World Voice

powerd_by_nw

England Swings!

ラッシャー貴子|イギリス

総選挙2021 海外から日本の選挙に投票するには?

 ふたつめの方法は郵送による投票だ。指定の請求書(ダウンロード可能)に記入して選挙管理委員会に郵送し、投票用紙を郵送してもらい、それをまた郵送で返す、というやり方は、国内の郵便投票と同じ手続きのようだ。ただし、離れているぶん話がややこしい。海外と日本の間で郵便が3回行き来することになるので、当然かなり前から準備が必要だ。ちなみに今回の10月31日の総選挙のために在英日本大使館から郵送投票の案内メールがあったのはほぼ2か月前の9月2日だった。郵便事情がよくない国もあるので、投票用紙を期日に間に合うように確実に届けるために書留郵便や国際クーリエ便を使うことも多く、費用もかさむ(たとえば英国からDHL社を利用すると日本まで4日で到着予定、料金は34.78ポンド(約5,200円)になる)。それでも、「投票用紙の到着が遅れた」「日本の役所での配達先が不明で受け取ってもらえなかった」なんていうトラブルが起きるようだ。時間と労力とお金をかけて送った投票が無効になってしまうのは、なんともむなしい。

 三つめの方法は大使館などの在外公館で投票することだ。英国の場合、今回はロンドンの大使館とエディンバラの総領事館で投票することができた。これは簡単なように思えるけれど、最寄りの公館が家から遠いとやっかいだ。仕事や育児の予定をやりくりして時間を作り、何時間もかけて大きな街に投票に出かけることになるからだ。しかも公館での投票日程はわりと直前まで決まらないので、わかったら大急ぎで予定を調整しなくてはならない(例えば今回の選挙の公示は10月19日だったが、ロンドンの日本大使館の投票期間は10月20日から24日で、この日程は10月14日まで発表されなかった)。何時間もかけてやってくるのだから1泊でもできたら余裕があるけれど、大急ぎで投票して日帰りしたという友人が何人かいる。公示から投票までの期間もほんの数日なので、候補者や政党の情報を集めるのもなかなか慌ただしい。投票期間に週末を入れてくれたのは、とてもありがたいのだけれど。

在外投票vert - 2.jpeg

ツイッターで見ていると、世界のあちこちで在外公館投票をした人たちがついでにおいしいものを食べる確率が高くておもしろかった。そしてそのおいしいものは和食率が高くて、そんな共通の思いが世界中でつながっていることも嬉しかった。バス1本で大使館に行かれるわたしも、おいしい和食ランチをする気満々だったのだ。結局はカプチーノ1杯でとんぼ帰りしたけれど。とほほ。筆者撮影

 わたしはロンドンの日本大使館で投票した。人はそれなりに集まっていたけれど特に待つこともなく、20人ぐらいの担当の方が段取りよく進めていてスムーズだった。投票箱に入れるだけの国内の選挙と少し違うのは、投票用紙を封筒に入れることだ。用紙に書かれた文字が透けないようにするためか、小選挙区と比例代表の投票用紙それぞれを二重に封筒に入れ、さらにそれを選挙区の選挙管理委員会宛の封筒に入れて封をした。最後の封筒に日本語の「速達」の朱印を押していたので、係の方につい質問してしまったら、投票用紙は日本に持ち込まれてから郵送するのだと教えてくれた。だから在外投票は国内の選挙日よりずっと早いんだと初めて納得した。

 海外での手続きに手間がかかってしまうのは仕方がないとして、明らかに問題なのは、海外からだと最高裁判所裁判官の国民審査に投票できないことだ。これについてはすでに憲法違反という判断が出ているようなので、近いうちに改善されるものと期待している。

 この改善のついでに、在外者だけでも電子投票にできないのかな、と思って調べてみたら、なんと去年すでに総務省が在外投票を対象に実験をしていたそうだ。今回は間に合わなかったけれど、これも早く実現することを楽しみに待つことにする。最初は大変かもしれないけれど、日本の各種お役所だって最終的には仕事が減って楽になるんじゃないかしら。

 海外に住んでいるのだから、国内にいる時とまったく同じ条件を期待するつもりはない。ただ、誤ったやり方や無駄の多いシステムは変えた方がいいし、日本に届くように声を上げるべきかなと思う。海外で選挙に参加するには、情報をよく収集して、能動的に考えることが大切だなと実感する。日本にいた時のように投票所入場券が自動的に送られてきたり、街頭演説が聞こえてきたりしないから。

在外投票 - 3.jpeg

ロンドンは緑が多い街だ。これは日本大使館の向かいにあるグリーンパーク、その向こうはエリザベス女王の公邸、バッキンガム宮殿。この写真のように整然と並んだ木々を眺めるのは街なかの公園を歩く楽しみでもある。筆者撮影
 

Profile

著者プロフィール
ラッシャー貴子

ロンドン在住15年目の英語翻訳者、英国旅行ライター。共訳書『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』、訳書『Why on Earth アイスランド縦断記』、翻訳協力『アメリカの大学生が学んでいる伝え方の教科書』、『英語はもっとイディオムで話そう』など。違う文化や人の暮らしに興味あり。世界中から人が集まるコスモポリタンなロンドンの風景や出会った人たち、英国らしさ、日本人として考えることなどを綴ります。

ブログ:ロンドン 2人暮らし

Twitter:@lonlonsmile

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ