コラム

ダッカ事件「私は日本人だ」の訴えを無にするな

2016年07月07日(木)11時36分

Toru Hanai-REUTERS

<親日国バングラデシュの首都で起こり、日本人7人が亡くなったレストラン襲撃事件。「私は日本人だ。撃たないでくれ」との懇願は間違いだったのか。日本が今、ISと戦争状態にあることは理解しなければならない。しかし、「力でつぶすしかない」と考えるのではなく、テロの正当性を論理的に崩していく努力が欠かせない> (写真は7月4日、無念の帰国を遂げた日本人犠牲者の遺体)

 7月1日、バングラデシュの首都ダッカ中心部のレストランがイスラム武装過激派に襲撃され、日本人7人を含む22人が殺害された。日本人が犠牲になり、それも刃物によって殺害されたということで、日本に衝撃を与えた。現地の目撃情報として日本人男性が「私は日本人だ。撃たないでくれ」と懇願したという話が伝わり、「日本人が狙われた」という反応ともなっている。

「私は日本人だ」と訴えた日本人の気持ちはよく分かる。私もその場にいたら、そう叫ぶだろう。そう叫んだ日本人のことをSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、「日本人だから撃たれないというのは傲慢だ」「いま日本人は狙われるのを知らないのか」などと評している言葉を見ると、多分、中東や南アジアのイスラム世界に住んだことがない人だろうと考える。

 私はバングラデシュに行ったことはないが、日本に来ている外国人イスラム教徒の取材をした時に、日本で中古車ビジネスをしているバングラデシュ人のイスラム教徒に何人か話を聞いたことがある。親日的で、穏やかな人たちだった。その後、ドバイの経済状況を取材した時に、その時のつながりを思い出して連絡したら、ドバイで日本から送られて来た中古車の仲介をする業者を紹介してもらった。ドバイでも親切に対応してもらった。

 中東に住んでみると、日本人ということでみな親切にしてくれる。驚くほど親日的である。バングラデシュも親日的な国である。そこでの支援事業に関わっている日本人であれば、バングラデシュ人から日本人が敵意を持たれることなど想像もつかないだろう。

 私は長年、中東の国々で取材してきた。都市部だけでなく、情勢が不安定な地方都市や町や村を訪れることも少なくないが、初めて訪れた場所で、日本人ということで歓迎されたことはあっても、反発されたり、敵視されたりした記憶はない。イラク戦争後のイラクのスンニ派地域で米軍攻撃が始まった後も、米軍による占領の実態について人々のインタビューを続けたが、身の危険を感じることはなかった。

 イラクで米軍攻撃をしている地元の反米武装組織の関係者にインタビューしたことがある。イラク南部のサマワに駐留していた陸上自衛隊について、「日本の部隊が米軍を助けるためにイラクに来ていることを認めることはできない。しかし、日本の部隊は戦争をするために来ているのではなく、復興支援のために来ているので攻撃はしない」と語った。反米武装組織と言えば粗暴で野蛮な人々を想像するかもしれないが、指導的な人物は、大学の講師や技術者というようなインテリである。

 イラクが日本人にとって危険になるのは、現在の「イスラム国(IS)」につながるアルカイダ系組織が日本人を含む外国人を拉致し、殺害し始めてからである。アルカイダの指導者だったビンラディンもイラク戦争を支持した国として日本を敵に認定した。ISはアルカイダの流れもくむ組織であり、日本を米国と同様に敵視する。2013年1月にアルジェリア南部での天然ガスプラントが武装した集団に襲撃され、日本人技術者10人を含む30人以上の人質が殺害された事件も、アルカイダ系組織だった。ダッカ事件と同様に、武装集団は現地のイスラム教徒を解放したが、日本人を殺害した。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

為替円安、今の段階では「マイナス面が懸念される」=

ビジネス

AI集約型業種、生産性が急速に向上=PwCリポート

ビジネス

FDIC総裁が辞意、組織内のセクハラなど責任追及の

ワールド

トランプ氏大口献金者メロン氏、無所属ケネディ氏に追
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 10

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 9

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story