遠藤誉


中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授、理学博士
1941年中国生まれ。中国革命戦を経験し1953年に日本帰国。中国問題グローバル研究所所長。筑波大学名誉教授、理学博士。中国社会科学院社会学研究所客員研究員・教授などを歴任。著書に『ポストコロナの米中覇権とデジタル人民元』、『激突!遠藤vs田原 日中と習近平国賓』、『米中貿易戦争の裏側 東アジアの地殻変動を読み解く』,『「中国製造2025」の衝撃 習近平はいま何を目論んでいるのか』、『毛沢東 日本軍と共謀した男』、『卡子(チャーズ) 中国建国の残火』、『ネット大国中国 言論をめぐる攻防』、『中国がシリコンバレーとつながるとき』など多数。

中国

米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたいアメリカの修復力

2021.01.10
中国

ほぼ「無理心中」計画:香港民主派前議員大量逮捕の背景

2021.01.07
中国

中国大手IT企業の独禁法違反処分はTPP11参加へのアピール

2020.12.16
中国

中国輸出管理法――日本がレアアース規制対象となる可能性は低い

2020.12.04
中国

日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

2020.11.30

中国TPP参加表明の本気度――中国側を単独取材

2020.11.28
中国

中国TPP参加意欲は以前から──米政権の空白を狙ったのではない

2020.11.23
中国

RCEP締結に習近平「高笑い」──トランプ政権の遺産

2020.11.20
中国

中国はトランプ再選を願っている

2020.10.24
中国

「千人計画」の真相――習近平の軍民融合戦略で変容

2020.10.22
中国

習近平の軍民融合戦略と、それを見抜けなかった日本

2020.10.20
中国

中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

2020.10.19
中国

父・習仲勲の執念 深セン経済特区40周年記念に習近平出席

2020.10.17
中国

「日本学術会議と中国科学技術協会」協力の陰に中国ハイテク国家戦略「中国製造2025」

2020.10.10
中国

「習近平vs.李克強の権力闘争」という夢物語_その2

2020.09.01
中国

「習近平vs.李克強の権力闘争」という夢物語_その1

2020.09.01
中国

安倍首相辞任表明、中国共産党系メディア「日米を離間させ、日本を取り込め!」

2020.08.31
中国

習近平訪韓予定の狙いはむしろ日本

2020.08.26
中国

中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

2020.08.20
香港

日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と保釈

2020.08.13

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月