最新記事

ウクライナ戦況

奪還したヘルソンの一部にウクライナ国旗が翻る

Ukraine Recaptures Kherson Village From Russia, Raises Flag Over Hospital

2022年9月5日(月)17時27分
ファトマ・ハレド

占領したヘルソンの街の中心部に陣取るロシア軍の武装トラック(7月25日) Alexander Ermochenko-REUTERS

<ロシア軍の支配下にあったウクライナ南部ヘルソン州でウクライナ軍が一部の村の奪還に成功。ロシア軍の弱点をつく効果的な攻撃を行っている>

ウクライナ軍は4日、南部ヘルソン州のヴィソコピリア村の病院にウクライナ国旗を掲げた。昨年3月3日、ロシアのウクライナ侵攻開始から1週間後にロシア軍に制圧されたこの地域の奪還に成功したからだ。

ヘルソン州議会のユーリー・ソボレフスキー第一副議長はテレグラムで、ヴィソコピリアがロシアの支配から解放されたと発表した。ケルソン州の北、ドニプロペトロフスク州との行政上の境界に位置するこの村は、ドニエプル川の黒海への出口にあたり、戦略的に非常に重要な場所だ。

キーウ・インデペンデント紙はツイッターで、ウクライナ軍の部隊がヴィソコピリアで国旗を掲揚したことを伝えた。

イギリスの王立統合軍事研究所のサミュエル・ラマニ准研究員もツイッターで、村の病院の屋上に国旗が掲げられたと述べた。「ウクライナ最新情報」など他のツイッターアカウントも、同じ内容の発表をした。

と、ラマニはツイートした。「ロシアは占領後のへルソンで旧ソ連時代の勝利の旗を掲げ、ウクライナのナショナリズムを示すものを取り締まったと伝えられている」

2月24日の侵攻開始以来、ロシア軍は数十の町や村を占拠した。多くの住民は自宅を出て、逃げざるをえなかった。ロシア軍支配地域から脱出した人々の中には、徒歩や自転車、車椅子で、必死に逃げてきた人々もいた、と米公共放送ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)は7月に報じている。

ロシア軍の弱点を叩く

ソボレフスキーは、ウクライナ軍は5日に反撃を開始し、ヘルソン地域でいくつかの目標を達成することに成功したと語った。

ロイター通信によると、ソボレフスキーはへルソン、ベリスラブ、カホフカ地区でのウクライナ軍の反撃に触れつつも、「今は特定の勝利について話す時ではない」と述べ、「今こそ我が軍を支援する時だ」と言った。

ウクライナ軍は、南部での攻防について情報は明かさないとしている。だが大統領府は同地域で「大きな爆発」と「厳しい戦闘」があったことを発表し、ウクライナ軍は弾薬庫と、ロシア軍に物資を送るために必要なドニエプル川にかかる大きな橋を破壊したと付け加えた。

イギリス国防省は3日、ウクライナ軍は最近、ロシアの指導力や管理力の低さ、後方支援の薄さを利用して、ロシア軍に対する勝利を前進させたと発表した。さらに、ウクライナ空軍はムィコラーイウ地方で「カルトグラフ」と名付けられたロシアの偵察用ドローンを撃墜した。

20240528issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年5月28日号(5月21日発売)は「スマホ・アプリ健康術」特集。健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イスラエル首相、近く米議会で演説 ジョンソン下院議

ワールド

バーレーン国王、イランとの関係改善に期待感 ロ大統

ワールド

トランプ陣営がNYで選挙集会、黒人・ヒスパニック有

ビジネス

外国人投資家がトルコ向け投資拡大、政策大転換以降に
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中