【まんが】80対20の法則は、実は使ってこそ価値がある

インプットとアウトプットの不均衡な関係を解き明かした法則を、人生やビジネスに応用するために知っておきたいこと(1)

2016年1月14日(木)19時20分

「利益の80%は顧客の20%がもたらす」「仕事の成果の80%は費やした時間の20%から生まれる」――こんな法則について、聞いたことのある人は少なくないだろう。「80対20の法則」あるいは「パレートの法則」という名で知られ、驚きや実感とともに世界中で語り継がれてきた。

 だが、多くの人はこの法則を、なんとなく知ってはいても、理解はしていないのではないか。80対20の法則で大切なのは「世の中そんなもの」と達観することではなく、それを"使う"こと。リチャード・コッチによる『新版 人生を変える80対20の法則』(仁平和夫/高遠裕子訳、CCCメディアハウス)は、この法則を人生やビジネスに応用し、成功を導くためのいわば手引書だ。

 このたび、この世界的ロングセラーがオリジナルストーリーでコミック化されたのを機に、『まんがでわかる 人生を変える80対20の法則』(リチャード・コッチ原作、阪口ナオミ作画、CCCメディアハウス)の「プロローグ」と「第1章」から一部を抜粋し、5回に分けて掲載する。

<*下の画像をクリックするとAmazonのサイトに繋がります>


『まんがでわかる 人生を変える80対20の法則』
 リチャード・コッチ 原作
 阪口ナオミ 作画
 CCCメディアハウス

shin8020_115.jpg
『新版 人生を変える80対20の法則』
 リチャード・コッチ 著
 仁平和夫/高遠裕子 訳
 CCCメディアハウス

◇ ◇ ◇

manga80vs20_08.jpg

ニュース速報

ビジネス

明治安田生命、円高局面でオープン外債積み増し=17

ビジネス

新日鉄住金、スペースワールド跡地利用でイオンモール

ビジネス

クレジット資産に3年で2兆円、外貨建て事業債投資を

ワールド

オバマケア補助金停止なら政府の負担23億ドル増加=

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 3

    ヘンリー王子が心の問題を告白 その背景にあるものとは

  • 4

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 5

    フランス大統領選、マクロンとルペンの決選投票へ

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    トランプ、日中首脳と電話会談 25日の北朝鮮軍創建…

  • 8

    フランス大統領選決選投票、ルペンは「手ごわく危険…

  • 9

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 10

    北朝鮮、米原子力空母攻撃の用意ある=労働党機関紙

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 5

    北朝鮮「米行動なら全面戦争」、米ペンス副大統領は…

  • 6

    北朝鮮は戦争をしたいのか?したくないのか?

  • 7

    オバマ政権は北朝鮮ミサイル実験をサイバー攻撃で妨…

  • 8

    ISISの終わりが見えた

  • 9

    中国は米国に付くと北朝鮮を脅したか?――米朝戦争に…

  • 10

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ユナイテッド機の引きずり出し事件に中国人激怒、の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月