最新記事

ツイッター

フォロワーが1日で100倍に増える注目のなか、私はマスクに嫌われ、ツイッターをクビになった

'Elon Musk Fired Me in a Tweet'

2022年12月5日(月)16時26分
エリック・フロンへーファー(ソフトウエアエンジニア)

イーロン・マスクは千里眼の持ち主?(写真は11月14日、インドネシアのバリで開かれたB20サミットに登場したマスク)Willy Kurniawan-REUTERS

<「くそっ」と私は思った。マスクには1億2000万人近いツイッターフォロワーがいる。彼への返信ならともかく、引用ツイートまで見るとは思ってもみなかった>

私はツイッターで8年間、ソフトウエア技術者として働いた。辞めるまでの6年間は、アンドロイド用のツイッターアプリの開発部門で、ツイート班の技術リーダーを務めていた。

技術者へのフォローが行き届いた職場で、みんな協力的で、製品に熱い情熱を持っていた。ツイッターが好きだからそこで働いていたのだと思う。私自身は入社時に初めてアカウントを作ったが、入社時からツイッターのヘビーユーザーという人も多かった。

キャリア面でも支援を受けているという実感があり、せっせと働けばその分報われるという思いがあった。技術者がすべてのプログラムを書き、技術管理職は部下のキャリアアップの後押しと、チーム内の意思疎通をよくすることに力を注いでいた。かつてのツイッターは今よりも、メンターの働きに重きを置いていた。「昇進したい」と言えば、管理職はキャリアアップの機会を探す手伝いをしてくれた。

(テスラCEOのイーロン・)マスクがツイッターを買収しようとしているという記事を読んだ時は、当面様子見だなと思った。ひそかに喜んでいる同僚もいたけれど、多くはとても不安がっていた。凍結アカウントの復活とか、今後の経営方針とか、どういったコンテンツを認めたいかといった点についての彼のツイートに不安を感じた。

221205myturn.png
まだツイッター社員だった2020年の筆者       ERIC FROHNHOEFER

タイムラインを流れる同僚たちの別れの挨拶

私が最も懸念していたのはワークライフバランスだ。テクノロジー業界は狭い世界で、私はマスクが経営するスペースXの複数の従業員から、(猛烈に働くことを求められる)社風のせいで2年で燃え尽きたという話を聞いていた。そんなのはごめんだ。

私はリモートで働いているので、職場の噂話は以前ほど耳に入らない。マスクによる買収が決まったのを知ったのも、ニューヨーク・タイムズの記事でだった。それから数日、イーロンからもその関係者からもメール1本来なかった。11月3日になってようやく、かなりの数の従業員のレイオフが予定されていて、翌日の午前9時までに対象者には連絡が来るというメールを受け取った。

メールを読んで私は、タイミングが悪いなと思った。ホリデーシーズンを前に、企業の採用も経済も動きが鈍い時期だ。だがなるようにしかならない。私はみんなに、何とかなるさと話した。

だがそれからすぐに、同僚たちの別れの挨拶が飛び交うようになった。次から次へと「やあ、クビになったよ」というツイートが流れるのだ。同僚と明日も一緒に働けるのかどうかを、私たちはこんな形で知ったわけだ。

悲しかった。長く一緒にやってきた人もいたし、彼らと一緒に働くのが楽しかった。こんなにたくさんの人々が去って行くのを見るのはショックだった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、石油輸出業者・税関に原油価格上限の順守禁止

ワールド

IOC、ロシア五輪参加容認へのウクライナの批判「中

ワールド

ドイツ銀、伊セリエAメディア事業への融資に関心=関

ワールド

パキスタンで警察標的の自爆攻撃、死者59人に TT

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大批判...キャサリンの「お手本」に脚光も

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 10

    メーガン妃の今後を案じ、ヘンリー王子が「絶望」を…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 3

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月