注目のキーワード

コラム

自分たちへの批判は「すべて脅迫」──「中絶反対派」という支離滅裂な人たち

2022年05月24日(火)17時05分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
権利

©2022 ROGERS–ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<中絶を行う医師宅の放火、殺人は「自分たちの権利」だが、中絶の権利保護派のデモは「自分たちへの脅迫」。中絶反対派の大いなる矛盾とは?>

アメリカは人工中絶の権利を憲法によって保障している。1973年の連邦最高裁判決でそう定めた。が、その判決を覆す新たな判決が来月(6月)にも下される予定だ。

それを受けて、26の州で中絶が禁止または大幅規制される見込み。来年の話をすると鬼が笑うかもしれないが、来月のこの話では誰も笑っていない。むしろみんな怒っている。

まず、レイプや近親相姦による妊娠でも、妊婦が未成年でも出産せざるを得ない事態を恐れて、中絶の権利保護派は怒っている。最高裁判事の家の前で抗議デモを行う人々もいる。

そして、中絶反対派は......そのデモを見て怒っている。議論や立法という正規ルートではなく個人への圧力で目的の達成を目指すずるい手段、つまり「脅迫だ!」と憤慨している。

中絶反対派も中絶治療を行う医師の自宅前でデモを行うことがあるけどね。さらに「指名手配」と題して医師の住所や顔写真などをネットやチラシで広めてもいる。

これまで殺害された「指名手配中」の医師など関係者は10人以上、クリニックへの放火などの犯罪は100回以上に上る。そんな恐ろしい過去を持つ中絶反対派が「脅迫だ!」と騒ぐことに矛盾を感じる人は多そうだ。僕は逆に反対派が脅迫と言うなら間違いないと思うね。彼らこそ実績十分、その道のエキスパートだから。

風刺画は別の矛盾に注目している。「デモはIntrusive(個人のプライベートな空間に侵入する)行為だ!」と中絶反対派は怒っている。だが中絶を禁じて取り締まるとしたら、当局が女性の体の中を検査・監視することになる。どう考えても、家の前より子宮の中への侵入がIntrusiveだろう!

My body, my choice「私の体、私が決める」という中絶の権利を訴える有名なスローガンがある。風刺画では中絶反対を掲げる共和党のシンボル、ゾウがYour body, my choice!「あなたの体、私が決める!」としている。分かりやすいね。ぜひ女性の自己決定権を認めない判決文のタイトルにしてほしい。

実はもう1つ矛盾がある。自由を重視し、個人の権利を制限しない国を目指すはずの共和党の姿勢だ。「小さな政府」をずっと訴えてきたはずだが......あっ! もしかして、あれはベッドや子宮に入るほど小さいモノを目指していたってこと?

ポイント

PRO-CHOICE DEMONSTRATORS ARE OUTSIDE BRETT KAVANAUGH’S HOUSE!
中絶賛成派が(保守派の)ブレット・キャバノー最高裁判事の自宅を取り囲んでいる!

THEY’RE SO INTRUSIVE!
なんて立ち入ったことをする奴らだ!

 20220705issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年7月5日号(6月28日発売)は「広がるインフレ 世界経済危機」特集。ウクライナ戦争、急激なインフレ、食料・エネルギー不足、そして米バブル崩壊。「舵取り役」なき世界経済はどこへ


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲載された?

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中