Special Issue 別冊・ムック紹介
『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内
2023年3月30日発売

世界の最新医療2023

2023年3月30日発売 / 定価990円(本体900円)

病気の克服という挑戦はどこまで進んでいるのか

TOPICS
最新医療トピックス
傷も苦痛もないがん治療時代へ
癌細胞に近づくまでは「マスク」を外さない
ゲノム編集で癌細胞を狙い撃つ
悪性腫瘍を「キラーウイルス」で攻撃
mRNAワクチン技術が癌を慢性病に変える日
50種類もの癌を洗い出すMCEDは早期発見の救世主か
心臓病と正しく賢く付き合う方法
男性の寿命に影響? Y染色体の減少で心不全リスクが増大
成長で進行する「漏斗胸」 子供への最適な治療とは
透析患者の負担を減らす新たな選択肢とは
肝臓の自己再生能力を信じて
ミニ脳が創薬に革命をもたらす
 
RESEARCH & TECHNOLOGY
最先端の研究・医療技術
抗体誘導ペプチドが医療を変える
口の中を3Dデータ化して正確で安全な歯科矯正
インプラントで注目される「オールオン4」の実力
手術の質を左右する最新麻酔技術
病気から目の黄斑を守る5つの方法
姿勢の悪さと腰痛は無関係
睡眠障害の治療で認知力も改善
アルツハイマー病の10の兆候
太りすぎと糖尿病を招く意外な大敵が明らかに
PREVENTION & CARE
予防とリハビリの最前線
認知症予防のため普段からできること
肌のチェックで隠れた病気が分かる
不安の時代に拡大する不安症治療の最前線
健康的な体重を維持する理想の代謝を求めて
放っておくと命取りに 危ない高血圧の基礎知識
ポストコロナの心の症状に対処する新しい処方箋
「万病のもと」歯周病を軽く見てはいけない理由
広がる「いびき治療」の選択肢
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 4

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 5

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 6

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    低すぎる出生率で迷走...中国政府は「中絶禁止」に向…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 8

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 9

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 10

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    「誰かが嘘をついている」――米メディアは大谷翔平の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中