コラム

大人になりたくない!?日本人と年齢の不思議

2014年02月04日(火)10時25分

今週のコラムニスト:スティーブン・ウォルシュ

[1月28日号掲載]

 日本人は年齢に特別な関心があるらしい──初めて日本人と知り合ったとき、そんな印象を感じる欧米人は少なくない。欧米では、相手に年齢を聞くのは時として失礼な行為と見なされるし、そもそも職業や出身地、興味の対象、価値観などと違って、どうでもいいことだと思われている。だから、年齢を重視する日本人がよく理解できない。

 とはいえ、考えてみれば年齢を重視する日本の慣習は実に理にかなっている。欧米では普通、会社での地位は年齢ではなく能力や実績に基づいて決まる。しかしこうした評価は相対的なものであり、どうにでも解釈できる。そのため意見の相違や対立、混乱が生じかねない。

 一方、日本では年齢はその人の地位を知る重要な手掛かりになる。年齢は誰も異議を唱えられない客観的データだ。それに基づいて地位を定めれば、欧米のやり方で生じるような対立を避けられる。その結果、「和」が保たれていくというわけだ。

 20歳になる若者が大人になったことを一斉に祝う成人の日にも、欧米人は興味をそそられる(まるで毎年同じ日に1歳年を取る競走馬のようだ!)。私も成人式が大好きだ。華やかな着物に身を包んでぎこちなく歩く若い女性や、おしゃれなスーツやはかまを着た若い男性の晴れやかな姿を見て、いつも楽しい気持ちになる(ただ最近は、男性のほうが女性よりヘアスタイルに時間とカネを掛けているんじゃないかと思ったりもするが)。

 とはいえ、成人の日にはもっと重要な意味がある。この日を迎えた若者は親や国の管理下を離れ、自分で責任を持って生きられる大人に成長したと考えられる。

 どんな社会も若者を守ろうとするものだが、とりわけ日本は親や社会が若者をできるだけ長く安全な管理下に置こうとするように思える。一方、欧米では早くから子供が大人の世界に踏み出す時に備え、そこで生き抜く手段や経験を与えようとする。私の母国イギリスでは、オーストリアやキューバのように16歳から選挙権を与えることが検討されている。

■年齢引き下げにますます消極的

 18歳になっても選挙で投票できない国は世界192カ国中わずか22カ国で、日本もその1つ。国連の「児童の権利に関する条約」では、18歳未満が児童と定義されており、18歳からは立派な大人と見なされる。しかし日本の場合、大人としての社会的責任を負うのは20歳からだ。

 日本政府も民主主義国家の国際標準に合わせようと、選挙権年齢の引き下げを議論してきた。その場合、飲酒や馬券の購入、親の同意なしの契約を認める年齢をどうするか、という問題もあるが、この問題をめぐる改革が一向に進んでこなかったのは、主に自民党内の慎重論や無関心のせいだ。若い有権者が増えれば、古くからの支持者に頼る自民党を揺るがすことになる。

 残念ながら、最近は成人年齢をめぐる改革の動きがますます鈍くなっている。昨年末に内閣府が発表した世論調査では、成人年齢を現行の20歳から18歳にすることに69%が反対。賛成は約26%だった。この問題そのものについても29・6%が「関心がない」と答え、08年の前回調査を5・6ポイント上回った。

 私は毎年、成人の日を楽しみにしているが、一方で年齢がらみの気に入らないイベントもある。還暦だ。私もその年齢に近づきつつあるが、60歳になった記念に赤い頭巾とちゃんちゃんこを着せられて、写真館で写真を撮るなんて風習はなくしてほしい。そもそも私にそんな格好が似合うわけがない。

 私の子供やイギリスの友人は、還暦の衣装を身に着けた私の写真を見て大笑いするチャンスを心待ちにしているに違いない。しかし成人の日を迎えて喜ぶ日本の若者たちと違って、私はそんな自分の写真をとても笑顔では見られない!

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ビジネス

政府・日銀、英EU離脱で幹部会合 財務官「新たな均

ビジネス

ロッテ株主総会、現経営陣刷新案を否決 長男側は臨時

ワールド

アングル:北朝鮮ミサイル開発にみる金正恩氏の「鉄の

ビジネス

米国株が大幅反落、英EU離脱の不意打ちで

MAGAZINE

特集:英国はどこへ行く?

2016-6・28号(6/21発売)

EU離脱の是非を問うイギリス国民投票はいかに──。統合の理念が揺らぐ欧州と英国を待つ未来

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  2. 2

    もし第3次世界大戦が起こったら

  3. 3

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  4. 4

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  7. 7

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  8. 8

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  9. 9

    あらゆる抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」、アメリカで初の感染が見つかる

    ペンシルバニア州に住む49歳の女性から発見…

  10. 10

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  6. 6

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  7. 7

    美学はどこへ行った?(1):思想・哲学・理論

    <現代アートの国際展は、思想や哲学にインスパイアさ…

  8. 8

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  9. 9

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  10. 10

    グラフでわかる、当面「円高」が避けられないただ1つの理由

    〔ここに注目〕物価 為替市場において円高が…

  1. 1

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  2. 2

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  3. 3

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  4. 4

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  5. 5

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

  6. 6

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  7. 7

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  8. 8

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  9. 9

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  10. 10

    クリントン氏優位保つ、トランプ氏と支持率11ポイント差=調査

    ロイター/イプソスが実施した最新の世論調査に…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう