コラム

小金井女子学生刺傷事件と「アイドル」偏向報道

2016年05月30日(月)16時20分
小金井女子学生刺傷事件と「アイドル」偏向報道

Cesare Andrea Ferrari-istock

<小金井市で起きた女子大学生刺傷事件は、当初、アイドルの構造的な問題として報道されることが多かった。そうした偏向報道は、どうして生み出されるのか>

経済問題の議論でもあるマスコミの偏向報道

 経済問題を議論しているとマスコミの報道姿勢がしばしば問題になることが多い。経済学の常識がまったく通じないか、あるいは偏向といえるような報道がなされることが多々ある。

 このような「偏向報道」はなぜ生じるのだろうか? しばしば指摘されるのが、1)既得利益、2)既得観念 というふたつの要因だ。前者は、報道する側の金銭的利害が直接に報道をゆがめてしまい、公正とはいえない一方的な断定を行ってしまうことだ。例えば日本のマスメディア(特に大新聞)が、消費増税について事実上の支持を打ち出すのは、軽減税率を優先的に自分たちの新聞に適用することを望むからかもしれない。また二番目の既得観念とは、特定のバイアス(偏見)が、報道の作り手や組織に固着してしまい、報道の成果に直接の影響を与えることをいう。

 経済問題でしばしばみられるのは、市場で価格が決まっていたとしても、それを特定の生産者や消費者の「強欲」のせいにすることで犯人捜しをする報道姿勢(反市場バイアスともいう)がある。私が見聞したケースでは、「貿易赤字」よりも「貿易黒字」の方がいいとか、「円安」よりも「円高」の方がいいという語感にまつわる報道上のバイアスである。同様に「物価下落」はモノの値段が下がるから"いい"というバイアスもある。だが、物価下落は日本の現状では、不景気のシグナルに等しいので、個々人の生活の悪化をもたらしてしまうだろう。

不適切なアイドル呼称報道

 このような既得利益や既得観念で、報道内容が歪んでしまうのは、なにも経済問題だけではない。
 最近、女子大生冨田真由さんを、暴漢が襲い、刺傷してしまうという事件が東京小金井で起きた。冨田さんはこの原稿を書いている時点では、いまだ意識不明の重体が伝えられている。冨田さんは大学に通うかたわら、シンガーソングライターとして活動を続けていた。そのライブのために訪れた会場の入り口近くで、岩埼友宏容疑者に襲われてしまった。

 岩埼容疑者は常日頃から執拗に冨田さんに直接会うことで、もしくはSNS(twitterやブログなど)でつきまとい行為をして嫌がらせを継続していた。その挙句の犯罪である。まことに卑劣きわまる事件であり、被害にあわれた冨田さんとそのご家族、ご友人の皆さんには心からのお見舞いと、また冨田さんの一刻も早い快癒を念じています。

 この凄惨な事件について、テレビや新聞などの報道はかなり混乱していた。特に冨田さんの活動を「アイドル」もしくは「地下アイドル」ととらえることで、アイドルや地下アイドルの世界固有の特徴が生み出した構造的な問題だと、マスコミの多くが当初から報道していた。冨田さんの活動の履歴の中に、アイドル活動が過去に含まれていたことは事実ではあるが、事件当時の彼女はシンガーソングライターとしての活動であり、アイドルと呼称することは妥当ではない。この点は事件の報道が続く中で、かなり早い段階で、インタビュアーでアイドルにも詳しい吉田豪氏からマスコミのアイドル呼称報道への批判が行われていた。

プロフィール

田中秀臣

上武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。
1961年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は日本経済思想史、日本経済論。主な著書に『AKB48の経済学』(朝日新聞出版社)『デフレ不況 日本銀行の大罪』(同)など多数。近著に『ご当地アイドルの経済学』(イースト新書)。

ニュース速報

ワールド

アントの上場、過去最大規模になる見込み=ジャック・

ワールド

アジアのコロナ感染者が1000万人突破、インドで感

ワールド

人民元の柔軟性を高める方針=中国人民銀行総裁

ワールド

フェイスブック、反トラスト法違反でFTCが11月に

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送…

  • 5

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 6

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 7

    中国はトランプ再選を願っている

  • 8

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 9

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者…

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 4

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!