最新記事

社会法則

【まんが】少ない努力で大きな成果を出すのが、80対20の法則

インプットとアウトプットの不均衡な関係を解き明かした法則を、人生やビジネスに応用するために知っておきたいこと(2)

2016年1月15日(金)15時12分

「利益の80%は顧客の20%がもたらす」「仕事の成果の80%は費やした時間の20%から生まれる」――こんな法則について、聞いたことのある人は少なくないだろう。「80対20の法則」あるいは「パレートの法則」という名で知られ、驚きや実感とともに世界中で語り継がれてきた。

 だが、多くの人はこの法則を、なんとなく知ってはいても、理解はしていないのではないか。80対20の法則で大切なのは「世の中そんなもの」と達観することではなく、それを"使う"こと。リチャード・コッチによる『新版 人生を変える80対20の法則』(仁平和夫/高遠裕子訳、CCCメディアハウス)は、この法則を人生やビジネスに応用し、成功を導くためのいわば手引書だ。

 このたび、この世界的ロングセラーがオリジナルストーリーでコミック化されたのを機に、『まんがでわかる 人生を変える80対20の法則』(リチャード・コッチ原作、阪口ナオミ作画、CCCメディアハウス)の「プロローグ」と「第1章」から一部を抜粋し、5回に分けて掲載する。

<*下の画像をクリックするとAmazonのサイトに繋がります>


『まんがでわかる 人生を変える80対20の法則』
 リチャード・コッチ 原作
 阪口ナオミ 作画
 CCCメディアハウス


shin8020_115.jpg
『新版 人生を変える80対20の法則』
 リチャード・コッチ 著
 仁平和夫/高遠裕子 訳
 CCCメディアハウス

※第1回【まんが】80対20の法則は、実は使ってこそ価値がある はこちら

◇ ◇ ◇

天宮美礼(あまみや・みれい)「あ〜もうダメ! 全然、お客が来ないじゃないの」

(みどり)「そりゃ、そうだよ。この世界にはある法則があるんだ。それを無視してちゃ何だってうまくいくはずがない」

美礼「法則?」

「そうだよ。水が低いところに流れたり、地球が太陽の周りを回ったりしているじゃない? それと同じように、人間の経済活動にも法則があるの。その法則に従えば、すべてがうまくいく」

美礼「そんな法則あるはずないじゃない。あったら誰でも成功してお金持ちになって、苦労しないはず。子どもにはわからないわ。みんな成功しようと努力してる。でも成功者は、ほんの一握りなのよ」

「それは、この世界の法則を知らないからだよ。放物線の法則を知らない人が大砲の弾をいくら撃っても当たらないけど、知ってる人なら必ず当てることができる」

美礼「信じられないわ、そんな成功の法則があるなんて......」

80対20の法則とは

 80対20の法則は、あらゆる人、あらゆる組織、あらゆる団体、あらゆる形態の社会が、毎日の生活や仕事の中で利用することができ、また利用すべきものです。この法則を知っていれば、いままでよりはるかに少ない努力で、いままでよりはるかに大きな成果を上げることができるのです。

 個人の場合は、生活が豊かになり、生きる喜びが増します。企業や組織の場合は、利益が増え、効率が上がります。政府や自治体の場合でも、コストを下げながら、公共サービスを質・量ともに改善できるのです。

 この法則は、生活の面でも仕事の面でも効果が実証されています。本書は、この法則を実践した方の幸福と成功への最高の手引きとなり、現代社会のストレスを解消する手助けになることでしょう。

ニュース速報

ワールド

英自爆攻撃、容疑者ネットワークを捜査、リビアで父や

ビジネス

人民元が対ドルで2カ月ぶり高値、主要国有銀がドル売

ビジネス

出口戦略、金利急騰や市場混乱招かないよう進める=岩

ビジネス

米インフレ率の目標未達は深刻な政策ミス=シカゴ連銀

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 6

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 7

    重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をイン…

  • 8

    ベネズエラほぼ内戦状態 政府保管庫には大量の武器

  • 9

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 10

    北朝鮮のサイバー攻撃専門「180部隊」 各国の銀行か…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 5

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 6

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 7

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 8

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 9

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 10

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月