コラム

ネコはイヌより薄情? 2021年にわかった、ニャンとも言えない習性

2021年12月28日(火)11時30分

3. 2021年イグノーベル生物学賞は「ネコ語の研究」が受賞

スウェーデン・ルンド大学のスザンヌ・シュッツ氏は、2011年からネコの鳴き声を音響学的に分析しています。一連の研究で、シュッツ氏はネコが13種以上の鳴き声を使い分け、しかも同じ種類の鳴き声でも音の高低や持続時間などで、ヒトに様々な感情を伝えていることを明らかにしました。この研究成果は、2021年イグノーベル生物学賞を受賞しました。

ネコの13種の鳴き声とは、プァーイング (喉をゴロゴロ鳴らす) 、チャーピング (甲高い声を出す) 、チャタリング (口を開閉してカカカと鳴く) 、トリリング (クルルと鳴く) 、ツイードリング (キーキー言う) 、ミャミャイング (ミャーミャーつぶやく) 、ニャーリング (ニャーと鳴く) 、モーニング (うめき声を出す) 、スクィーキング (キュッキュッと鳴く) 、ヒスイング (シューっと鳴く) 、ヨーリング (悲しい声を出す) 、ハウリング (遠吠えのように鳴く) 、グローウィング (ウーッとうなる) です。

シュッツ氏はネコの鳴き声を何百も収集して、鳴き方や周波数などで分類しました。例えば、同じ 「ニャー」 という鳴き声でも、ご飯(エサ)を食べている時と、動物病院で診察を待っている時では違いがありました。音は、周波数の数値が高くなると高音になります。「ニャー」の周波数を測定すると、ご飯を食べている時には上昇傾向、診察を待っている時には下降傾向を示しました。この結果は、有意差(偶然だとは考えにくく、意味があると考えられること)がありました。

さらに、「ご飯タイムのニャー」と「診察前のニャー」の違いを、ネコを飼ったことがある人と飼ったことがない人に聞き分けてもらうテストを行いました。すると、ネコを飼ったことのある人はない人と比べて、高い精度で聞き分けられるという結果になりました。特に「診察前のニャー」は、飼ったことがある人はほぼわかりました。

シュッツ氏は、「ネコはヒトがそばにいる時、状況に応じて『ニャー』を使い分けている可能性があって、ヒトもそのイントネーションなどでネコの言いたいことを識別している可能性がある」と結論付けています。

もっとも、ネコ語解明への道は簡単ではなさそうです。

シュッツ氏は、3匹の飼いネコの538回分の鳴き声を、ヒトの言語学と同じ方法でアプローチしてみました。けれど、「ネコで最も多いのはミャミャイングとニャーリングの組み合わせの発声」ということはわかりましたが、個体差、性別差、イントネーションのばらつきが大きいため、人間と同じ方法では 「ネコ語」を理解するのは難しいとわかりました。

科学技術白書では、イヌと同様に2040年にはヒトとネコも会話できるようになると予想しています。今回紹介した研究からも、ネコとコミュニケーションを取るには、飼い主が愛情を持ってネコの性格や言いたいことを理解してあげることが必要なようです。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:アフリカで深刻化する「生理の貧困」、学校諦め

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

ウクライナ軍、遠方からロシア軍攻撃 前線から離れた

ビジネス

NY外為市場=ドル指数5週間ぶり高値、米利上げ予想

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 5

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    【映像】バルセロナのビーチの魅力を語る観光客の後…

  • 8

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 9

    台湾が誇示した最新鋭戦闘機「F16V」と中国最強の「…

  • 10

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中