最新記事

日中戦争

南京での「虐殺」「性犯罪」の証拠となる写真を発見? 入手した質屋オーナーが主張

Pawn Shop Owner Says He Found 30 Unseen Photos of the Rape of Nanjing

2022年9月2日(金)20時44分
シーラ・リー・バルトフ
南京大虐殺記念式典

南京大虐殺の 80 周年を記念する記念式典(南京、2017年) REUTERS/Stringer

<米ミネソタ州の質屋に持ち込まれた戦時中のアルバムには、当時の南京の状況だというおぞましい写真が数多く収められていたと、質屋の経営者は語る>

20世紀最悪の残虐行為の1つと称されることもある、「南京大虐殺」の様子を写したとされる写真約30枚が今週、米ミネソタ州の質屋で発見された。質屋の経営者が写真の一部をインターネット上に公開し、波紋を呼んでいる。

■【動画】当時の南京の様子を写した写真が収められたアルバムを紹介する質屋オーナー

ネット上で「Pawn Man」と名乗っているエバン・ケイルは、同州セントルイスパークで質屋「セントルイスパーク・ゴールド・アンド・シルバー」を経営している。そこに先月29日、ある客が第二次大戦中の写真をまとめたアルバムを持ち込んだという。

戦争関連の品物は珍しくないため、すぐに確認はしなかったと、ケイルはニューズウィークに語った。ところが、アルバムの中に収められていた写真があまりに衝撃的だったため、ケイルは31日、TikTokに動画を投稿し、人々に助けを求めた。動画は瞬く間に拡散し、再生回数は1000万を超えた。

「私のキャリアの中で最も心をかき乱すものだ」と、ケイルは動画の中で語っている。写真は、第二次大戦時に中国に駐在していた米海軍隊員が撮影したものとみられる。ケイルによれば、アルバムは開戦前の写真から始まり、次第に戦時中のものに変わっていく。

「そして、このページにたどり着いたが、この先は皆さんにお見せすることはできない」と、ケイルは軍艦のような写真を指差しながら語った。

歴史上知られていない30枚ほどの写真

「その後のページを見て、私は悲鳴を上げた」とケイルは言う。「この写真を撮影した男性は南京大虐殺の場にいたようだ。彼は、歴史上知られていない写真を30枚ほど撮影した。私がインターネットで見たどんなものよりもおぞましいものだ」

南京大虐殺は、1937年12月13日に当時の中国の首都・南京を占領した日本軍が、6週間にわたって集団殺戮と暴行を繰り返したとされる事件だ。真相は明らかになっておらず現在も規模や犠牲者について議論が続いているが、市と周辺の町が略奪されて焼き払われ、市内の建物の3分の1以上が破壊されたとも言われる。

また何万人もの中国人の若者が南京の郊外に集められ、銃殺されたり、銃剣の演習に使われたり、ガソリンをかけられて生きたまま焼かれたりしたとの主張や、大勢の女性が暴行を受け、中には内臓を抜かれた人もいたとの主張もある。犠牲者の数については議論が続いているが、極東国際軍事裁判では20万人以上が殺害され、暴行件数は少なくとも2万件に上るとされた。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中