コラム

日本人が知らないリバタリアンの国際会議「アジア・リバティ・フォーラム」

2020年04月22日(水)15時15分
日本人が知らないリバタリアンの国際会議「アジア・リバティ・フォーラム」

日本では自由経済とは何かという議論が十分になされていない...... pixelfit

<4月22日・23日、日本ではほとんど知られていないが、自由主義系シンクタンクのキーパーソンが結集する国際会議が行われている......>

4月22日・23日2日間にAsia Liberty Forum 2020という国際会議が新型コロナウイルスの影響を受けて初のオンライン会議として開催されることになった。このフォーラムは元々はフィリピンのマニラで3月中旬に世界中から多くの参加者が集う一大イベントとして予定されていた。しかし、主催者判断で渡航制限・外出制限が横行する中、今回は初のオンライン開催という運びになった。

日本では全くメジャーではないが、同フォーラムは知る人ぞ知るリバタリアン系運動団体の国際会議の1つである。この国際会議にはアジア各国の自由主義系シンクタンクのキーパーソンが結集し、お互いの生存確認と情報交換が行われる。アジア諸国の参加メンバーが持ち回りでホスト国を担っており、開催ホスト国からは政権中枢のメンバーが来賓として挨拶をすることも多い。

具体的には、政権及び議会関係者と強力のネットワークを持つ学識者及び活動家が集い、最新の減税や規制廃止に関するベストプラクティスや世界情勢についての意見を交換することがメインだ。全体主義的な傾向がある国からの参加者は自国における激しい弾圧についての報告がなされることもある。筆者も可能な限り同イベントには参加し、新たな学びの刺激を受けるようにしている。同会議の欧州版で対になる国際会議も年1回のペースで欧州各地で開催されており、ハイエク研究所などの自由経済を主導する由緒正しい組織の代表なども参加する。

日本では知られていない自由主義系シンクタンクのネットワーク

Asia Liberty Forumをネットワークしている存在は、米国のワシントンD.Cに本部を設置しているAtlas Networkだ。この組織は全世界80か国以上、500以上の自由主義系シンクタンクをネットワーキングしており、世界中で展開される自由主義経済の草の根運動の旗振り役となっている。現在、トランプ政権がFRB理事に推薦しているシェルドン博士なども同組織に在籍していた経済学者だ。

その主なミッションは自由主義経済に関する基礎的な考え方を各国で拡げる教育・啓発運動を支援するというものだ。したがって、理念を同じくする世界中のシンクタンクが相互に協力関係を構築すること、そして社会主義的傾向が強くなりがちな大学などの教育機関で自由経済を学ぶ学生団体の組織化支援などが行われている。

前述の通り、このネットワークの存在は日本ではほとんど知られていない。同ネットワークはかつて日本に同じ自由主義の理念を持ったパートナーとなる大学関係者・シンクタンクを求めてアプローチしたが、一部の有志の人々が関心を示したのみであり、他国で見られたほどの熱心な反応は日本からはなかったそうだ。某国立大学系の方々にアプローチした際など、一度フォーラムに参加しただけでその後は何もアプローチがなかったとのこと。然もありなん。

筆者も同ネットワークを持つ数少ない日本人の知己に推薦されて関係を持つ機会を得たが、このフォーラムに参加している日本人を他に見たことが無い。語弊を恐れずに表現するならば、同ネットワークからは日本は自由経済に関する強い意欲はないと判断されており、日本人は後回しまたは相手にされていない状況となっている。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)

ニュース速報

ワールド

タイ、入国規制を厳格化 海外渡航者2人がコロナ感染

ワールド

中国、米の台湾への武器売却巡りロッキードに制裁へ

ビジネス

英GDP、5月は1.8%増にとどまる V字回復期待

ワールド

マレーシア野党、早期の総選挙を視野 首相の支持ぜい

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    GoToキャンペーン「感染防止に注意し活用を」菅官房長…

  • 7

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免…

  • 8

    なぜテレワークは日本で普及しなかったのか?──経済、…

  • 9

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 10

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 10

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!