最新記事

映画

私の体のことは私が決める...「中絶する権利」を求め闘った女性たちの団体「ジェーン」の「埋もれた歴史」

To Normalize Abortion

2024年03月27日(水)15時00分
ロクシー・サイモンズ(本誌テレビ/映画担当)
ジョイはわらにもすがる思いで「ジェーン」という団体に電話をかける ©2022 VINTAGE PARK, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ジョイはわらにもすがる思いで「ジェーン」という団体に電話をかける ©2022 VINTAGE PARK, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

<違法ながらも女性たちの安全な中絶手術を支援した実在の団体「ジェーン」の活動に光>

中絶のリアルな現場を取り上げた映画『コール・ジェーン ─女性たちの秘密の電話─』。この作品で中絶について「普通に会話できる」ようになることを願うと監督のフィリス・ナジーは本誌に語る。

映画の舞台は1973年の歴史的な「ロー対ウェード」判決で米連邦最高裁判所が人工中絶を認める前、60年代後半~70年代初頭のアメリカ。

当時、女性たちの違法だが安全な中絶手術を助けた実在の団体「ジェーン」の活動を取り上げている。同判決は2022年6月24日に連邦最高裁によって覆された。

【動画】映画『コール・ジェーン ─女性たちの秘密の電話─』公式トレイラー

本作でエリザベス・バンクス演じる主人公ジョイは、妊娠を続ければ心臓の病気で命を落としかねないにもかかわらず、中絶を拒否される。困り果てた彼女はバージニア(シガニー・ウィーバー)をリーダーとする女性たちの団体「ジェーン」に出合う。

ジョイは「ジェーン」たちの1人であるグウェン(ウンミ・モサク)に連れられて医師(コーリー・マイケル・スミス)の元へ。診察後、中絶手術の手順について順を追って説明され、無事に手術を受ける。その後ジョイは「ジェーン」に加わり、中絶手術を受けるほかの女性たちを支援。やがて人手不足を補うため、実際の「ジェーン」と同様に医師の助手として中絶手術の方法を学ぶ。

「ジェーン」は推定1万2000人の女性の中絶を手助けし、手術中に1人の死者も出さなかった。

22年10月のロンドン映画祭でナジーは本誌の取材に対し、中絶手術のシーンをできるだけリアルに描きたかったと語った。「何もかも医学的に正しい手術だったと確認することを重視した」

「これが正常な医療処置だと示したかった。中絶を扱った映画のほとんどは、私が見た限りでは手術のシーンはあまりなかった。当時を舞台にした映画では違法な薬物を使う様子が描かれる」

「でも実際は女性たちが受ける手術は大部分が問題なく安全で、複雑ではなかった」

「世間では普通行われていることではなく例外や極端なことばかり取り上げがち。だから誰もが中絶について普通に会話できるようにすることが大事だと思った」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル一時155円台前半、介入の兆候を

ワールド

英独首脳、自走砲の共同開発で合意 ウクライナ支援に

ビジネス

米国株式市場=S&P上昇、好業績に期待 利回り上昇

ワールド

バイデン氏、建設労組の支持獲得 再選へ追い風
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    ミーガン・フォックスの「すっぴん」に「誰これ?」..…

  • 2

    サッチャーから気鋭の記者まで演じ、「Gスポット」を…

  • 3

    なぜ女性はクラウドファンディングの資金調達に成功…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    シャーロット王女の「プロフェッショナルぶり」に賞…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    ミーガン・フォックスの「すっぴん」に「誰これ?」..…

  • 1

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 2

    メーガン妃は「努力を感じさせない魅力がお見事」とS…

  • 3

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 4

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだっ…

  • 5

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が愛した日本アニメ30

特集:世界が愛した日本アニメ30

2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている