コラム

尖閣騒ぎを大きくした真犯人は誰だ?

2012年09月17日(月)09時00分

今週のコラムニスト:李小牧

〔9月12日号掲載〕

 路上だけでなく、大通りに面したあらゆるビルから人々が熱狂的な声援を上げる──。思わず、文化大革命を発動した毛沢東が天安門広場に100万人の紅衛兵を集め、接見したときの様子を思い出した。ただ、私が今回目にしたのは文革のような政治運動ではない。ロンドン・オリンピックから帰国した日本人選手たちの銀座パレードだ。

 銀座の沿道に集まったのは50万人。熱狂的という点で2つの「集会」は似ているが、中国人が声援を送ったのは、後に国中を大混乱に陥れた指導者。一方、日本のパレードの主役は平和の祭典でメダルを獲得したヒーローやヒロインたちだ。もちろん時代も国の事情も違う。だから、これで平和的な日本が優れていて、政治運動に狂った中国が劣っているなどと言うことはできない......はずだった。

 そんな折、先日の尖閣諸島への香港活動家の上陸騒ぎをきっかけに、中国全土の20都市以上でデモが行われた。興奮した一部の参加者は日本料理店のガラスを割ったり、日本車をひっくり返す暴力行為に及んだ。

 勘違いしないでほしいが、私はデモそのものに反対しているわけでない。正常なデモは民主主義の基本だし、あの中国憲法でさえデモの自由を認めている。たとえそれが「反日」であっても、平和的に自分たちの政治的主張を訴えるデモを私は支持する。ただし暴力は別だ。

 今回のデモで特徴的だったのは、かなりの横断幕に毛沢東の肖像が描かれていたこと。文革のときに全土で暴力を振るった紅衛兵を気取っていたのかもしれない。まったく無関係な日本車や日本料理店(しかも所有者は中国人だ)を壊して気勢を上げるなんて、歌舞伎町のヤクザでもそんな恥ずかしいことはしない。

 ただ、もちろん今回の問題は中国人だけが悪いわけでもない。尖閣諸島を買うと突然ぶち上げた石原慎太郎都知事や、それを聞くと慌てて国が買うと言いだした民主党政権にも、不必要に中国人の怒りをたき付けた点で責任がある。

■知日派が果たすべき「責務」とは

 政治家だけではない。騒ぎの直前には、ジャーナリストも不必要に中国人の怒りを買った。その1人が、在日中国人の先輩で保守系メディアに寄稿する石平(シー・ピン)氏だ。

 石氏は産経新聞に書いた「『尖閣開戦』できない 中国海軍、日本の海保・海自に及ばず」というコラムの中で、中国の軍人が「今の中国海軍は日本の海保、海自の実力に及ばない」と発言したことを受けて、「今の中国政府は(中略)本格的な強硬姿勢はなかなか取りにくい。日本にとってチャンスはまさに今なのである」と、日本人をたき付けた。

「日本にとってチャンス」──中国の不利を利用して日本が戦争を仕掛けるべきだ、とも読める内容だ。中国を忌み嫌う日本人の留飲を下げること請け合いのこの記事は、案の定中国人ネットユーザーの怒りを買った。今回のデモ参加者の中には、石氏の記事の中国語訳を読んだ人もいたかもしれない。

 今回の騒動後、中国のマイクロブログで、あるユーザーは私に「在日中国人は釣魚島(尖閣諸島の中国名)に上陸した右翼議員に抗議デモをせよ!」と呼び掛けた。

 私はもちろんデモの自由は否定しないし、必要があれば参加もする。ただ在日中国人こそ、この問題の最大の被害者だ。トラブルになれば、せっかく日本に留学した学生の就職先は減る。両国の実情を誰より知るわれわれ在日中国人がデモをしないことが、この問題の本質を何より物語っている。要は日中ともに、実際の生活には何の関係もない人々が暇つぶし的に、あるいは自分の政治的利益のために騒いでいるだけなのだ。

 尖閣諸島を「世界人民が誰でも上陸できる大『風俗島』にせよ!」というデモなら喜んで参加するが(笑)。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

豪中銀、7日は金利据え置きの公算 輸出の力強い回復

ワールド

溺れた赤ちゃん写真、地中海における難民の悲劇浮き彫

ワールド

お知らせ:重複記事を削除します

ワールド

仏大統領、労働法改正案を撤回しない意向=現地紙

MAGAZINE

特集:中国 方向転換を迫られる巨龍の行方

2016-6・ 7号(5/31発売)

この40年近く成長を謳歌してきた中国が直面する内憂外患。政治、経済、外交で岐路に立つ習近平政権はどう舵を切るのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    「オバマ大統領27日広島訪問、原爆投下謝罪せず」ホワイトハウスが発表

    伊勢志摩サミットで来日時に現職の米大統領として…

  2. 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  3. 3

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  4. 4

    荒れる米大統領選の意外な「本命」はオバマ

    共和党の醜い舌戦のおかげで人気回復のオバマがい…

  5. 5

    サンダースが敗北を認めない民主党の異常事態

  6. 6

    米大統領選挙、「クリントンなら安心」の落とし穴

    アウトサイダー待望論が吹き荒れるなか消去法で当…

  7. 7

    歴史を反省せずに50年、習近平の文化大革命が始まった

  8. 8

    【動画】ドローンを使ったマグロの一本釣りが話題に

  9. 9

    全国の企業で遅れるエアコン点検義務への対応

    担当者も対象機種や具体的な実務を理解していない…

  10. 10

    行動経済学はマーケティングの「万能酸」になる

  1. 1

    オバマ大統領の広島訪問が、直前まで発表できない理由

    ジョン・ケリー米国務長官は今月11日、G7外…

  2. 2

    安倍首相の真珠湾献花、ベストのタイミングはいつか?

    <オバマ米大統領の広島訪問に対応する形で、安倍…

  3. 3

    中国が文革の悪夢を葬り去れない理由

    今年で文化大革命が始まって50年だが、中国政府は…

  4. 4

    現実味を帯びてきた、大統領選「ヒラリー対トランプ」の最悪シナリオ

    共和党に2カ月遅れて、民主党もようやく今週1…

  5. 5

    「ケリー広島献花」を受け止められなかったアメリカ

    今週11日、G7外相会議で広島を訪れたアメリ…

  6. 6

    パナマ文書問題、日本の資産家は本当に税金逃れをしているのか?

    〔ここに注目〕日本の企業活動、税法の特徴…

  7. 7

    伊勢志摩サミット、日本文化の真髄として伊勢神宮の紹介を

    首相夫人の安倍昭恵氏が先月末に三重県を訪れ、…

  8. 8

    共和党と民主党どこが違う

    米大統領選挙は共和党、民主党いずれも党大会を…

  9. 9

    AI時代到来「それでも仕事はなくならない」...んなわけねーだろ

    「AIやロボットが人間の仕事を奪うようになる」とい…

  10. 10

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  1. 1

    米テキサス州、地震急増の原因はシェール採掘か=研究

    米テキサス大学オースティン校の地質学者クリフ…

  2. 2

    中国戦闘機2機が米機に異常接近、南シナ海上空で=米国防総省

    米国防総省は、南シナ海上空で17日、中国軍の…

  3. 3

    パリ発のエジプト航空機が消息絶つ、海に墜落か 66人搭乗

    エジプト航空の乗員・乗客66人を乗せたパリ発…

  4. 4

    米テスラ、株式発行などで2200億円調達へ 「モデル3」開発加速で

    米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モータ…

  5. 5

    行儀悪い売り方やめた、「白物家電の二の舞い」懸念=スズキ会長

    スズキの鈴木修会長は10日に開いた決算会見で…

  6. 6

    訂正:三菱自の燃費不正は経営陣の圧力 国交省、スズキには再報告要請

    会見内容などを追加しました[東京 18日 ロイ…

  7. 7

    訂正:三菱自、相川社長が6月引責辞任 益子会長は新体制発足まで続投

    三菱自動車は18日、相川哲郎社長と中尾龍吾副…

  8. 8

    焦点:南シナ海仲裁裁判に台湾が横やり、裁定遅延の恐れも

    台湾の当局に近い団体が、南シナ海の領有権をめ…

  9. 9

    ECB追加措置の検討は秋に、必要なら新規買入可能=リトアニア中銀総裁

    リトアニア中央銀行のバシリアウスカス総裁は、…

  10. 10

    インタビュー:トランプ氏、核阻止へ金正恩氏との会談に前向き

    米大統領選で共和党候補指名を確実にしたドナル…

Newsweek特別試写会2016初夏「疑惑のチャンピオン」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

パックンが広島で考えたこと

辣椒(ラージャオ、王立銘)

中国が文革の悪夢を葬り去れない理由