最新記事
ロシア

ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不意打ちだった」露運輸相

Russia Says It Was 'Caught off Guard' After Country 'Loses' 76 Planes

2023年11月27日(月)17時30分
イザベル・バンブルーゲン

プーチンを乗せた大統領専用機。機体はイリューシンII-96(ロシア製、2018年) REUTERS/Martin Acosta

<制裁で欧米からのリース機の返還を求められ、交換部品も不足して、空の安全が犠牲に>

【動画】シベリアの原野に緊急着陸したロシア旅客機...緊迫した現場の様子

ウクライナ侵攻に対する欧米の制裁措置により、ロシアは旅客機76機を失ったと、ロシアのビタリー・サベリエフ運輸相は11月25日、述べた。どういうことだろうか。


国営通信社RIAノーボスチによれば、サベリエフは「前進するロシア」と題された展示イベントの開幕式に出席。その際に「(制裁は)予想外の不意打ちだった。わが国は合わせてジェット機76機を失った」と述べた。本誌は25日、ロシア外務省宛てのメールで説明を求めたが回答はなかった。

ロシアの航空業界がウクライナ侵攻による欧米の経済制裁で大きな打撃を受けているのは想像がつく。アメリカ政府はロシアの航空会社が運航する航空機を制裁対象にしているし、欧米の航空機メーカーもロシアに対する交換部品や新しい飛行機の納入を停止している。

またアメリカとEUはロシアの航空会社にリースした航空機の返還を求めているのだ。ロシア政府は航空機を返さずに済ませようと、国内の航空会社に対しリース機をロシア籍に登録し直すよう呼びかけた。これはつまり、重要なソフトウエアアップデートの適用も、耐空性を保証するために必要であり義務でもある保守点検もせずに航空機を飛ばすということでもあると、3月にブルームバーグは伝えている。

そのために欧米製の交換部品や機材の代替品を調達するすべも模索している。

危険「自給自足」

ロシア国営インターファクス通信によれば、ロシア運輸省は2030年までの国内航空産業の発展計画によって、外国製航空機の運行数は徐々に減少すると見込んでいる。また、航空会社は欧米製の部品の代替品の調達方法を見つけるとの見通しだという。

ロシアの独立系の航空専門家アナスタシア・ダガエワは3月、カーネギー国際平和財団のサイトでレポートを発表、「(ロシア政府は)ほんの数日の間に、国際路線や、外国製航空機のリース契約と技術サポート、他の航空会社とのパートナーシップ、外国製ソフトウエアや保険などを失った」と指摘した。

「現時点でロシアの民間航空にとって第一の目標は、2030年まで何とか事業を継続することだ」とダガエワは述べた。また、民間航空業界がすぐに瓦解することはないだろうが、自給自足傾向を強めていくだろうとも指摘した。それは、必然的に安全面の綱渡りを意味する。

ここ数カ月の間にロシア国内では、交換部品の不足が招いた技術的問題により、旅客機が緊急着陸する事例が相次いでいる。

9月には、黒海に面したリゾート地ソチからシベリア南西部オムスクに向かっていたウラル航空のエアバス320型機がノボシビルスクにある空港に緊急着陸しようとしたが、最終的に田園地帯に不時着することを余儀なくされた。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 4

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 5

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 10

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 10

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中