コラム

「鑑真が持ってきた36種が今日の漢方薬の源」との研究結果 日本の漢方医学の歴史

2022年11月08日(火)11時20分
漢方

漢方医学の基盤には哲学的な思想と経験の集積がある(写真はイメージです) marilyna-iStock

<岡山大の研究チームによれば、仏教伝来で知られる鑑真は仏典だけでなく、多くの漢方薬や香辛料、医学書を日本に持ってきたという>

現在の日本では、私たちが受ける医療は西洋近代医学が中心です。けれど、東洋医学に基づく漢方薬にも医師によって処方され保険適用されるものがあります。日本は、世界でも稀有な「西洋医学と東洋医学が臨床現場で共存している国」とも言えます。ドラッグストアで風薬を買うときに、天然由来の漢方成分を含むものを「体に優しそうだ」と選択する人もいるでしょう。

漢方薬を使う医学を漢方医学と呼びます。中国で数千年の歴史がある中医学・中医薬が5~6世紀に伝わった後、日本の風土や日本人の体格に合わせて独自に発展しました。江戸時代にはオランダから「蘭方医学(西洋医学)」が伝わったため、中国を意味する「漢」を使って対比する名称になりました。

先ごろ岡山大の研究チームは、「中医学の伝来から数百年後の奈良時代に唐の高僧・鑑真がもたらした漢方薬が、現在、日本で臨床の場で使われている漢方薬の基礎になっている」と、文献調査によって示しました。

日本の漢方薬の歴史を紐解きましょう。

漢方薬と組み合わせレシピを持ち込んだ鑑真

中国医学は、周王朝の時代から約 3000 年の歴史があります。中国医学の最古の書物で哲学や鍼灸について論じられた『黄帝内経』(約2000年前)や、後漢末期に伝染病の治療法などをまとめた『傷寒論』(約1800年前)などが、現代まで伝えられています。古墳時代後期に朝鮮半島を経て日本に伝来した中国医学は、その後も遣隋使や遣唐使により最新の内容に更新されていきます。

今回、岡山大の研究チームが注目したのが、日本への仏教伝来で知られている鑑真の影響です。

鑑真は688年に中国の揚州で生まれました。揚州は揚子江や京杭大運河が通る水運の要の都市で、世界中の物資が集まっていました。その中にはハーブや医薬品もありました。

14歳で得度(僧になること)した鑑真は、この土地で薬の基礎知識や、目だけではなく舌、鼻、指などを使って薬の鑑別をする方法を習得しました。20歳で長安に移ってから、さらに医学や薬学の知識を身につけたとされます。

律宗と天台宗を学んだ鑑真は742年、聖武天皇の命を受けて授戒(「戒」を遵守することを人前で誓う儀式)できる高僧を探していた栄叡、普照らに、「日本に戒律を伝えてほしい」と請われます。当時の日本は、修行を積まずに自分で「出家する」と宣言して僧になり、税金を免れる者が跡を絶たず、聖武天皇は授戒による得度を制度化しようとしていました。

鑑真は弟子に「日本に渡りたいものはいないか」と呼びかけますが、誰もいなかったので自ら渡日することにします。嵐や密告によって5度失敗し、途中で失明もした鑑真が日本への渡海を成功して屋久島に漂着したのは、最初の企てから10年以上経過した753年のことでした。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

ビジネス

ステランティス、イリノイ州工場を無期限停止 EVコ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 6

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 9

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 10

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中