コラム

「日韓対決」なんてもうこりごり!

2010年03月02日(火)18時10分

今週のコラムニスト:コン・ヨンソク

 記憶に残る熱戦が繰り広げられたバンクーバーオリンピックが幕を閉じた。日本のメディアはお決まりの「感動をありがとう」という言葉で大会を締めくくったが、僕は正直、「終わってくれてありがとう」だ。

 というのも、近年何かと日韓対決が多すぎる。昨年のこの時期はWBCの壮絶な戦いがあり、その後、米女子ゴルフツアーでは宮里藍とシン・ジエの賞金王争い、バレーボールの日韓戦、秋からはフィギュアシーズン、そして、2月14日にはライバル対決の元祖・サッカー日韓戦があった。

 宿敵とされ、常に日本の世界への前途に立ちはだかる「憎き」「赤い壁」韓国。「日本が韓国に負けてはならない」というより、「韓国が日本に勝ってはいけない」かのように報じる日本のメディア。日本に住む韓国人としては、つらい日々が続く。僕でも嫌気がさしているのだから、かみさんが日本に住むのが嫌になりホームシックにかかるのも無理はない。

 以前は、日韓戦はサッカー専用だったが、いまや、スポーツだけでなくあらゆる分野で韓国が力をつけ、日本のお株を奪い、お家芸を侵食するようになり、日韓は「宿命のライバル」になってしまった。日本に住む韓国人として、「韓国が強くなりすぎてゴメンナサイ」とでもいえば、許してもらえるのだろうか。

 仮に今回の女子フィギュア・スケートで、浅田真央が韓国人ではなく欧米人に負けたのであれば、これほどまでに採点基準に文句をつけたり、「技術力」にこだわっただろうか? やり場のない憤りはどこから来ているのか冷静に考える必要がある。真央はトリプルアクセルにこだわり、他のスケーターは自分に合った演技を極めればいいだけの話だ。

 とはいえ、キム・ヨナと浅田真央のライバル対決は、日韓がしのぎを削れば、高いとばかり思っていた「世界の壁」を乗り越えるばかりが、日韓が「世界」になることが可能だと示してくれた歴史的快挙でもあった。

■ソウル駅でも真央への拍手が

 日韓の報道もこれまでの日韓対決とは趣を異にし、比較的ライバルの2人へ関心と敬意が払われていたといえる。NHKの浅田真央スペシャルは見方によっては、キム・ヨナスペシャルでもあったし、テレビ東京のエキシビションの中継の際、日本人選手と同様にヨナのプログラムでも、画面を隠す地図入り津波情報が消えていた。双方でヨナと真央いうファーストネームが定着し、ソウル駅のテレビ前でも真央の演技を称える拍手が起きた。

 もちろん、日本の男性キャスターに特徴的だが、何としても真央の負けを認めたくない、優位を確認したい心理も見え隠れした。その結果、論調は真央のトリプルアクセルと技術力に収斂していった。高難度の大技に果敢にチャレンジする真央vs「妖艶さ」「表現力」、そして「プログラム」「コーチ」で優位に立つヨナという図式だ。

 しかし、プロの解説者が公平に指摘する通り、トリプルアクセルだけが技術力のすべてではなく、3回転ジャンプを続けてきれいに跳ぶことも高い技術力を要する。それが簡単ならば、他の選手も容易に得点を稼げていたであろう。

 ある男性キャスターは、(トリプルアクセルを跳ばなければ)アイスダンスになっていくとまで言った。ヨナのあのプログラムをアイスダンスと呼んだら、それは荒川静香やミキティを含めたすべてのフィギュア・スケーターたちに対する侮辱だ。

 このような過度の技術力へのこだわりはどこから来ているのだろうか? 僕には、同時進行で行われたトヨタのアメリカでの公聴会とダブってみえた。絶対的信頼と自信を誇っていた「日本の技術力」に陰りが見え始めたと捉えかねられない事態に対して、トヨタの過失を認めたくなく、アメリカの陰謀だと思いたい心情が、真央のトリプルアクセルへの執着に拍車をかけたのではないだろうか?

 真央はその不安を払しょくするかのように、見事に3回とも成功させたので、日本の技術力の優秀さは証明できたのかもしれない。しかし一方で、エキシビションの際、中国ペアの技術力溢れる演技に対して解説者は、「アクロバット」という表現を使った。技術力はあくまで日本の専有物にしたいのだろうか。

■「韓国人はみんな大喜び」は幻想

 トリプルアクセルだけを特別視する見方では、真央に金メダルをとらせることは可能かもしれないが、それは日本のフィギュア・スケート界全体にとっていいことなのだろうか。高橋大輔、安藤美姫いずれも表現力が高く評価されているスケーターだ。きめ細かい技術に完成度の高いジャンプと表現力を含めた総合力で勝負するヨナのスケートこそ、日本のスケーターの模範になるのではないだろうか?

 それに、トリプルアクセルが日本の技術力の象徴とされてしまい、これから4年間、数千回トリプルアクセルを跳ばなければならなくなった真央の体は果たして大丈夫だろうか。

 いつか真央が世界一になる日も来るだろう。だけど、これだけは自信をもって言える。真央の人生は変わっても、あなたの生活は何も変わらない。テレビ局やスポンサーは大喜びだろうが、誰もあなたにかけそば一杯ごちそうしてはくれない。祭りの後、たまった仕事をこなしながらこのコラムをせっせと書いている僕のように、そのうち感動も薄れていくだろう。そして、いつか負ける日を心のどこかで恐れて生きるだろう。

 そう、ヨナが勝っても韓国人の僕の人生は何も変わらない。韓国人はみんな大喜びというのも幻想だ。ネチズンの中には、ヨナに寄付を促す声や、ヨナが勝っても生活は変わらないのに、ヨナのことばかりでもう飽き飽きだという声もある。極めて健全だ。

 僕の家庭の安寧のためにも、日韓対決はもうこりごりだ。何でも日韓戦の図式に持っていくのはやめてくれ!もちろん、韓国に住む日本人も同様の苦痛を味わっているだろう。「世界」になるために(またはそれを確認するために)、国を挙げてこれほどヘビーな日韓対決を繰り返さないといけないのかと思うと、あの議員の言葉が心にしみる。

「2位じゃダメなんでしょうか?」

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    トランプの強気が招く偶発的核戦争

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    北朝鮮、オーストラリア議会などに書簡「米国からの…

  • 9

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 10

    ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!