コラム

バイデン政権に対する連邦上院の「対中審査」が日本に与える影響

2021年01月02日(土)11時00分

バイデン次期大統領によって発表された政府閣僚は、議会公聴会で何を発言するか......REUTERS/Jonathan Ernst

<バイデン政権の閣僚候補者は、上院承認のための議会公聴会で、対中政策について事細かに回答することが求められることになる。その回答は日本もその影響を真正面から受ける...... >

バイデン次期大統領によって政府閣僚人事が次々と発表されている。司法長官ら一部の主要ポストを除いて大半の人事が発表されるに至り、現在の焦点は閣僚指名された人物が上院承認のための議会公聴会で何を発言するかに移りつつある。

ほぼ全ての閣僚候補者が『対中審査』の設問に応えなくてはならない

今回の議会公聴会での最大の目玉は「対中審査」である。「対中審査」とはマルコ・ルビオらの対中強硬派上院議員による鋭い質問のことだ。これらの対中強硬派上院議員にはネオコン系民主党議員も含まれており、バイデン政権の閣僚候補者は指名承認のために同審査を避けて通ることができないだろう。

従来まで指名承認に向けた公聴会で対外認識が問われるポストは一部のものに限られていた。国防長官、国務長官、国土安全保障長官などのポストでは世界情勢に関する認識が問われており、その優先順位や問題解決の方針について厳しい質問が行われてきた。もちろん、これらのポストに指名された人物は、米国にとって目下最大の問題である中国への対応方針を問われることになるだろう。

ただし、今回の上院承認においては「ほぼ全ての閣僚候補者が『対中審査』の設問に応えなくてはならない」という点に特徴がある。

米国と中国は既に密接不可分なレベルで経済・社会が一体化している。トランプ政権時代にその一部は見直されたものの、依然として中国との関係は切っても切れないものがあり、むしろ分野によっては更に深まる様相すら呈している。

そのため、外交・安保以外をメインとする各省を司る閣僚は自らの所管分野に関する対中政策について事細かに回答することが求められることになるだろう。

たとえば、教育長官は大学組織に対する中国人留学生や中国系組織からの資金受け入れ、商務長官は中国系企業からの物品・サービスの調達可否、財務長官は金融制裁も含めた措置の方針、環境保護局長官は中国の気候変動対応を促す方法、運輸長官は電気自動車を含めた対中連携の是非、労働省はビザ発給方針、厚生長官はコロナ等も含めた国際協力の是非、農務省は大豆を含めた輸出代替先の確保方針など、やろうと思えばほぼ無制限に「対中審査」を行うことはできる。

上院多数派を左右する1月5日の上院特別選挙の結果次第では......

バイデン政権の新閣僚は「対中審査」をクリアしないで上院での承認を得ることが難しいだろう。特に上院多数派を左右する1月5日の上院特別選挙の結果次第では、対中審査は事実上承認の可否を分ける基準となる可能性もある。そのため、バイデン次期大統領はバイデン政権閣僚候補者らとともに綿密に対中政策を練り上げられることが求められる。

全ての政策が「対中政策」を軸として有機的にリンクすることが重要であり、それらを理解できる能力が新閣僚には必要だからだ。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発スタート後もみあい、前週末の米株高を

ワールド

G7、対中国での緊密な連携で合意=カナダ首相

ワールド

ペルー大統領選、急進左派候補が過半数獲得 フジモリ

ワールド

金正恩氏が軍事委を主宰、軍事力増強を指示=KCNA

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中