コラム

「鑑真が持ってきた36種が今日の漢方薬の源」との研究結果 日本の漢方医学の歴史

2022年11月08日(火)11時20分
漢方

漢方医学の基盤には哲学的な思想と経験の集積がある(写真はイメージです) marilyna-iStock

<岡山大の研究チームによれば、仏教伝来で知られる鑑真は仏典だけでなく、多くの漢方薬や香辛料、医学書を日本に持ってきたという>

現在の日本では、私たちが受ける医療は西洋近代医学が中心です。けれど、東洋医学に基づく漢方薬にも医師によって処方され保険適用されるものがあります。日本は、世界でも稀有な「西洋医学と東洋医学が臨床現場で共存している国」とも言えます。ドラッグストアで風薬を買うときに、天然由来の漢方成分を含むものを「体に優しそうだ」と選択する人もいるでしょう。

漢方薬を使う医学を漢方医学と呼びます。中国で数千年の歴史がある中医学・中医薬が5~6世紀に伝わった後、日本の風土や日本人の体格に合わせて独自に発展しました。江戸時代にはオランダから「蘭方医学(西洋医学)」が伝わったため、中国を意味する「漢」を使って対比する名称になりました。

先ごろ岡山大の研究チームは、「中医学の伝来から数百年後の奈良時代に唐の高僧・鑑真がもたらした漢方薬が、現在、日本で臨床の場で使われている漢方薬の基礎になっている」と、文献調査によって示しました。

日本の漢方薬の歴史を紐解きましょう。

漢方薬と組み合わせレシピを持ち込んだ鑑真

中国医学は、周王朝の時代から約 3000 年の歴史があります。中国医学の最古の書物で哲学や鍼灸について論じられた『黄帝内経』(約2000年前)や、後漢末期に伝染病の治療法などをまとめた『傷寒論』(約1800年前)などが、現代まで伝えられています。古墳時代後期に朝鮮半島を経て日本に伝来した中国医学は、その後も遣隋使や遣唐使により最新の内容に更新されていきます。

今回、岡山大の研究チームが注目したのが、日本への仏教伝来で知られている鑑真の影響です。

鑑真は688年に中国の揚州で生まれました。揚州は揚子江や京杭大運河が通る水運の要の都市で、世界中の物資が集まっていました。その中にはハーブや医薬品もありました。

14歳で得度(僧になること)した鑑真は、この土地で薬の基礎知識や、目だけではなく舌、鼻、指などを使って薬の鑑別をする方法を習得しました。20歳で長安に移ってから、さらに医学や薬学の知識を身につけたとされます。

律宗と天台宗を学んだ鑑真は742年、聖武天皇の命を受けて授戒(「戒」を遵守することを人前で誓う儀式)できる高僧を探していた栄叡、普照らに、「日本に戒律を伝えてほしい」と請われます。当時の日本は、修行を積まずに自分で「出家する」と宣言して僧になり、税金を免れる者が跡を絶たず、聖武天皇は授戒による得度を制度化しようとしていました。

鑑真は弟子に「日本に渡りたいものはいないか」と呼びかけますが、誰もいなかったので自ら渡日することにします。嵐や密告によって5度失敗し、途中で失明もした鑑真が日本への渡海を成功して屋久島に漂着したのは、最初の企てから10年以上経過した753年のことでした。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ブラジル外相、G20会合で国連の機能不全を批判 日

ワールド

米、ICJでイスラエル安全保障の必要性強調

ビジネス

FRB、尚早な利下げに懸念 不確実性強調=議事要旨

ビジネス

FRB、6月利下げ開始との観測変わらず FOMC議
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 3

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 6

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 7

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 8

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 9

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 10

    日独GDP逆転の真相

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story