最新記事
2024米大統領選

米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

Michelle Obama Favorite To Replace Joe Biden if He Drops Out

2024年2月22日(木)17時31分
ジェームズ・ビッカートン
ミシェル・オバマ

ミシェル夫人が候補ならこの不安も解消?(2023年のテニス全米オープンで) Robert Deutsch-USA TODAY Sports

<高齢による健康不安説がつきまとうバイデンの代わりは誰? 賭け事大好きなイギリス人が民主党候補として白羽の矢を当てた>

今秋の米大統領選で再選を目指す現職のジョー・バイデンがもしも選挙戦から撤退したら──その場合、大手ブックメーカーが公開したオッズによると、民主党の指名候補として最も有力視される人物はミシェル・オバマ元大統領夫人だ。もっとも、本人は今のところ出馬の意向などさらさらなさそうだが......。

英オンラインブックメーカー大手のベットフェアーは、米大統領選での民主党予備選の勝者を当てるベットを行っている。今のところバイデンのオッズは4/9で、賭け参加者の支持率は69%だ。

民主党の指名争いは2月3日にサウスカロライナ州で実施された初戦で幕を開け、現在81歳で、現役の米大統領としては史上最高齢記録を更新中のバイデンが圧勝。続くネバダ州でも難なく圧勝し、党全国委員会ともめて非公認のまま強行されたニューハンプシャー州の予備選でも圧倒的支持を勝ち取った。なにしろ民主党の指名候補に名乗りを上げているのは、今のところバイデンを除けば、2人の泡沫候補だけで、既に1人は撤退を表明しているありさまなのだ。

 
 

出馬を諦めるとの憶測も

とはいえバイデンは高齢ゆえの健康不安説に加え、最近ではアンゲラ・メルケル独前首相の名をその2代前の故ヘルムート・コール元首相と言い間違えるなど、公の場での失態が相次いで報じられている。職務全うは困難とみる向きも多く、本人もそれを認めて、大統領選から撤退するのではないかとの憶測も飛び交っている。

その場合、最も有力な候補者は誰か。ベットフェアーによると、賭け事好きのイギリス人が民主党の指名候補として有力視している人物のランキングでは、バイデンに次いでミシェルが2位で、オッズは8/1(支持率約11%)。その後はカリフォルニア州知事のギャビン・ニューサム12/1(7.7%)、カマラ・ハリス副大統領15/1(6.3%)、ミシガン州知事のグレッチェン・ウィトマー74/1(1.3%)、エリザベス・ウォーレン上院議員79/1(1.3%)、ヒラリー・クリントン94/1(1.1%)と続く。

ベットフェアーのサム・ロズボトム広報担当によると、同社のベットでは、当初はバイデンに賭けていたものの、知的な適性に問題ありとみて、他候補に賭けることにした参加者も多いという。

「4年前の米大統領選を振り返ると、予備選が始まった段階ではバイデンは大統領選本戦はおろか、民主党の指名争いでも勝ち目なしとみる人が多かった」と、ロズボトムは本誌に明かした。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

スペースXの米スパイ衛星網構築計画、ノースロップが

ワールド

米高官、ラファ侵攻計画に懸念表明 イスラエルと協議

ワールド

イスラエルの長期格付け、「A+」に引き下げ =S&

ビジネス

米アトランタ連銀総裁、インフレ進展停滞なら利上げに
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中