World Voice

powerd_by_nw

オーストラリアの診察室から

高尾康端|オーストラリア

オーストラリアのニューイヤー

LeoPatrizi-ISTOCK

オーストラリアではお正月よりクリスマスに家族で集まります。多くの企業はクリスマスの前の週から夏休みに入り、1月の最初の週まで休業しています。
オーストラリアの年末年始のイベントと言えば新年の花火です。シドニーの新年の花火は世界的に有名で、毎年テレビなどでも放送されます。ブリスベンでもシドニーほどではありませんが、新年の花火があります。

iStock-458257293-nevereverro.jpg
nevereverro-ISTOCK

ブリスベンの中心で行われる花火は例年ですと10万人ほどの人が訪れますが、今年は11月の時点でイベントの中止が決定されました。クイーンズランド州の小さな地方都市などでは花火が行われる予定のようです。ビクトリア州の都市メルボルンでも例年ですと新年の花火がありますが、こちらもすでに中止されています。

シドニーはコロナの市中感染が続いていますが、花火は開催されるようです。シドニーの花火はノーザンビーチのクラスターが発生する前は、最前線で戦っている医療関係者、教育関係者、消防・救急隊員などが特等席で花火を見れるようにするとの計画もあったようです。しかし、今のクラスターの中ではリスクが高すぎるためすぐにこの計画は取りやめになりました。ノーザンビーチで始まったクラスターはいまだに増え続けています。コロナウィルスの市中感染の数は12月16日から12月27日の間139件まで増えました。そして25以上の地域でコロナの市中感染が見つかっています。多くはノーザンビーチのクラスターとの関連が認められていますが、いくつか感染ルートがまだわからないケースもあります。

今年シドニーでのニューイヤー花火をまじかで見られるのは、花火を見るためのレストランの高価な予約をした人だけです。シドニー近郊に住んでいる人は家に5人までのゲストを呼べますが、シドニーの市中心部に入るには特別な州政府の許可証が必要です。花火観賞エリア周辺はいくつかのゾーンに分けられ、バリケードなど設置されるようです。多くの警察官が導入され警備にあたるようです。

iStock-1196942344-Caroline Brundle Bugge.jpg
2019シドニーの花火の人込み、Caroline Brundle Bugge-ISTOCK

例年ですとシドニーの花火には100万人員以上の人が訪れますが、ニューサウスウェールズ州政府は今年は基本的にほとんどの人は花火をテレビでみるようにと発表しました。花火をキャンセルもできないけど、感染者数も増やせない板挟みになっています。大晦日には24時間以内に10件のコロナウィルスの市中感染がシドニーで見つかりました。またメルボルンのあるビクトリア州でも8件のコロナウィルス感染者が見つかりました。そしてニューサウスウェールズ州とビクトリア州の州境も閉じられました。

今のところクイーンズランド州の市中感染は見つかっていませんが、ニューサウスウェールズ州以外の州境はあけているので、今後の州政府の政策が気になるところです。






参考

https://www.abc.net.au/news/2020-12-28/qld-new-years-eve-explainer/13007226
https://www.nsw.gov.au/covid-19/covid-safe/major-events/new-years-eve
https://www.theguardian.com/australia-news/2020/dec/28/sydney-new-years-eve-restrictions-tightened-as-five-new-cases-reported
https://www.9news.com.au/national/coronavirus-nsw-sydney-new-years-eve-fireworks-northern-beaches/1f83f328-d71c-4e3c-a925-24020d73aec9
https://7news.com.au/lifestyle/health-wellbeing/covid-nsw-new-years-eve-2020-fireworks-and-gathering-plan-revealed-c-1847517
https://www.9news.com.au/national/coronavirus-new-years-eve-sydney-fireworks-boss-police/17c42a8f-b614-42f4-a922-9695cb110704
https://www.smh.com.au/national/nsw/more-than-40-covid-cases-across-greater-sydney-spark-outbreak-fears-20201229-p56qn0.html
https://www.smh.com.au/national/coronavirus-updates-live-victoria-nsw-border-to-close-midnight-january-1-new-year-s-eve-gathering-restrictions-tightened-in-both-states-as-local-cases-rise-20201231-p56qy0.html
https://www.abc.net.au/news/2020-12-31/police-ramp-up-ahead-of-sydney-new-year-covid-19/13023824
https://www.abc.net.au/news/2020-12-31/victoria-coronavirus-nye-restrictions-announced-melbourne-cases/13023362

 

Profile

著者プロフィール
高尾康端

日本、スイス、シンガポール、アメリカで育ち、2004年からオーストラリアに移住。シドニー大学医学部を卒業。現在は東ブリスベンエリアHawthorne Clinicにて家庭医 (GP)として勤務。家庭医の観点からみる病気についての情報、また母国である日本と移住地オーストラリアの医療システムの違いや、オーストラリアで病気になった時に役立つ情報を発信している。

Twitter:@dryasutakao
Facebook:Dr Yasu Takao
ブログ:https://www.dryasutakao.com.au/blog

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ