最新記事
サイエンス

メキシコの遺跡で、「ハート型に変形させられた」頭蓋骨を発掘...現在も同じ風習が残る地域も

Ancient Human Remains With Heart-Shaped Skulls Discovered

2023年7月29日(土)13時50分
アリストス・ジョージャウ
メキシコのラ・フェレリア考古学地帯の発掘現場

写真はイメージです microgen/iStock

<死者のための空間として建てられたとみられる600〜950年頃の建築群から、人為的に変形されたと思われる成人の骨が見つかった>

メキシコの遺跡で、人為的に「ハート形に変形させられた」とみられる頭蓋骨が発見された。メキシコ国立人類学歴史研究所(INAH)の研究者らは、同国北西部に位置するドゥランゴ州のラ・フェレリア考古学地帯で行った発掘調査で、カサ・コロラダと呼ばれる建築群の中から人骨16体を発見した。

■【動画】メキシコのドゥランゴ州にある遺跡から発見された「ハート形に変形された」頭蓋骨

 
 
 
 
 

広場の床下で発見されたのは、30~40歳前後の成人の遺骨8体と、1〜7歳の子供の遺骨だ。ほとんどは骨の断片だが、成人の3体は保存状態が良かった。

そのうちの2体は、頭蓋を人為的に変形させられたとみられ、ある角度から見るとハートの形に似ているという。

この遺跡でこうした頭蓋骨が発見されるのは初めてだが、頭蓋を人為的に変形させる習慣は、メキシコから中米にかけて繁栄したメソアメリカを含め、世界各地の古代文明で行われていたとみられる。一部の地域では、現在でも行われている。

頭蓋骨を締め付けて特徴的な形にするため、頭を木片で挟んで縛るなど、様々な技法が用いられた。骨が柔軟な乳幼児期に行われるのが一般的だ。

死者のための広大な建造物

INAHによれば、ラ・フェレリアには西暦600〜1350年頃に古代の人々が居住していた。円形の祭祀場、ピラミッド形の建造物、球技場など、考古学的に重要な遺跡が複数残されている。

600〜950年頃のものとみられる建築群は、ラ・フェレリアの上部に位置し、面積は約600平方メートルに上る。広場を囲むように長方形の建造物9棟で構成されている。これまでの発掘調査で、建造物の内部からさまざまな埋葬品が発見されており、死者のための空間だったと研究者らは結論付けている。

ドゥランゴ市から約6キロ南方に位置するこの地帯は、州内で最も重要な遺跡の1つだ。


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは157円後半で一進一退、豪ドルが上

ビジネス

企業向けサービス価格指数、5月速報から2020年基

ワールド

マレーシアと中国、5年間の経済協力協定を更新へ 李

ワールド

タイ裁判所、タクシン元首相の保釈許可 王室に対する
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中