World Voice

powerd_by_nw

バーレーン王国発・アラブ産油国の日常

福田健人|バーレーン

バーレーンに立ちはだかる対イスラエル国交樹立への壁

バーレーンの首都マナーマにて。イスラエルとの和平への道のりはまだ遠い(撮影:福田健人)

アラブ諸国とイスラエルとの国交正常化の動きが、ここにきて停滞の動きを見せ始めている。先月14日のアラブ首長国連邦(UAE)・イスラエルによる和平協定の締結合意を受け、アメリカは他のアラブ諸国のイスラエルとの和平実現のためテコ入れを行ってきた。26日のポンペオ国務長官の中東歴訪に続き、今月はクシュナー大統領上級顧問も同地域を訪問しているが、少なくともUAEに続く最有力候補のひとつとされたバーレーンは二度の会談後も引き続き消極的な姿勢を保っている。

イスラエルのエルアル航空によるUAEへの歴史的なフライトが実現した8月31日は、トランプ政権が推し進める中東和平を裏付ける一日となった。テルアビブを離陸したLY971便は、サウジアラビア政府の同意を得て同国上空を通過し、UAEの首都アブダビへと降り立った。イスラエルの民間航空機がサウジアラビアの上空を飛行したということは、UAEによるイスラエルの和平の試みを湾岸諸国が積極的に後押ししていることを意味している。ただ、UAEとイスラエルとの和平実現を支援しているからといって、他の湾岸諸国がUAEのようにそのまま追随することを意味するわけではない。

イスラエル、UAEと順調に成果をアピールしてきたクシュナー氏が次に向かった先はバーレーンだった。9月1日、クシュナー氏はバーレーンのハマド国王と会談を持ち、ポンペオ氏同様、同国に対してイスラエルとの和平への協力を要請した。しかし、ハマド国王は、イスラエルとの和平実現にはパレスチナ国家の樹立が先決との立場を崩さず、UAEへの追随を事実上拒否した。バーレーンとしては、早急にイスラエルと和平交渉入りするにはあまりにも難題が多かったようだ。

Profile

著者プロフィール
福田健人

コンサルティング会社Prozone Bahrain(バーレーン王国)のDirector/Co-Founder。73カ国を渡航したのちバーレーン王国に移住。Instagram、YouTubeでそれぞれ1万人以上のアラブ人フォロワーを集める。
Instagram: @khalid.japan
Email: kento.fukuta@prozonebh.com

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ