつであったと伝えられています。検死は死亡翌日にヨハン・ヴァーグナー医師によって行われ、肝硬変と聴神経の障害および関連動脈の硬化が記載されます。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)、ニューズウィーク日本版ウェブの本連載をまとめた『ビジネス教養としての最新科学トピックス』(2023年、集英社インターナショナル)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインなど3社対象 EV関

ワールド

ロシアの輸入減、制裁による決済や物流の停滞に起因=

ワールド

英防衛企業、ゼレンスキー氏と協議 ウクライナ支援強

ワールド

仏下院議長にマクロン大統領派が再選、左派に打撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story