最新記事

中国

右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった......身の毛もよだつその内容

2022年6月30日(木)18時05分
佐藤太郎

YouTube/Nutty History

1999年、中国の考古学者たちが、右足が欠損した人骨を発掘した。中国内西部、黄河中流域に位置する陝西省の遺跡から発見された、女性の骨......。最新の医学的分析により、彼女は、古代中国で犯罪者の足を切断する刑罰である「ユエ(足切り刑)」を受けていたことが判明した。

「足切り刑」は、帝政期以前の中国で千年近くにわたり、凶悪犯罪を犯した者に下された「五刑」の一つである。「五刑」は、極めて残酷なものであり、有罪とされた人物とその周囲の人々に最も強い肉体的苦痛と精神的苦痛を与えるように設計されている。

中国には、罪と罰を一致させる条文があるが、支配者の個人的な気まぐれや政治的配慮などで、被害者が受ける罰が決まることが多い。

刺青、鼻切、去勢...

「五刑」のうち、最も軽い罰は刺青だ。犯罪者の顔や体の見える部分に彫られ、通常、犯罪の内容や流刑地、強制労働収容所の場所などが記される。これは、目につきやすい形で、生涯にわたって元犯罪者であることを示すものであった。

そして、犯罪者の鼻を切り落とす「鼻切」が登場した。刺青と同じように、被害者は一生消えない傷を負うことになる。しかし、刃物を用い出血を伴うため、鼻切りと次に紹介する2つの刑罰は、傷口からの感染症で死に至るケースも少なくなかった。

「鼻切」の次に重い刑が冒頭で紹介した「足切り」である。時代によって多少違いが見られるが、重罪の場合は右足、軽罪の場合は左足を切断するというように、罪の重さによって切断する足が選ばれた。発掘された女性は30代前半を推測され、重罪を犯したと推測される。

四番目に残虐なのが、生殖機能を永久に失わせる「宮刑(去勢)」。陰茎、睾丸、陰嚢のすべてを切除する。男性器を機能不全にする刑で、家系繁栄を重んじる中国で子孫ができないことは重い恥辱になる。中国の歴史書の生みの親、司馬遷(紀元前145年-紀元前86年)が、武帝を批判した罪で死刑とされたものの、宮刑を受けて命を助けられたのは有名な話だ。


意図的に残虐に「死」を与えた

五刑の最後が「死」である。その方法は、絞殺、首切り、煮る、焼く、ミンチにする、塩漬けにする、など様々であった。「死」に至る過程は、被害者やその家族に最大限の苦痛を与えること、そして他の者にショックを与え犯罪の抑止力になることを狙い意図的に残虐に行われた。

幸いにも紀元前2世紀の漢の時代には、中国社会は発展し、五刑を新しい刑罰に置き換えることが適切と判断したのをきっかっけに数世紀をかけて改善した。新しい五刑は、鞭打ち、鞭打ち、重労働、流刑、死刑だ。死は時代に変わらず究極の罰であったが、異常なまでに残酷な死に方はもうない。

刺青は20世紀初頭の清朝末期まで続いたが、その罰が実行される頻度は大幅に減少した。鼻切や足切りは完全に姿を消した。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

ワールド

ペンス前米副大統領「全責任負う」、自宅での機密文書

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月