コラム

ネコはイヌより薄情? 2021年にわかった、ニャンとも言えない習性

2021年12月28日(火)11時30分

2.ネコは飼い主に不親切な人を嫌わない(イヌは嫌う)

京都大学コンパニオンアニマルマインドプロジェクト(CAMP)の千々岩眸氏らの研究チームは、「ネコは飼い主に対して不親切な人を嫌わない」という研究結果を発表しました。

この研究は、同チームが2015年にイヌに対して行った実験をネコを対象に行ったものです。

実験では、ネコの前で3人が演技をしました。中央に飼い主がいて、何らかのアクションをする応答者と何もしない中立者が両側にいます。飼い主は、ネコにとって価値のない物体を入れた透明の箱のフタを開けようとします。なかなか開けられないので、応答者に助けを求めます。

援助条件では、応答者が箱を支えて助けたおかげで、飼い主はフタを開けて物体を取り出せました。援助拒否条件では、応答者は顔をそむけて援助を拒否しました。その結果、飼い主はフタを開けられませんでした。統制条件では、飼い主は援助を特に求めず、しばらく手を止めました。その間、応答者は理由もなく顔をそむけました。飼い主はこの場合もフタを開けられませんでした。いずれの場合にも、中立者は何もしませんでした。

演技終了後、応答者と中立者は手のひらにおやつをのせてネコに差し出しました。ネコは、応答者、中立者の選り好みをせずにおやつをもらいました。

イヌの場合は、援助条件と統制条件ではイヌは選り好みをしませんでしたが、援助拒否条件では、高頻度で「飼い主に不親切だった」応答者を避けて中立者からおやつを取りました。

つまり、イヌは自分の利益とは関係なくても飼い主に協力的でない場合にはその人物を避けますが、ネコは飼い主に非協力的な人物でも避けないようです。これは、イヌは飼い主を助けた人物に対して好印象を抱いている可能性と、ネコは飼い主を手助けしたか否かでは人物評価をしない可能性を示唆しています。この違いは、イヌが社会的な動物であるいっぽう、ネコは個別に狩りをする動物であることに関係がありそうです。

もっとも、ネコは飼い主自体に無関心というわけではありません。オレゴン州立大学の研究チームは2019年に、「ネコは自分のことを気にしてくれる人に懐く」「ネコは食べ物やおもちゃよりも人間と遊ぶのを好む」と発表しました。

イヌと比べると「構おうとすると逃げる」「あまり懐かない」と思われがちなネコですが、ネコはネコなりの方法でヒトとのコミュニケーションを楽しんでいるようです。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 10

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中