最新記事

東南アジア

ミャンマーで日本人ジャーナリスト拘束 民主派デモを取材中に

2022年7月31日(日)10時28分
大塚智彦

ミャンマー首都ヤンゴンで7月25日に行われたフラッシュモブ形式でのデモの様子。REUTERS

<政治犯への死刑執行などで国際的に批判を受けるミャンマーで何が起きた?>

2021年2月1日の国軍によるクーデター以降、反軍政を唱える民主派市民のデモや集会に厳しい姿勢で臨んでいるミャンマーで7月30日、日本人が拘束された模様だ。

治安当局も沈黙しており、現地日本大使館も正確な情報を持ち合わせていないようだが、現地の関係者は「拘束されたのはほぼ間違いないと聞いている」としている。

関係者によると身柄が拘束されたのはジャーナリストの久保田徹さん。30日午後6時ごろ中心都市ヤンゴンの南ダゴン郡区で市民らによる民主化要求デモを取材中にミャンマー人男女2人とともに警戒中の警察官に身柄を拘束されたという。

拘束時、久保田さんはカメラでデモの様子を撮影中で、それが警察官の目に留まったものとみられている。同じく拘束されたミャンマー人男女は久保田さんの通訳などの可能性があるという。

ロヒンギャ問題を専門に取材

久保田さんは慶応大学在学中からミャンマーの少数民族ロヒンギャ族の難民問題を中心に取材活動を始め、ドキュメンタリー作品を発表している。

以前は中東のテレビ局「アルジャジーラ」や「NHKワールド」などでディレクターやカメラを担当していたとの経歴が久保田さんのホームページには記され、最近は英ロンドン在住という。

ロヒンギャ族はミャンマー西部ラカイン州などに多数住む少数イスラム教徒で、同国内では多数派の仏教徒から迫害や差別を長年受けてきた歴史がある。

2017年にミャンマー治安部隊とロヒンギャ族の抵抗組織との衝突をきっかけに、国軍によるロヒンギャ住民の大規模な弾圧や虐殺が明らかになり、多くの住民が難を逃れるため隣国のバングラデシュに越境避難。その数は90万人以上とされている。バングラデシュ領の国境地帯にあるコックスバサールなどには大規模な難民キャンプが設置され、バングラデシュ政府や国際機関による援助、支援が続いている。

久保田さんはこうしたロヒンギャ難民を主に取材しており、デモに参加していたロヒンギャ族の人たちも撮影していたとのことから現地の関係者は「早期釈放は難しい可能性がある」と悲観的見方を示した。

一方、ヤンゴンにある日本大使館は「当局に早期の解放を求めているが、拘束が長期に及ぶ可能性は低い」として情報収集を急いでいるという。

拘束された久保田徹さん(久保田さんのツイッターより)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

新閣僚や党役員、旧統一教会との関係見直しが前提=岸

ワールド

香港、住宅印紙税引き下げも 本土の買い手対象=BB

ワールド

台湾外相、中国が侵略準備を進めていると警告

ワールド

台湾周辺での演習、9日も継続=中国軍

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 6

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 7

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】MIRRORメンバーの頭上に大型スクリーンが落…

  • 10

    【映像】ライブ中のアイドルの頭上に、大型スクリー…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 5

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 6

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月