コラム

韓国への同情と嫌悪、中国出身の私が新大久保で見つけた「日本人らしさ」

2019年11月22日(金)12時00分
周 来友(しゅう・らいゆう)
韓国への同情と嫌悪、中国出身の私が新大久保で見つけた「日本人らしさ」

BirgerNiss-iStock

<直接交流を持てば韓国の人々には親近感を覚えるが、政治になると話は別。繰り返される日韓対立の中、私の気持ちも移り変わってきたが、最近の嫌韓報道を見ていると......>

日本にやって来たのは1987年の春先。埼玉で下宿した1年間とドイツに留学した1年弱を除き、30年間、住まいはずっと東京だ。それが理由かは分からないが、このコラムを書かないかと声が掛かった。

断る理由はない。喜んでその申し出を受けた。が、問題は大事な1回目のネタをどうするか。悩んだ揚げ句、住まいが韓流の聖地である新大久保に近いこともあり、「対韓観」をテーマにしようと決めた。

日本の大学院を修了し、2008年から通訳・翻訳の派遣会社を経営している。その傍ら、取材のコーディネーターやテレビ番組のコメンテーターとして、多くの報道現場に出向き、番組制作にも携わってきた。その中で韓国人や在日コリアンと関わることも少なくない。

直接交流を持ったことがあればお分かりいただけると思うが、文化や生活習慣が似通った韓国の人々には、どこか親近感を覚えるもの。私は中国人だが、日本の皆さんも同じだろう。でも、ひとたび政治的な話となると、話は別だ。

教科書問題や慰安婦問題、徴用工問題と、日韓の間にはとかく衝突や摩擦が起きやすい(日中も同じだけれど)。問題が持ち上がるたび、韓国では政府もメディアも、民間人も批判や抗議を繰り返す。そして日本は謝罪や反論を繰り返す。いつまでたってもこの「やりとり」に変化はない。

判官びいきの私は当初、どちらかといえば韓国に同情的だったが、日本批判と朝三暮四の態度があまりに繰り返されるため、すっかり「被害妄想で約束を破る姑息な国」という印象を持つようになった。

韓国に対してこのような嫌悪感を抱く中国人は、私だけではない。少なからぬ中国人が同様の感情を抱いている。というのも、あの悪名高い「ウリジナル」(そうでないものにも韓国起源説を唱える韓国人を揶揄する造語)に中国も悩まされてきたのだ! 何しろ孔子も諸葛孔明も韓国人で、漢字も漢方薬も韓国人が発明したと言い出す始末。

それはともかく、日中という2つの大国に挟まれ、時に勇み足で理不尽な行動を取ってきたのが韓国だ。それに対し、譲歩をしたり非難を受け入れたりと、大人の対応をしてきたのが日本だった。

ところが数カ月前から、どうも様子が違う。まるで「一億総嫌韓」のような雰囲気が日本全体を覆っている。メディアの一辺倒かつ過剰な嫌韓報道を見ていると、何やら日本が弱い者いじめをしているようで、いたたまれない気持ちにさえなってくる。日本は変わってしまったのだろうか。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)

ニュース速報

ワールド

中国で輸入冷凍食品から新型コロナウイルス、一部が輸

ワールド

中国、国内向けマカオ観光ビザ発給9月に再開 カジノ

ビジネス

中国新規融資、7月は9927億元に減少 予想も下回

ワールド

ロシア、新型コロナワクチン認可 世界初

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 8

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!