最新記事
中絶

中絶薬ミフェプリストンの合法使用、最高裁が認めるも...安全性巡る論争の行方

2024年6月17日(月)16時00分
ナオミ・カーン(バージニア大学法学教授)、ソニア・スーター(ジョージ・ワシントン大学法学教授)
連邦最高裁前に集まり、経口中絶薬の規制強化に反対する人々(3月、ワシントン) MICHAEL NIGROーPACIFIC PRESSーLIGHTROCKET/GETTY IMAGES

連邦最高裁前に集まり、経口中絶薬の規制強化に反対する人々(3月、ワシントン) MICHAEL NIGROーPACIFIC PRESSーLIGHTROCKET/GETTY IMAGES

<米最高裁は中絶薬ミフェプリストンの合法使用を認めたが、これで問題が解決したわけではない。依然として残る中絶反対派の主張や今後の裁判が、アメリカの中絶を巡る議論を複雑にしている>

米連邦最高裁は6月13日、経口妊娠中絶薬「ミフェプリストン」のこれまでどおりの流通を認める判断を全会一致で下した。原告の中絶反対派は、米食品医薬品局(FDA)が2000年にミフェプリストンを承認したこと、そしてその後、この薬に関する規制を段階的に緩和したことに、安全性の面で問題があると主張していた。

中絶反対派団体が、ミフェプリストンを標的とする訴訟を起こしたのは22年。最高裁はこの年、人工中絶を憲法上の権利として認めた1973年の「ロー対ウェード」判決を覆していた。最高裁は今回、22年以来初めて、人工中絶に関して大きな判断を示したことになる。

【動画】中絶薬ミフェプリストンの合法使用、最高裁が認めるも...安全性巡る論争の行方

バージニア大学のナオミ・カーン教授とジョージ・ワシントン大学のソニア・スーター教授(専門はいずれも法学)に解説してもらった。

◇ ◇ ◇


──この裁判に至る経緯は?

原告側は、FDAが十分に安全性を調べずにミフェプリストンを承認したと主張した。その後のFDAの規制緩和の過程も、原告側は問題視していた。現在は(数度にわたる規制緩和により)対面で処方を受けず、郵送や薬局で購入できるようになっている。

──最高裁の決定の内容は?

人工中絶を禁止していない州では、今後もミフェプリストンを合法的に使用できる。今年6月の時点で、この薬を用いた人工中絶は、アメリカで行われる人工中絶の60%以上を占めている。

最高裁は、原告に訴えを起こす権利がないとの理由により、原告側の訴えを退けた。原告はミフェプリストンを処方しているわけでも使用しているわけでもなく、FDAが原告になんらかの行動を取ること、もしくは取らないことを強いてはいない、というのが理由だ。

その一方で、最高裁は、この問題に関する判断は「政治もしくは民主主義のプロセスに委ねる」べきものと述べている。

──今回の最高裁の判断が重要な理由は?

22年にロー対ウェード判決を覆し、人工中絶を受ける憲法上の権利は存在しないと判断してから初めて、最高裁が人工中絶について主要な判断を示したからだ。

最高裁は今回、原告側の主張そのものの是非を審理しておらず、FDAの権限については判断を避けている。それでも差し当たりは、これまでどおりミフェプリストンを購入できる。

──今後、経口中絶薬をめぐりほかに裁判が行われる可能性は?

下級審で係争中の裁判が既にいくつかある。それに、アイダホ、カンザス、ミズーリの3州は早くも、今回の最高裁の判断に異議申し立てする構えを見せている。従って、ミフェプリストンの問題が再び最高裁で取り上げられる可能性がある。

一方、この5月には、ルイジアナ州がミフェプリストンともう1つの経口妊娠中絶薬を規制薬物に指定した。依存性と乱用のリスクがあるというわけだが、その判断に科学的な根拠はない。

もし11月の大統領選でトランプ前大統領の返り咲きが決まれば、FDAはミフェプリストンの処方に関する規制を再び厳格化するかもしれない。極めて異例のことではあるが、その可能性は排除できない。実際、中絶反対派はそうした戦略を提唱している。

ミフェプリストンの流通は、当面これまでどおり認められるが、この問題に決着がついたとはとうてい言えない。

The Conversation

Naomi Cahn, Professor of Law, University of Virginia and Sonia Suter, Professor of Law, George Washington University

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    和歌山カレー事件は冤罪か?『マミー』を観れば死刑…
  • 10
    南シナ海で睨みを利かす中国海警局の「モンスター船…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 7
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 8
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 9
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中