コラム

尖閣騒ぎを大きくした真犯人は誰だ?

2012年09月17日(月)09時00分

今週のコラムニスト:李小牧

〔9月12日号掲載〕

 路上だけでなく、大通りに面したあらゆるビルから人々が熱狂的な声援を上げる──。思わず、文化大革命を発動した毛沢東が天安門広場に100万人の紅衛兵を集め、接見したときの様子を思い出した。ただ、私が今回目にしたのは文革のような政治運動ではない。ロンドン・オリンピックから帰国した日本人選手たちの銀座パレードだ。

 銀座の沿道に集まったのは50万人。熱狂的という点で2つの「集会」は似ているが、中国人が声援を送ったのは、後に国中を大混乱に陥れた指導者。一方、日本のパレードの主役は平和の祭典でメダルを獲得したヒーローやヒロインたちだ。もちろん時代も国の事情も違う。だから、これで平和的な日本が優れていて、政治運動に狂った中国が劣っているなどと言うことはできない......はずだった。

 そんな折、先日の尖閣諸島への香港活動家の上陸騒ぎをきっかけに、中国全土の20都市以上でデモが行われた。興奮した一部の参加者は日本料理店のガラスを割ったり、日本車をひっくり返す暴力行為に及んだ。

 勘違いしないでほしいが、私はデモそのものに反対しているわけでない。正常なデモは民主主義の基本だし、あの中国憲法でさえデモの自由を認めている。たとえそれが「反日」であっても、平和的に自分たちの政治的主張を訴えるデモを私は支持する。ただし暴力は別だ。

 今回のデモで特徴的だったのは、かなりの横断幕に毛沢東の肖像が描かれていたこと。文革のときに全土で暴力を振るった紅衛兵を気取っていたのかもしれない。まったく無関係な日本車や日本料理店(しかも所有者は中国人だ)を壊して気勢を上げるなんて、歌舞伎町のヤクザでもそんな恥ずかしいことはしない。

 ただ、もちろん今回の問題は中国人だけが悪いわけでもない。尖閣諸島を買うと突然ぶち上げた石原慎太郎都知事や、それを聞くと慌てて国が買うと言いだした民主党政権にも、不必要に中国人の怒りをたき付けた点で責任がある。

■知日派が果たすべき「責務」とは

 政治家だけではない。騒ぎの直前には、ジャーナリストも不必要に中国人の怒りを買った。その1人が、在日中国人の先輩で保守系メディアに寄稿する石平(シー・ピン)氏だ。

 石氏は産経新聞に書いた「『尖閣開戦』できない 中国海軍、日本の海保・海自に及ばず」というコラムの中で、中国の軍人が「今の中国海軍は日本の海保、海自の実力に及ばない」と発言したことを受けて、「今の中国政府は(中略)本格的な強硬姿勢はなかなか取りにくい。日本にとってチャンスはまさに今なのである」と、日本人をたき付けた。

「日本にとってチャンス」──中国の不利を利用して日本が戦争を仕掛けるべきだ、とも読める内容だ。中国を忌み嫌う日本人の留飲を下げること請け合いのこの記事は、案の定中国人ネットユーザーの怒りを買った。今回のデモ参加者の中には、石氏の記事の中国語訳を読んだ人もいたかもしれない。

 今回の騒動後、中国のマイクロブログで、あるユーザーは私に「在日中国人は釣魚島(尖閣諸島の中国名)に上陸した右翼議員に抗議デモをせよ!」と呼び掛けた。

 私はもちろんデモの自由は否定しないし、必要があれば参加もする。ただ在日中国人こそ、この問題の最大の被害者だ。トラブルになれば、せっかく日本に留学した学生の就職先は減る。両国の実情を誰より知るわれわれ在日中国人がデモをしないことが、この問題の本質を何より物語っている。要は日中ともに、実際の生活には何の関係もない人々が暇つぶし的に、あるいは自分の政治的利益のために騒いでいるだけなのだ。

 尖閣諸島を「世界人民が誰でも上陸できる大『風俗島』にせよ!」というデモなら喜んで参加するが(笑)。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、日本のEEZ外にすでに落下か

ビジネス

中国人民銀、設備更新支援へ再融資制度を開始 276

ワールド

日・スリランカ首脳、債務再編の重要性で一致

ビジネス

英財務相が銀行にポンド売り抑制求めるとの報道、当局

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中